転職するか迷っているときのチェックポイント、早い決断が断然有利!

スポンサーリンク
その他
2006年12月 セブ島
この記事は約5分で読めます。

もし、あなたが転職を考えているなら、1日でも早い方が有利です。転職は、年齢を重ねると面接で不利になります。採用面接で判断されるポイント、退職を決断する時期についての解説です。しかし退職を伝えることは大きな決断になるので覚悟が必要になります。

スポンサーリンク

身体の負担を考えて退職を決断

もしあなたが 20代で、退職するか迷っていて、その原因がストレスであるなら、健康を最優先に考えるべきです。特に精神的なダメージを負ってしまうと、立ち直るまでにかなり時間がかかります。自分の身体を最優先に考えて、早い時期に退職を決断した方が良いです。退職を決断するのは、自分自身で我慢できなくなったときです。ストレスを発散できなくなり、病院へかかろうとするときです。病院へかかる前に決断することが重要です。

早いうちに退職を決断するメリットは、身体に負うダメージを少なくすることができること、そして次に説明するように「転職するなら若い方が有利」だからです。

退職を決断する前はいろいろと迷うでしょう。退職した後のデメリットが心配だからです。今の職場よりも、良い条件で就職できる保証がないこと、給与が下がってしまう不安があるからです。実際にも転職すれば、最初からやり直しになるので待遇が下がる可能性が高いです。

もし退職する理由として、ストレスによる健康面の不安がなければ、退職の決断は、少し立ち止まって、ゆっくり考えた方が良いです。友人や家族などに相談するのがベストです。

スポンサーリンク

退職した後に選ぶ2つの道とは

退職した後は、大きく2つの道に進むことになります。ひとつは、再び、どこかの会社に就職する転職です。もうひとつは、会社という組織に縛られずに、自由に生きる道です。個人で稼ぐ方法です。(自分で稼ぐための情報も本サイトで掲載しています。実際に私はネット収入が月額15万円くらいあります。)

退職するか迷っているということは、多くの場合、人間関係で悩んでいるからです。「自分に合う仕事がない」と考える人もいますが、そもそも自分に合う仕事は、他人から与えられるものではなく、自分で作り出すしかありません。自分に合う仕事を求めるなら、自ら起業すべきです。「自分に合う仕事」を、会社に求めるのは無理なのです。

退職したい理由を考えれば、ほとんどの場合、仕事そのものではなく、周りの人間関係が原因になっています。上司や同僚、そして部下、職場の人たちの中に、自分に合わない人がいるのが原因です。ほんとに仲の良い同僚たちと一緒であるなら、どんなに困難な仕事も楽しくなります。 レベルの高い困難な仕事であっても、仲の良い同僚たちと、より一緒に助け合うことができ楽しくなるのです。

仕事を進めていくうえで、仲の良い同僚、本当に理解してもらえる上司がいないときに、退職したいと思うようになるのです。

退職を決断できないときは、本来、人間関係の悩みが原因であるにもかかわらず、それが明確に自分自身で理解できていないのです。なぜ仕事が嫌なのか、この会社が嫌なのか、はっきりした理由が見つけられずに、迷い続けてしまうのです。

つまり組織の中では、自分に合う仕事は存在しないと考えた方が良いのです。我慢に対して給与がもらえてる、仕事は辛いのが当たり前と考えられれば理想です。楽しいのは仕事ではなく遊び、とストイックに考えるのです。

本サイトの別記事で詳しく解説しますが、「自ら稼ぐ方法」を選択しない限り、自分に合う仕事を見つけるのは困難です。現実的には、転職しても、どこかの会社へ所属することになります。そのため転職するなら、絶対に若い方が有利です。

スポンサーリンク

採用面接のチェックポイント

転職は、年齢が若い方が有利です。面接官の視点で考えてみます。

採用試験の面接は、人柄を見るためのものです。数分の面接だけで、仕事ができる人なのかは誰にもわかりません。

面接官が考えることは、主に2つです。素直で協調性があるか会社に長く勤めてもらえるか、この2点です。

協調性については、履歴書にある学生時代のクラブ活動が判断材料になります。野球部やサッカー部、バレーボール部などの団体競技を長く続けていたのであれば、すでに協調性が育まれています。チームプレーができる人は、協調性が優れています。大勢の人と一緒の目標に向かうこと(試合に勝つという目標)で、すでに協調性が備わっているのです。

次に面接官が見るポイントは、「会社のために長く働いてもらえるか」です。例えば全く同じ条件の人が2人いたとします。年齢が20代と40代と想定しましょう。面接官としては、当然ながら若い20代の人を選びます。20代の人を選ぶ理由は単純です。教える側としても、若い方が教えやすいからです。

すでに長く勤めている先輩や上司になる人が、年上のおじさんに対して、仕事を教えられるでしょうか。目上の人に対して指導できるでしょうか。普通に考えて、年上の人に対して教えるのは、ものすごくやりづらいです。言葉遣いも大変ですし、教えるだけで疲れてしまいます。自分の仕事どころではなくなってしまうのです。

また、自分より若い人であれば、素直に言うことも聞くでしょう。しかし年上の場合、言うことを聞かないこともあります。「年下の若造の言うことなど聞くか」という態度で無視する人も多いのです。

さらに若い人の方が会社で長く働けます。このような理由から、面接する側から見ても、年齢が若い方が良いのです 。転職するなら、若い方が有利なわけです。

スポンサーリンク

転職を決断する時期は早い方がいい

転職する場合には、年齢を重ねるほど不利になります。若い方が有利なわけです。

自分の気持ちとしては、「早く転職したい」、「今の会社を早く辞めたい」と思っていても、なかなか言い出せないことが多いでしょう。特に先輩や上司の中に、とても優しく教えてくれる人や、いろいろな面倒を見てくれる人がいると、なおさらです。裏切るような気持ちになってしまいます。

それは人として、正しい気持ちです。先輩や上司は、早く一人前になって欲しくて、親身になって仕事を教えてくれるのです。そのような人たちに対して「退職する」と伝えることは、裏切るのと同じです。人として、「いかがなものか」と思ってしまいます。

しかし身体を壊してまで無理する必要はありません。辛くてストレスも発散できずに、もう病院へ行くしかないと考えるなら、転職を決断した方が良いです。「我慢してなんぼ」と考える余裕がないなら転職を決断する時期です。

その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ときめきの秘密基地

コメント