おもてなしを秘密にする滝川クリステルさん、舛添都知事辞職の理由

週刊誌が都知事を辞職させた

2016年6月、週刊誌による政治資金の公私混同疑惑の記事が、ついに、舛添都知事を辞職に追い込みました。都知事就任から2年4ヶ月での辞職でした。

マスメディアが民主主義を守りました。

それにしても、法律に違反した事件ではないのに、なぜ、辞任に追い込まれたのでしょうか。

都知事が信頼を失った点

公私混同疑惑に関する都知事の説明は、次の点で、多くの人たちが、怒りを覚え、信用できないと判断しました。

原稿を読むような説明のみで、自分の本心を表現した言葉ではない。

マスコミからの質問を、はぐらかすような答え方で、事実を語らない。

核心部分になると「政治の機微に関わる問題で答えられない」と説明を逃げている。

つまり、公私混同疑惑を指摘されているにもかかわらず、「自分は、法律に違反するようなことはしていない」という開き直りの考えが透けて見え、反省が全く見られませんでした。

都知事本人からすれば、公私混同なんてくだらない問題は、たいしたことではなく、この場さえしのげば、いずれ、みんな忘れるだろう、というような無責任な考えを持っていたので、都民や国民が許さなかったということです。

日本のマスコミが、民意を正確に捉え、権力者の横暴を許さない、という民主主義を完全に守ったのです。

批判を浴びた公私混同疑惑

政治資金の公私混同疑惑として問題視された主なものは、次のとおりです。

正月に家族連れで会議

漫画「クレヨンしんちゃん」の本

絵画

公用車を使って神奈川県・湯河原の別荘へ通っていた

高額な海外出張費、ホテルのスイートを利用し︎ロンドンで1泊15万や ベルリンで9万など

また、2016年6月6日、舛添都知事が記者会見に連れてきた弁護士が、第三者調査委員会の結果を報告しました。

「違法性はないが、一部で不適切な支出があった」との結論でした。

これが国民感情を逆撫でし、致命的となりました。

国民は、倫理感覚を問題にしているのに、法律違反かどうかにすり替えて報告してしまったのです。

納得できない都知事

都知事からすれば、今回の問題は、「他の政治家も同じことをやっているのに、何故俺だけ叩かれるのか、俺は法律に触れるような悪いことはしていない」と思っていたはずです。

しかし、国民の税金を使用する者は、使用した内容について、すべてを公に明らかにして、丁寧に説明しなければなりません。公に明らかにできない秘密の会合ならば、ポケットマネーで自己負担すべきです。

国民の税金で、秘密扱いが許されるのは、外交問題や警察の捜査など、国民の命が危険にさらされる場合だけです。誰が考えても影響が大きく、公にしたらマズいだろという部分だけです。

都知事が使用した税金は、すべて明らかにすべき内容でした。

滝川クリステルさんの秘密

そういえば、猪瀬都知事のときに、オリンピックを招致するため「おもてなし」をアピールした滝川クリステルさんへ、東京都は、いったい、どれほどの報酬を支払ったのでしょうか。

当時も、少しだけ報酬額が話題になりましたが、東京都は秘密にして公表しませんでした。

秘密にするということは、おそらく、公表できないほど多額な報酬金額なのでしょうけど、これは大問題です。

民間企業同士の契約なら問題ありませんが、税金を使用する官公庁が、秘密の契約を締結すべきではありません。

公表できないような税金を使用したということですから、マスコミも追求すべきです。小池都知事なら公開すべきです。

本来、税金を使用したときは、支払った方も受け取った方も、双方が公表すべきです。税金を使用するということは、関係する誰もが、国民に対して説明責任を負うのです。

そして、もし、公表した結果、批判を浴びてしまい、国民が納得できる説明が困難なら返納すべきです。

説明責任を負えない者は、税金を使ったり、もらったりしてはいけません。

公表しないのは、税金ドロボーと同じです。







フォローする