スポンサーリンク

パスワードの安全確実な管理方法、スマホで機密データを持ち歩く

奈良の長谷寺 スマホ
奈良の長谷寺
この記事は約5分で読めます。

パスワード作成管理方法の解説です。WEB上のログインや機密ファイルを作成するときは、パスワードを設定しなければなりません。しかし、同一のパスワードを使い回すことは危険です。そこでパスワードを安全確実に管理する方法を、具体的に解説します。

スポンサーリンク

スマホの機能は、もはやパソコンと同じ

 

スマホの普及率は、2010年は9.7%でした。2013年に62.6%、2017年は75.1%まで達しています。(総務省の公表データ)凄まじい普及率です。多くの人が、携帯電話(ガラケー)からスマートフォン(スマホ)へ機種変更してます。私も、テレビでXperiaの魅惑的なCMに誘惑され、2010年にスマホへ機種変更しました。

 

スマホは、携帯電話というよりも、パソコンです。パソコンとしての機能が充実しています。

 

デスクワークが多い人は、職場のパソコンと自分のスマホを連携させることで、想像できないほど飛躍的に、仕事を効率化できます。スマホに大容量のマイクロSDカードを装着しておけば、職場のデータを携帯することができ、思いついたときに書類を修正できます。

 

スポンサーリンク

機密データを持ち歩く方法

 

一方、職場から会社のデータを持ち出すときは、情報漏洩が気になります。一般的に、会社のデータが外部へ流出すれば大きな問題になり、最悪、懲戒処分になります。すべてのデータを、外部へ持ち出さないことが理想です。しかし、自宅に持ち帰る必要があるデータも存在します。

 

例えば、災害や事故などの緊急時連絡先一覧です。個人情報の含まれた機密性の高いデータです。しかし、大地震の発生は誰も予知できません。私は、通勤途中や旅行先でも緊急連絡できるよう、スマホに入れて持ち歩いています。

 

スマホ本体は、ロックをかけてあります。パターンロックか暗証番号を解除しない限り使えません。それでも、スマホを紛失した場合を考えると、情報漏洩が心配です。

 

マイクロSDカードへ保存したデータは、物理的にデータを取られるリスクがあります。スマホを紛失した場合、拾った人がスマホ本体の裏ぶたを開け、本体からマイクロSDカードを抜き、パソコンでファイルの中身を見られてしまうのです。やはり機密性の高いデータは、自分以外見れないようにしたいです。

 

そこで、いろいろ調べました。

 

まず、ファイルやフォルダへパスワードをかけるアプリを探しました。すると、たくさんあります。しかし、レビュー欄を見ると不安が残ります。「パスワードをかけたのにファイルが見れてしまう」とか、「パスワードを解除しようと思ったら、アプリがバージョンアップに失敗し、ファイルそのものが消失した」とか、悲惨な状況が報告されていました。あまり普及してない特定のアプリでロックするのは、かなり危険と感じました。

 

スポンサーリンク

圧縮して暗号化

 

いろいろ調べた結果、zip形式で圧縮して、パスワード保護する方法が、一番安全とわかりました。

 

7-zipというファイル圧縮ソフト(無料版)をPCにインストール

圧縮・解凍ソフト 7-Zip
圧縮・解凍ソフト7-Zipは、7z、ZIP、RAR、LZH、ISO、TAR、DMG、MSIなど、さまざまなデータフォーマットに1つで対応している世界的にデファクトのフリーソフトウェアです。AES256による暗号化(パスワード圧縮および解凍)も可能なおすすめのソフトです。

 

そして、圧縮をzip形式で行い、併せてパスワードをかけます。

暗号方式はAES-256です。

 

パスワードは、数字とアルファベットの大文字・小文字を含め、8桁以上にすれば安全です。パスワードを解析しようとしても、数年かかるので事実上不可能です。


nBk7964Hd

 

パソコン側で、パスワードを設定して圧縮してから、スマホへファイルをコピーすれば簡単です。

 

そして、スマホには、zipが解凍できるアプリをインストールしておきます。

 

ただし、最初に解凍テストをしましょう。スマホ側で解凍できないと意味ありません。

 

これなら、安全に重要な機密ファイルを持ち歩けます。

 

スポンサーリンク

安全確実にパスワードを管理する方法

 

パソコンやスマホが普及し、いろいろな場面で、パスワードが必要です。同じパスワードを使い回すのは危険です。なるべくパスワードは変えましょう。パスワードを管理するアプリもありますが、そのアプリが壊れると悲惨です。

 

やはり、パスワード一覧などのメモを見れば、自分だけわかるパスワードが良いです。

 

次の方法が、パスワードを設定するのに安全です。

 

まず数字4桁を、絶対に忘れない番号にします。例えば、親の誕生日、実家の電話番号、車のナンバーなどとし、「中心の数字」にします。「中心の数字」は誰にも教えません。

例 母の誕生日
0124

 

次に、実際にパスワードを設定するときは、アルファベットの大文字と小文字を、最初か最後に付け加えます。そして、「中心の数字」を2回繰り返します。


Zx01240124

01240124Zx

 

「中心の数字」は、すべて同じにして、絶対に変えません。頭の中で覚えます。そのため絶対に忘れない数字にします。

 

そして、パスワードを忘れないようにメモするときは、「中心の数字」をダミーの記号に入れ替えます。

メモの例

Yahooメール
Zx&&&&@@@@

ファイル解凍
####@@@@Zx

記号部分は、「中心の数字」を2回繰り返した数字です。

 

このルールで、すべてのパスワードを変えて作成します。パスワードは、一覧として作成し、忘れないようメモします。もし、パスワードのメモを、他人が見ても絶対にわかりません。

 

パスワード一覧は、忘れないように、スマホのメモ帳などで保存しておくと良いです。私は、自宅と職場とスマホの中にテキスト形式で保存してます。

 

これなら、忘れることもなく安全にパスワードを管理できます。頭の中で完全に管理できます。

コメント