自動車免許の取得で迷っている人へ伝えたいこと、チャンスを逃さない

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

自動車の免許を取得すべきか迷っているなら、早いうちに教習所へ通う方が断然有利です。今は自動車免許の必要性を感じなくても、将来、きっと後悔することになります。自動車免許は、生涯に渡る国家資格です。さらに自動運転が遠くない未来に始まります。

スポンサーリンク

自動車免許は必要なのか?

自動車の運転免許は、電車やバスの運行本数の少ない地域では必須です。しかし東京などの市街地に住んでいると、自動車免許の必要性は感じられません。電車やバスで移動した方が早いし便利です。スーパーもコンビニも多数あるし何も困りません。むしろ都会では駐車場を探すのが大変で、自家用車を使う方が不便です。田舎暮らし以外では、自動車を持つ必要がないのです。

高校生や大学生になると、自動車免許を取得すべきか迷うと思います。教習所へ通うのも大変そうだし、教習所の料金も高額です。1ヶ月バイトしても足りません。親に教習所の料金を負担してもらうのも躊躇する理由のひとつです。

しかし、自動車免許は早いうちに取得すべきです。高齢者になっても自動車免許の取得は可能です。しかし運動能力が鈍るために若いときよりも大変になってしまいます。教習料金も高額になってしまうのです。

自動車やバイクの免許を取得するときは、教習所へ通うのが一番効率的です。試験場で「一発試験」を受ける方法もありますが、何回も繰り返して受験しなければなりません。だいたい5回くらいで挫折して教習所へ通う人が多いです。一発試験の受験費用は、仮免許試験が6,000円、本試験が5,000円くらいです。5回落ちると3万円です。毎回不合格になるたびに、いつ合格するかもわからず不安だらけになります。

スポンサーリンク

自動車免許の可能性

自動車免許を取得しようか迷っている人に伝えたいことです。自動車免許は、一度取得さえすれば生涯有効です。5年に1度だけ更新手続きが必要ですが、一生涯ずっと有効になります。免許の更新費用は3,000円だけです。更新手続きは、簡単な視力検査と講習を受けるだけです。1時間ほどで更新できます。

現在の生活では自動車が必要なくても、将来必要になる可能性があります。転勤になったり、定年後に田舎で暮らすことも視野に入れた方が良いです。自動運転の車が普及すれば事故の心配もなくなります。

東京などの都会に比べて、電車もバスも少ない田舎は地価がとても安いです。東京の会社を定年した後に、田舎でゆっくり暮せば、持ち家も安く買えます。庭で野菜を作り、ゆとりある老後生活が満喫できます。そのためにも自動車免許は必須です。安い軽自動車なら10万円ほどで買えるのです。

自動車免許を持っているだけで、将来の生活についても選択肢が広がります。

スポンサーリンク

自動車教習所の選び方

教習所を選ぶときに、一番重要なポイントは、指定教習所(公認教習所)であるかです。指定教習所は、運転免許試験場での技能試験が免除される教習所です。

つまり教習所を卒業した後は、試験場で学科試験のみ合格すれば免許が取得できます。

指定教習所でない未公認の教習所では、卒業した後も、再度試験場で試験を受けなければなりません。試験場で緊張しながら、学科試験と実技試験を、仮免許、本免許の合計4回受験しなければなりません。さらに一発試験と同様、合格する保証もありません。

初めて免許を取得する人は、指定教習所(公認教習所)でないと、意味がありません。

次に、どこの場所を選ぶかです。自動車教習所の平均教習期間は、3ヶ月です。長い期間通うことになります。なるべく通いやすい場所を選びましょう。そして、できれば広い道路にある教習所の方が楽です。

合宿免許は、2週間ほどの短期間で免許が取得できます。料金も少し高いくらいです。まとめて休暇を取れるなら合宿免許もおすすめです。ただ女性が合宿免許を選ぶときは、女性専用の合宿免許にしましょう。

スポンサーリンク

自動車免許を持つメリット

自動車免許を持っていると、どこでも暮らせます。電車やバスの不便なところでも生活できます。自分が高齢になったとき、都会暮らしから田舎暮らしになるときは必須です。

また免許を持っていれば、家族や親戚の人を病院へ連れて行くことも可能です。買い物などは宅配便で済ませることができます。しかし病院へ通うのは車でないと無理です。

なにしろ自動車の免許証を持っていれば、あらゆるチャンスが広がります。早いうちに取得した方が絶対に有利です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ときめきの秘密基地

コメント