押し入れから思い出を取り出す、ビデオ動画から写真を抽出するソフト

イギリスのロンドン パソコン
イギリスのロンドン

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

押し入れから思い出を取り出す

 

ビデオカメラで撮影した動画を、写真として保存しておくと、いろいろな場面で簡単に見ることができて便利です。

 

ビデオカメラで撮影するメリットは、動きのある映像を保存することができるところです。特に子供の成長記録は懐かしい大切な思い出です。

 

しかし、昔のVHSビデオの動画は、見たい場面を探すために、最初から動画を再生する必要があります。

 

そして、昔撮影したビデオをゆっくり見る機会が意外と少なくて、一度録画したビデオは、押し入れの奥にそのまま置いてある人も多いのではないでしょうか。

 

私も、昔、撮影したビデオを見ることはほとんどなく、思い出が押し入れの奥にしまわれて、もったいない状態になっていることに気付きました。

 

貴重な思い出は忘れたくないですし、大切な思い出は、気軽に見たいものです。

 

ビデオ動画を写真にする

 

そこで思いついたのが、ビデオ撮影した動画の場面を、写真として切り出すことです。

 

ビデオを一時停止した時のように、動画を停止した映像として、写真のように保存し気軽に見ることです。動画の一部分をベストショットとして保存するのです。

 

ネットで探すと、動画をそのままスクリーンショットのように写真撮影するのは、かなり難しそうです。

 

無料のFree Video to JPG Converter

 

そんなとき、見つけた無料のソフトがありました。

 

Free Video to JPG Converter

Free Video to JPG Converter - make snapshots from video files
Use Free Video to JPG Converter to extract frames from video and make snapshots.

 

このソフトのすごいところは、動画のmpgファイルから、枚数を指定してjpg写真として切り出してくれます。

 

私はいつも500枚の指定をして、動画から静止画を抽出し、その中から映像のきれいなものを保存しています。

 

動画から静止画を切り出すので、当然のことながら、ブレたりピントが合わないシーンがあります。それらを削除して、写りの良いシーンだけ写真として残します。

 

本当に便利なソフトです。

 

過去にビデオカメラで、たくさん動画を撮影したけど、ほとんど見てないのはもったいないです。

コメント