レヴォーグ納車後わずか3週間でバッテリー交換になった理由

レヴォーグD型ラピスブルー・パール
レヴォーグD型ラピスブルー・パール

レヴォーグのドアが開かない

2017年9月30日、新車レヴォーグD型の走行距離が千キロを超えたので、スバルのディーラーで1ヶ月点検とオイル交換をしようと思い、レヴォーグに乗ろうとしました。

レヴォーグの鍵(アクセスキー)をズボンのポケットに入れ、運転席のドアハンドルを握りました。

通常、ドアハンドルを握った瞬間、電子音と共にハザードランプが点滅し、「ガチャ」という音がして、ドアの鍵が開きます。

ところが、ドアハンドルを握っても、何も反応しません。

9月9日に新車で購入してから、まだ3週間です。

おかしいなと思いつつ、予備のアクセスキーに持ち変えてドアハンドルを握りました。

しかし、全く反応なしです。

予備のアクセスキーも反応しない

買ったばかりの新車の鍵(アクセスキー)が、両方とも故障するとは考えにくいです。

仕方なく、アクセスキーの中にある、メカニカルキーを使い、ドアを開けました。

そして、エンジンをかけようと、プッシュエンジンスイッチを押しても反応なしです。アクセスキーを当てながら押しても反応しません。

何も反応しない状況は、バッテリー上がりが疑われます。

バッテリー上がり

すぐに、スバルのディーラーへ電話し、何も反応がなくバッテリー上がりらしいことを伝えると、担当の人が、30分ほどで、充電器を持って来てくれました。

ボンネットを開けて、充電器をバッテリーに繋げ、プッシュエンジンスイッチを押すと、無事にエンジンが始動しました。

バッテリー上がりの原因は室内灯でした。スイッチが押されたまま4日間点灯し、バッテリーが空になってしまいました。

15分ほどエンジンを回し続け、少し充電してから、1ヶ月点検のため、スバルのディーラーへ行きました。

1ヶ月点検は2時間ほどで終わるとのことで、カーゴルームに積んだ自転車で家に帰り待つことにしました。

バッテリー交換で悩む

すると、点検の途中で、ディーラーから電話がありました。

バッテリーをチェックしたところ、電解液がほとんどなく、白い粉も付着していて、バッテリー自体の劣化が見られるとのことでした。

走ることでバッテリーの充電は可能ですが、再び、バッテリー上がりのリスクがあるので、新品への交換を進められました。特にアイドリングストップ機能もあるので新品の方が安心とのことです。

ここで、新品のバッテリーに交換するか悩みました。

9年間乗った前の車、レガシィB4のときは、5年経過したときに、念のために、バッテリー交換しただけです。

5年は持つはずのバッテリーが、わずか3週間でダメになるとは、トホホ。

悩んだ結果、バッテリーを心配しながら運転するのも危ないし嫌なので、新品に交換することにしました。

ルームランプを4日間点けていたせいで、バッテリー交換、3万6千円の出費は痛いです。かなりヘコミました。

でも、1ヶ月点検でオイル交換も終えたので、慣らし運転完了です。

今後は、ルームランプに気をつけながら、高回転域のレヴォーグの走りを記載します。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする