「Windows 10」パソコンを使うときに、最初にインストールしたいソフト

スポンサーリンク
イギリス コッツウォルズ 2012年パソコン
イギリス コッツウォルズ 2012年
パソコン

パソコンを使うときに、便利なツール「解凍」ソフトと「スクリーンショット」ソフトの解説です。Windows 10 パソコンを使うときに、最初にインストールしたい無料のソフトです。パソコンには便利なツールが多数あります。役に立つソフトで作業効率を上げましょう。

スポンサーリンク

「解凍」ソフト

 

現在(2020年1月)は、ダウンロードするソフト(アプリ)は、ほとんど圧縮されています。Windows 10の標準機能では解凍できないアプリがあります。最初に無料の解凍ソフトをインストールします。

 

Windows 10 用の無料解凍ソフトです。

ベクター(Vector)のサイトからダウンロードします。

Lhaplusの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
追加のDLL不要で多数の解凍(デコード)、圧縮(エンコード)形式に対応したアーカイバ
vector-Lhaplus

vector-Lhaplus

 

ダウンロード先のフォルダを開き、インストールします。

vector-Lhaplus

vector-Lhaplus

ファイルをクリックするとセキュリティ警告「デバイスに変更を加えますかと表示されますが、ベクターのサイトは安全ですので、「はい」を選びましょう。

 

普通に「Lhaplus セットアップ」を進めます。「次へ」ボタンを押してインストールします。頻繁に使うソフト(アプリ)のインストール先は、デフォルトのままインストールします。

インストールを終えると、「Lhaplus シェル初期設定」になります。拡張子を関連付けます。通常は、そのままでOKボタンを押します。

vector-Lhaplus

vector-Lhaplus

 

すると、圧縮したファイルは、右クリックで解凍できるようになります。

vector-Lhaplus

vector-Lhaplus

 

スポンサーリンク

「スクリーンショット」ソフト

 

パソコンの設定を変更したり、新しいソフトをインストールするときに、変更前後の画面のハードコピーを残しておくと便利です。不具合が発生したときに変更前の状態を確認して元に戻せます。

またブラウザーでWEBを閲覧しているときも、重要な情報を画像として保存できます。

ベクター(Vector)のサイトからダウンロードします。

Lhaplusの詳細情報 : Vector ソフトを探す!
追加のDLL不要で多数の解凍(デコード)、圧縮(エンコード)形式に対応したアーカイバ

解凍して「ドキュメント」フォルダへ保存しておきます。

フォルダを開き「WinShot.exe」を「タスクバーにピン留め」しておくと、簡単に起動できます。画面下部の「タスクバーにピン留め」する方法は、実行ファイルをクリックしたまま画面下部のタスクバーへ乗せます。

「WinShot」の初期設定

 

「WinShot」を起動すると、画面下部のタスクバー左に「WinShot」のアイコンが表示されます。右クリックして「環境設定」を選びます。

 

基本設定を開き、画像ファイルの保存先を追加します。画像ファイルの保存先は、デフォルトの「ピクチャ」にします。画像は一か所へ集めておくと何かと便利です。

vector-winshot

vector-winshot

 

次に「ホット・キー」を設定します。キーを押すだけでJPEG保存できるようにしておきます。

アクティブウィンドウを「F11」キーに設定します。

vector-winshot

vector-winshot

デスクトップ全体を「Print Sc」キーに設定しておくと便利です。

vector-winshot

vector-winshot

コメント

タイトルとURLをコピーしました