「月額 5,000円」なんて稼げない!この「文章の書き方」で簡単に実現

スポンサーリンク
旧 国立競技場 2014年AdSense
旧 国立競技場 2014年
AdSense

初心者がAdsense収益を稼ぐ方法です。Adsense収益は、サイトのアクセス数に比例します。アクセスを増やすコツは、役立つ内容の記事を書くことです。検索サイトを訪れる人が、「何を探しているか」想像し、タイトルや文章の書き方を工夫します。これらのコツについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

最初の目標は、月額5,000円

 

本当にAdsenseで稼げるのか半信半疑のときは、お金を一切かけずにリスクなしで始めましよう。無料ブログを利用して、自分の得意分野の記事を公開し、GoogleのAdsense収益を稼ぐのです。無料ブログならお金のリスクはありません。

 

(2019年7月現在は、Bloggerなどの一部の無料ブログしか、Adsenseを始められません。2016年3月から規約が変更になり、Adsenseの申請には「独自ドメイン」が必要になりました。)

 

無料ブログを選ぶときは、広告掲載などの商用利用が可能なSeesaaブログがおすすめです。無料ブログの中には、他社の広告掲載を禁止していることがあります。広告掲載が禁止されているブログでは、Adsenseを使えません。

 

Seesaaブログのメリットは、複数ブログが簡単に作成でき、広告掲載やアフィリエイトなどの商用利用が可能なところです。

 

月額5,000円の収益を目指すなら、記事数40以上で可能です。記事の書き方についてコツをつかみ、3ヶ月ほど継続すれば達成できます。そして月額5,000円を達成した頃には、その後もアクセスが増え続け、自然と月額1万円に届くでしょう。

 

スポンサーリンク

コンテンツの質を重視、「量から質」へ

 

2011年までは、Googleの検索結果で上位に表示されるためには、外部サイトからの被リンク数が重要でした。当時のSEO対策は、被リンク数を増やすため、サテライトサイトと言われる内容の薄いペラサイトを多数作り、自作自演でメインサイトへリンクしていたのです。

 

「質よりも量」を重視する時代でした。被リンク数が多いほど、Googleの検索結果で上位表示され、アクセスアップに影響する時代でした。

 

自動記事作成投稿ツールなどを使い、サテライトサイトを大量に作成する人たちが多数いました。自動的に記事を作成し投稿するツールが、SEOに有効でした。ペラサイトからメインブログへ自作自演でリンクし、メインブログの検索順位を上げることが可能でした。

 

広告ばかり貼ってある質の低いブログが、検索上位を独占していました。本文がキーワードだらけのブログや、意味のない言葉の羅列でも上位表示可能でした。Googleの検索結果が、意味不明な内容の同じサイトに独占されていました。この頃は、サテライトブログを大量に作成し、検索結果の上位を独占することで、「広告収入でボロ儲け」が可能な時代でした。

 

2012年7月、Googleは、利用者に役立つサイトを検索上位に表示させるため、パンダ・アップデートを実施しました。低品質な内容のページを検索結果から除外したのです。文字数の少ないページや日本語がおかしいページは、パンダ・アップデートによって「低品質なコンテンツ」と判断され、検索結果から除外されたり検索順位が落ちました。

 

そして現在(2019年)は、ブログの内容が評価されるようになり、地道な努力で検索順位を上げることが可能になりました。利用者に役立つサイトが、検索結果の上位に表示され、アクセスが集まるようになったのです。

 

スポンサーリンク

良質なコンテンツとは

 

役立つ内容や魅力的なブログなら、記事数や更新頻度が少なくても、検索結果の上位に表示されます。Adsense収益は、アクセス数に比例します。ブログへのアクセスが増えれば収益も増えます。

 

訪問者は、インターネットで何かを探そうとしています。サイトを訪れる人は、最初の数行の記事を読んで、「自分に役立つ内容かどうか」判断します。読みたいと思う「役に立つ記事」を書くコツは、他人より詳しく丁寧に書くことです。得意なことや経験したことを中心に、可能な限り詳しく書くことが大切です。

 

スポンサーリンク

アクセスを増やす文章、役立つ記事の書き方

 

役に立つ内容の記事を書く方法について解説します。

 

題材は、「好きなこと、趣味、仕事」などから見つけます。日常の生活の中から見つけます。無理に探そうとしないことがコツです。例えば、漫画を読むのが好きなら、面白い漫画を見つける方法、漫画を購入したりレンタルするときの店の探し方、友達へすすめたい漫画などです。日常の体験について、自分の行動をイメージしながら文章化します。ただ漫画の場合は、ストーリーを詳しく書いてしまうと、ネタバレや著作権トラブルになるので注意が必要です。

 

文章のコツは、「役に立つ書き方」で表現することです。

 

特にタイトルは重要です。面白い漫画の記事を例にすれば、「○○の漫画が面白い」のように自分の感想を書くのは失敗例です。感想は人により異なりますから、興味を持たれないのです。「面白い漫画を○○で探す方法」「面白い漫画を探しているなら○○がおすすめ」など、「探しているものを見つける方法」や「探しものの答え」をタイトルにします。検索サイトへの訪問者は、「何かを探している」ということを、常に意識して書きます。

 

スポンサーリンク

役立つ記事は、タイトルが重要

 

記事のタイトルがアクセスアップに重要です。一番重要なので詳しく解説します。同じ内容でも、タイトルの書き方を工夫するだけで、不思議なほどアクセスが増えます。

 

例として考えてみます。

 

「○○の漫画が面白い」

 

この書き方は単なる感想です。人によって好みは違います。魅力のないタイトルです。他人の感想を知りたいと思う訪問者は、ほとんどいません。

次のタイトルはどうでしょう?

 

「面白い漫画を探しているなら○○がおすすめ」

 

訪問者は、何かを探しています。この書き方なら記事を読みたいと思います。何かを探している人に応える「役立つ書き方」を意識して文章にします。

 

スポンサーリンク

タイトルの例、書き換え例

 

「スマホが楽しく便利」という内容の記事なら

✕ スマホで友達と連絡

○ 友達とつながるスマホの楽しみ方

○ 友達を見つけるためのスマホ

 

 

「買い物(じゃがいも)」の記事なら

✕ じゃがいもが安くて美味しい

○ 安い「じゃがいも」の探し方

○ 美味しい「じゃがいも」を見分ける方法

 

スポンサーリンク

伝わる文章の基本は「センテンスを短く」

 

相手に伝える文章、相手の心に届く文章は、ひとつの文を短くします。50文字程度でひとつの文にします。

 

○(A)○なので、○(B)○だが、○(C)○です。

 

このように長い文は、伝えたいことがボヤけてしまいます。文を短くすることで、伝えたいことがハッキリします。

 

上の例なら、次のように短い文にします。

 

○(A)○です。
しかし、○(B)○は、○(C)○です。

 

また句読点は、読みやすい位置に入れます。作成した文章を自分で読んで、ひと呼吸入れるところに「、」を入れます。黄金比率は、ひとつの文章50文字程度の中に1〜2個の「、」です。

 

カリスマ性のある政治家の演説は、ひとつの言葉が短いです。短いセンテンスで話します。わかりやすいので聞いている人が惹き込まれます。小泉純一郎元総理、田中眞紀子元外務大臣、小泉進次郎議員の話し方は、センテンスが短くわかりやすいです。人を惹きつけるカリスマ的な話し方です。人に伝わる話し方は、記事の作成方法の勉強になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました