責任ではなく、原因を追及して改善する

更新日:

トラブルは避けられない

公務員関係の仕事は、書類作りなどの事務処理が多いので、法令や規則の解釈を間違えてしまい、トラブルになることがあります。

 

トラブルが起きた時は、責任を追及するのではなく、原因を追究しましょう。

 

わかっているつもりでもトラブルが起きると冷静さを失い、つい個人の責任を追及するような言い方をしてしまいがちですが、個人を攻撃すると人間関係が悪化し組織が萎縮してしまいます。

 

言った言わないの責任転嫁が始まり、責任のなすりあいで仕事が前に進まなくなります。

 

 

個人を責めない

トラブルの対処として大事なこと

 

ミスした人に状況や事情を聞くときは、最初に、誰でもミスすることなので、そのときの状況を教えて欲しい、と協力を求めるのです。気持ちの持ち方として、ミスしてくれたお陰でシステムの欠陥がわかったくらいの冷静な対応が大切です。

 

「人間は、勘違いでミスしたりするのは当然のことです。個人の責任を追及するのではなく、原因を追求し、そのミスがなぜ起こったか、各自が自分でも起こす可能性があるミスと認識して、ミスが起きないようにどうすれば良いか、今後の改善に役立てたいので、協力をお願いします。」と前置きしてから話を聞きましょう。

 

「誰が言った?」

 

「誰が判断した?」

 

と問い詰めるのは、個人の責任を追及してしまい、相手を批判するだけで改善に繋がりません。ミスした人は一番反省しています。

 

 

改善策のキーワード

 

「連絡を密にする」

 

「相互で確認する」

 

今後、同じミスを防げるかどうか考えるときの基本です。

 

また、改善策によって、特定の人や特定の部署の負担が増えないよう公平に検討すべきです。

 

ただし、悪意のあるトラブル(誰かを故意に陥れるとか、組織に損害を加える、虚偽を繰り返すなど」であれば、個人の責任を徹底的に追及し、本人に十分反省させる必要があります。反省しないなら懲戒処分も仕方ありません。故意のミスは犯罪と同じです。威力業務妨害となる可能性もあります。毅然とした態度で許してはいけません。

-その他, 秘密のメモ
-, , , ,

Copyright© Windowsでブログ、パソコンやスマホ、自動車やオートバイの楽しみ方 , 2017 All Rights Reserved.