ジャックラッセルテリアの驚異的な運動能力、サッカーボールを破壊

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

スポンサーリンク

ジャックラッセルテリアの魅力

 

暴れん坊のジャックラッセルテリアは、小型犬なのに大型犬を負かすほどの体力があります。

 

ジャックラッセルテリア

 

犬と一緒に屋外で走ったり、遊んだりしたい。そんな思いを持っている人なら、ジャックラッセルテリアは最高です。

 

年齢に負けない健康を維持したいなら、迷わずにジャックラッセルテリアです。

 

しかし、家の中でテレビでも見ながら、犬と一緒にごろごろと、マッタリしたいと思う人にとっては、辛いかもしれません。チワワなどのおとなしいワンコになります。

 

ジャックラッセルテリアを、ふつうのワンコと思っていると、はっきり言って、すぐに自分の甘さに気付かされます。

 

寝ているときの、かわいい姿からは想像できないほど、運動好きで、体力のあるワンコです。

ジャックラッセルテリア

かわいさと大型犬を凌ぐパワーのギャップがジャックラッセルテリアの魅力です。

 

なんでも破壊する

 

ワンコにもよりますが、我が家のジャックラッセルテリアは、5歳くらいまでは破壊王でした。

 

ソファやテーブル、テレビ台はボロボロになりました。

 

手当たり次第にかじります。家具の脚部分は、毎日、かじるので、2〜3年で傾いてきます。

 

柔らかいところは、ところかまわず掘ります。散歩のときは外で土を掘るので問題ないのですが、家の中では、ソファの座るところ、座椅子、座布団、掛け布団や敷布団など、柔らかいものは全てボロボロになります。

 

それでも、一生懸命に掘っている姿がかわいくて、つい許してしまいます。

 

スポンサーリンク

動くものを本能的に追う

 

ジャックラッセルテリアは、古くはイギリスでキツネを狩るために育てられてきました。そのため、本能的に動くものを追いかける習性があります。

 

ジャックラッセルテリア

ワンコ仲間の人から聞いた話ですが、ジャックラッセルテリアと一緒に、大学生のサッカーの試合をグラウンドの片隅で見学していたところ、ふとした瞬間に、リードが手から離れ、ジャックラッセルテリアがサッカーボール目掛けて猛ダッシュしたそうです。

 

大学生たちが試合で蹴っているサッカーボールに飛びつき、あっと言う間に食いつき、ボールは空気が抜け、唖然としている大学生たちの間を得意そうにサッカーボールをくわえ戻ってきたそうです。その人は平謝りしながら、サッカー場から逃げるように帰ったとのことでした。

 

獲物を見つければ、それが硬いサッカーボールであろうと、一瞬でパンクさせ破壊してしまいます。

 

実は、この話を聞く前に、我が家でもサッカーボールを一瞬でパンクさせられていたので、お互い、悲しい過去に話が弾みました。

 

癒される甘えん坊

 

ジャックラッセルテリアは、とてつもなく暴れん坊ですが、飼い主や家族に対しては、とても従順で、片時も離れません。家の中にいるときは、必ず、家族の誰かに、静かに寄り添っています。

 

家族の誰かが、ソファに座っていれば、膝の上に乗りたがります。膝の上が狭ければ、隣に身体を寄せて横たわります。椅子に座っているときは、必ず、椅子の真下で横たわっています。ベッドで寝るときは必ずふとんの間にもぐってきます。

 

ジャックラッセルテリア

常に、家族の誰かと一緒です。ジャックラッセルテリアがひとりになるときは、トイレのときだけです。それ以外は、必ず、誰かに寄り添っています。時々、何かを噛んだり掘ったりしますが、静かに寄り添っている時間の方が多いです。

 

この甘えん坊なところがジャックラッセルテリアの魅力です。かわいくて仕方ありません。一緒にいるだけで癒されるのです。

コメント