「ひとり暮らし」に最適なインターネット回線の選び方

スポンサーリンク
インターネット回線
インターネット回線

「ひとり暮らし」に最適なインターネット回線の解説です。「ひとり暮らし」を始める前に、インターネットの使い方の検討が必要です。ゲームや動画を使うなら「パワーユーザー」です。メールとWEB閲覧のみなら「ライトユーザー」です。選び方を解説します。

スポンサーリンク

スマホとパソコンは必須

 

現在(2020年1月)は、インターネットを使う生活が一般的です。大学生活や会社勤務には必須です。また、小学校でプログラミングが必修科目になるように、パソコンを使うケースが、今後ますます増加します。スマホの性能も、すでにパソコン化してますので、同様です。

 

実家を離れて「ひとり暮らし」するときも、スマホとパソコンが必須です。

 

高校を卒業して、大学へ進学するために実家を離れて「ひとり暮らし」を始める人

 

就職のために実家を離れて「ひとり暮らし」を始める人

 

単身赴任のために「ひとり暮らし」を始める人

 

独身で、自立のために「ひとり暮らし」を始める人

 

「ひとり暮らし」を始めるときは、様々な理由があります。しかし、いずれも家族で暮らすよりも生活費が多く必要です。節約できる生活費は、可能な限り安くしたいものです。

 

2020年1月現在、多数の会社がインターネット回線の通信事業者になってます。あまりに多すぎて、どれを選ぶべきか迷います。そこで、間違いのない「インターネット回線」の選び方を解説します。

 

スポンサーリンク

インターネット回線の選び方

 

「ひとり暮らし」では、「インターネットの利用方法」により、求める条件が変わります。選ぶ前に、自分が「パワーユーザー」なのか、「ライトユーザー」なのか検討します。もし、区分けができないときは「パワーユーザー」で検討します。

 

パワーユーザー

 

オンラインゲームや、インターネットに接続してゲームをする

 

ユーチューブなどの動画を毎日見る(高画質の動画を90分見ると、1GBの通信量になります。)

 

音楽をオンライン(ストリーミング)で聞く(音楽を高品質で1時間ほど聞くと100MBの通信量です。)

 

ライトユーザー

 

インターネットを利用するのは、メールとWEB閲覧のみ。

 

ゲームはしない、動画も見ない。

 

音楽はダウンロード版のみ

 

では、それぞれの場合で、必要なインターネット回線を検討します。

 

スポンサーリンク

おすすめインターネット回線

 

パワーユーザー

「パワーユーザー」の場合、自宅では光回線を使います。スマホは、自宅では可能な限りWifi接続です。光回線なら制限は何もありません。

 

集合住宅用(アパートやマンション等)の月額料金(2020年1月現在)

楽天ひかり 3,800円
auひかり 3,800円
ソフトバンク光 3,800円
ドコモ光 4,000円





【お申込みからご利用中までフルサポート!】GMOとくとくBBのauひかりキャンペーン


 

ただし、アパートやマンションの場合、「光回線が利用可能なこと」が前提になります。新しく回線を引く場合は、大家さんへの相談が必要になります。また、ケーブルテレビの配線が引かれていると、さらに安くインターネットが使えます。最初に、大家さんへ「インターネット環境を教えてください」と尋ねましょう。

 

ライトユーザー

 

メールやWEB閲覧のみであれば、導入手続きが一番簡単な、ポケットWifiルーターが便利です。回線を引く作業が不要です。

WiMAX 2+ 3,880円

 



ただし、速度制限(3日間で10GB以上利用時)があります。動画や音楽、大量の電子ファイルのダウンロードなどで利用しなければ、速度制限にかかることはありません。

 

しかし、もし速度制限になると、ものすごくインターネットが遅くなります。Yahooのトップページが表示されるのに数分間待つことになります。遅すぎて、まともに使えません。また光回線よりも、少しだけ遅いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました