HDDからSSDへ交換するメリット、パソコンが驚くほど高速になる方法

興福寺 東金堂
興福寺 東金堂

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。


SSDのメリットについての解説です。パソコンの動作が遅くなったので、起動ドライブをHDDからSSDへ交換しました。SSDの効果でパソコンが信じられないほど高速になりました。SSDは高価ですが、性能が飛躍的にアップします。パソコンを効率よく使うために絶対おすすめです。

わずか1年でパソコンが遅くなる


2014年11月に購入したデスクトップパソコンの動きが遅くなりました。現在(2015年11月)までに一年ほど経過したところなのですが、Windowsの起動も遅いし、ソフトの起動も、シャットダウンもすべてが遅いのです。少しイラつくほど待ちます。

パソコンを使っていて、一番残念なのは、急にシステムの反応が遅くなり、時々、一時停止してしまうことです。特に、アイデアを思い付いたときや、良い文章が頭に浮かび、一心不乱にキーボードを叩いているときに、一時停止になると致命的です。アイデアが止まってしまうのです。

バックグラウンドで動くアプリのせいで、急にパソコンの反応が遅くなると、キーボードを叩いても文字が入力されず、一緒に思考回路も一時中断されてしまいます。

キーボードを打っていて、創造的な言葉が次から次に頭に浮かび、指が踊っているときに、パソコンの動作が遅くなると、かなりショックです。精神的なストレスも増えます。せっかく良い文章が打てるはずなのに、それをキーボードで表現できないのは、かなり痛い状況です。

創造的な言葉が無限に溢れている最中に、パソコンのハードディスクドライブ(HDD)の遅れが原因で、キーボードの反応が鈍くなり、思考回路が中断する状況は致命的です。

そこで、以前から気になっていたソリッドステートドライブ(SSD)を思い出し、ネットで動作の効果を調べました。すると、SSDに交換してから信じられないほど速くなったという感想が多いので、試したくなりました。

ボーナスも近いし、少し高価ですが、動作が速いと言われているSSDを購入しようと思ったわけです。

デスクトップパソコンの仕様

私のデスクトップパソコンは、かなりハイスペックです。

CPU Core i7-4790(3.6GHz 8M HASWELLREF)

メモリ 16GB

グラフィック ZOTAC GEFORCEGTX760 2GB FF

ハードディスク 2TB

OS Windows 10 Home

実際に、どのくらいパソコンが速くなるのか比較するため、SSDを装着する前に、Windowsエクスペリエンス インデックスで計測しました。

SSDへ交換する前の普通のHDDでは、基本スコアが5.9でした。

SSDへ換装

HDDの評価が5.9と一番低くなっています。

CPU、メモリ、グラフィックスは8.4、ゲーム用グラフィックスは、なんと最高の9.9です。一番低いサブスコアは、プライマリハードディスクの5.9です。

5.9ですから、そんなに悪い数字ではないのですが、私のデスクトップパソコンでは、性能の足を引っ張ってるのがHDDということは事実でした。

SSDへの移行方法

HDDをSSDへ変えるわけですが、いろいろな方法があります。

システムのあるCドライブそのものを置き換える方法、これは、単純に現在のHDDを丸ごとSSDへコピーして、BIOS設定でSSDから立ち上げれば可能です。

しかし、私のCドライブ全体の容量は、500GBを超えています。購入しようとしているSSDは、500GBなので、これでは余裕がなくて、後々トラブルになりそうです。

また、クリーンインストールに比べてゴミファイルも残ってしまうでしょうし、スピードも落ちてしまうかもしれません。

SSDへクリーンインストール

やはり、クリーンインストールにチャレンジすることにしました。

現在のハードディスクはそのまま残し、新しいSSDを起動ドライブとして追加する方法です。

デスクトップパソコンの筐体の中を調べると、ハードディスク取り付け用の3.5インチベイが空いています。SATA3のソケットも空いています。問題なくSSDを追加できそうです。

早速、SSDと部品をPCデポで購入しました。

SSDへ換装

SSD 500GB Samsung SSD 850 EVO 27,000円

SSDへ換装

2.5インチ→3.5インチベイ マウンタ 1,000円

SSDへ換装

SATAケーブル 800円

SSDへ換装

電源ケーブル 850円

SSDへ換装

合計 29,750円 税込 32,130円

SSDへ新しくWindows10をインストールするので、DVDに焼いてあるアップグレード用のWindows10インストールディスクを用意しました。

SSDの取り付け手順

SSDの取り付け手順です。パソコンの電源を切り、パソコン本体の中へSSDを取り付けます。Bios画面で起動ドライブを設定し、Windowsをインストールします。

1.SSDを取り付け

パソコンの電源を切ってから、SSDに3.5インチベイ用のマウンタを取り付け、SATAケーブルと電源ケーブルを接続します。

SSDへ換装

SSDへ換装

マザーボードのSATAソケットへケーブルを差し込み、3.5インチベイに取り付けて完了です。

SSDの取り付けは、10分くらいの作業で完了しました。

右下のドライブの空きスペースがあるか確認しているところです。下段が空いてました。

右下の3.5インチベイが空いていました。

2.BIOS設定

パソコンの電源を入れ、F12キーでBIOS画面を呼び出します。SSDが増設されていることを確認します。増設が確認できたら、ここで、Windows10のDVDを入れて、起動場所をDVDに変更し、BIOSを終了します。

DVD(Windows10インストールディスク)から起動します。

3.Windows10のインストール

Windows10のインストール画面が表示されるので、リターンキーを押して、インストール先に増設したSSDを選び、インストールを開始します。

4.OSを選択

インストールが終了したら、DVDを取り出し、電源を切ります。再び電源を入れると、OSが複数あるので、Windowsローダーが立ち上がり、OSを選択する画面になります。

ここでSSDをインストールした方を選びます。これでインストールは完了です。

Windowsローダーの修正

起動の際に、Windowsローダーが立ち上がって、毎回OSを選択するのは面倒なので、Windowsローダーを編集します。

以前のOS(HDDにインストールしてある方)から立ち上がらないよう、EasyBCDなどのツールで編集してしまいます。

再起動して、自動的にSSDのWindows10から起動することを確認します。成功していれば、以前のHDDは、DドライブなどのCドライブ以外に割り当てられています。エクスプローラーなどでドライブの割当を確認します。

SSDの体感速度

HDDからSSDに変更した直後の感想です。

速いです。ものすごく速いです。

今まで経験したことのない、信じられないくらい圧倒的なスピードです。起動画面も一瞬ですし、ブラウザなどの立ち上がりも一瞬です。

ブラウザのリンクをクリックした瞬間に次の画面が表示されます。あまりに速くて、マウスをクリックする前に、クリックを予想して画面表示しているのではないかと、オカルト的に感じてしまいました。

クリックと同時に表示されるので、驚きと感動でした。待ち時間ゼロです。

Windowsエクスペリエンスが5.9から8.2へ

実際に、どのくらいパソコンが速くなったか計測するために、SSD装着後のWindowsエクスペリエンス インデックスを計測しました。

すると 8.2 でした。

SSDへ換装

CPU、メモリが8.3、グラフィックスは8.4、ゲーム用グラフィックスは最高の9.9です。

ディスクの評価が一番低かったのですが、それでもSSDの威力です。以前の5.9から8.2になりました。一番低いサブスコアで8.2です。

HDDからSSDに変えることによって、Windowsエクスペリエンス インデックスのスコアが5.9から8.2へと大幅に性能アップしました。体感速度も圧倒的に速くて快適です。

SSDの効果

起動もシャットダウンも速いので、ちょっとした空き時間を使い気軽にパソコンを使えるようになりました。パッとつけてパッと消す感じです。

SSDを2015年11月に購入してから、2018年9月現在で3年が経過しました。デスクトップパソコンの動作は、今でも速くて快適です。HDDのときのように動作が一時的に遅くなるような状態は皆無です。常にキーボードを軽快に叩けます。文章の作成効率が格段に改善されました。

HDDに比べてSSDは、もの凄く速いです。パソコン全体の動作速度が驚くほど速くなります。そして静かです。HDDのような回転音はありません。

もし、パソコンの速度が遅いと感じているなら、新しいパソコンを購入する前に、HDDをSSDへ交換して試すことをおすすめします。わずか12,000円程度のSSDで高速パソコンに生まれ変わります。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする