台風等の自然災害で飛行機の到着空港が変わったとき、自己負担が原則

更新日:

 

ヒースロー空港から台風の空へ

 

2011(平成23)年9月21日

 

イギリスのロンドンから帰るとき、台風で成田空港に着陸できずに、北海道の千歳空港に着陸しました。

 

その時の体験記録です。

 

全日空202便は、前日9月20日の19時35分にイギリスロンドンのヒースロー空港を飛び立ちました。成田空港への到着は、翌日9月21日の15時20分予定でした。

 

台風が日本へ近付いているという情報は、9月19日にイギリスの子供の家で、パソコンでヒースロー空港の搭乗手続きを行う際に、日本のニュースで見ていました。

 

もしかしたら、時間も重なるようだし影響を受けるかもしれないと思っていました。

 

11時間45分のフライト時間は、五十代の年齢とエコノミークラスという狭い空間によって、相当な疲れが蓄積します。

 

飛行中に睡眠が取れれば身体も楽になると思いますが、鉄の塊が空の上を飛んでいるという恐怖感と、時速600キロの風を切る音やエンジン音が気になってしまい、全く眠れませんでした。

 

小心者の私にとっては、修行に近い忍耐力が求めらました。

 

ヒースロー空港を飛び立った飛行機は、九時間ほど順調に飛んでいましたが、成田空港に到着する二時間前に、機長から、機内アナウンスが流れました。

 

台風の影響で、成田空港上空の気候が不安定なので、到着地を変更する可能性があること、新千歳空港や関西空港に着陸するかもしれないとの放送でした。

 

機内は少しざわめきましたが、ほとんどの乗客は、日本に台風が接近していることは知っていたようで、意外と落ち着いていました。

 

いずれにしろ、今は空の上を飛んでいるわけで、自分だけ降りることも不可能で、機長に命を預けているのですから、まな板の上の鯉の心境にならざるを得ません。

 

私は、成田空港に予定の15時20分に到着できなくても、3時間くらいの遅れかな、と安易に考えていました。会社へは、翌日も休暇を申請済ですし、まあ、のんびり行こうと思っていました。

 

 

成田空港を変更し新千歳空港へ

 

着陸予定時刻の1時間前に、機長から新千歳空港に着陸するとの機内放送がありました。

 

機内の乗客は、誰も騒ぐことなく、予想の範囲内で全員が冷静でした。

 

全日空202便は、成田空港到着を変更し、北海道の新千歳空港に15時30分に到着しました。飛行機の窓から外を覗くと、青空が見え快晴でした。北海道は台風の影響は全く感じられませんでした。

 

隣に座っている妻は、北海道に上陸したのは生まれて初めてで、もう、こうなったら、せっかくだから北海道の幸を堪能していきましょ、と海鮮丼やらカニを食べる計画を始めました。

 

普通なら、空港に着陸してからタラップを接続して飛行機を降りるまで30分くらいですが、飛行機はタラップの近くの地上に止まったままでした。

 

すると機長からアナウンスが流れました。

 

台風の影響で成田空港が閉鎖になり、世界各国から成田空港に着陸しようとしていた航空機が、全て新千歳空港に着陸した関係で、新千歳空港の入国手続きが混乱しており、まだ降りることができないので、しばらくお待ちくださいとのことでした。

 

携帯電話やパソコンなどの電子機器も、ご自由にお使いくださいとアナウンスがあり、ほとんどの乗客は携帯電話で家族へ電話したりメールしていました。

 

飛行機から降りられないことがわかり、観念するしかありません。

 

18時10分、まだ新千歳空港の飛行機の中に閉じ込められたままです。

 

15時30分に新千歳空港に着陸してから ほぼ3時間、飛行機の中にいます。

 

飲み物やトイレは自由ですが、座ったままの状態は辛いです。

 

台風の影響で、成田空港に着陸できない飛行機が、新千歳空港に集中してしまい入国手続きが混乱しているので仕方ないですが、やはり厳しいです。

 

すると、機長からアナウンスがありました。成田空港は午後9時過ぎには着陸できそうなので、8時15分に成田空港へ出発することを決定したとのことでした。

 

続けてアナウンスがあり、もし、天候の状態によって 成田空港に着陸できなければ羽田空港へ向かい、羽田空港も無理なら中部空港へ行くとのことでした。

 

もう、こうなると日本一周です。

 

そして、成田空港以外の空港で降りた場合の、地上交通費やホテル代は、ANAが持つから心配しなくていい、とアナウンスがありました。

 

しかし、どの空港に着陸できるかわからなので心配でした。

 

台風なのだから、飛行機が落ちては困るし、無理に飛ばないで欲しいと言いたくなりました。

 

飛行機の中に閉じ込められているときは、スマートフォンと乾電池式充電器持ってて良かったと思いました。

 

自分の意思で決められない暇な時間は、苦痛以外の何物でもないです。

 

Xperiaでインターネットが見える環境があって、だいぶ精神的苦痛も和らぎました。

 

機内の様子は、みんな静かに観念していて、映画を見ている人、雑誌や新聞を読んでいる人、居眠りをする人など様々でしたが、誰一人文句を言う人はいませんでした。

 

日本人のまじめな気質なのか、イギリスからのフライト便で、旅行に慣れている人が多いせいなのか不明ですが、乗客全員が冷静で落ち着いていました。

 

夜7時くらいに、男性二人連れの乗客が、トイレ前の通路でワインを片手に、合コンのようにスチュワーデスさんと談笑していました。

 

おそらく自分の席で座っているのが苦痛だったのだと思いますが、少し迷惑でした。

 

 

ようやく成田空港到着

 

北海道の新千歳空港を出発できたのは、夜9時過ぎで、成田空港に到着したのが夜11時でした。

 

成田空港の入国手続きを終えて、終電に乗るため、慌てて地階の上切符売り場へ行きましたが、すでに終電がなく、さらに慌てて一階へ戻り、新宿行きのリムジンバスの予約をお願いしました。

 

すると、最終の0時発のチケットが二枚だけあり予約しました。待ち時間は1時間でした。

 

成田空港一階のロビーは、同じ飛行機に乗ってきた乗客の多くが、帰ることができずに全日空の案内を待っていました。

 

全日空の職員は、十人ほどが丁寧に謝罪しながら笑顔で対応していました。

 

しかし、どう対応するのかの具体的な案内が全くありません。イラだつ乗客に「申し訳ございません、すぐに案内しますから」と笑顔で言うだけの対応でした。

 

待っている方としては、何時頃に、どこ行きのバスを無料で出す、あるいは、何時頃ホテルへ案内するなどの具体的な情報が欲しいだけなのに、具体的な案内が全くありませんでした。

 

中には、案内の情報がないのに、ここに並んでください、と訳のわからないことをいう職員もいる始末でした。

 

本来なら午後4時には着いているのに、7時間も遅れて疲れ、具体的な案内がなく、さらに疲労が蓄積しました。

 

しばらくすると、バスでも帰れない人は、アパホテルに宿泊できるとの案内があり、新宿行きの無料バスも出るとアナウンスがありました。

 

すでにリムジンバスのチケットを買っていましたが、キャンセルして無料バスに乗ることにしました。

 

バスは、夜中の12時くらいに成田空港を出発し、夜中の1時半に新宿に着きました。新宿でタクシーに乗り、家に到着したのは夜中の2時でした。

 

もうヘトヘトでした。

 

 

台風で違う空港へ到着したら自己負担

 

数日後、ネットで調べたのですが、台風などの自然災害で着陸空港が変わった場合、移動のための交通費や宿泊代は、本来は、自己負担らしいです。

 

チケットを購入するときの条件に明記してあります。

 

それから考えると、今回の全日空の対応は、まあまあ良いのでしょう。

 

もし、海外の航空会社で、格安チケットだったら全部自己負担かもしれません。

 

今回は日本だから大丈夫でしたが、外国で同じことが起きることを考えると、英語が話せない私には、かなり悲惨な状況に陥ります。

 

やはり海外旅行は、日本航空か全日空が安全とわかりました。

-ロンドン
-, , , , , , , ,

Copyright© Windowsでブログ、パソコンやスマホ、自動車やオートバイの楽しみ方 , 2017 All Rights Reserved.