なぜチューニングしたくなるのか?マフラー交換でわかったこと

スポンサーリンク
レヴォーグ
フェラーリ F2001
レヴォーグ

STI社の「エキゾーストキット」についての解説です。2019年12月26日、レヴォーグ1.6GT(VM4 D型)のマフラーを交換しました。いろいろと迷ったのですが、最終的にSTI社の「エキゾーストキット LEVORG(VM)」に決めました。

スポンサーリンク

STI「エキゾーストキット」の効果

 

フェラーリなど、車のエキゾーストサウンドが大好きな人は、絶対にマフラー交換した方が良いです。今まで以上にドライブが楽しくなります。心が安らぎます。はっきり言って、ノーマルマフラーは、もったいないです。車の魅力が半減してます。

 

STI「エキゾーストキット」は、エキゾーストサウンドが、気持ち良くなります。ついついアクセルを開けて、サウンドを楽しみたくなります。
特に、アイドリング時の排気音が、ボクサーサウンドを彷彿とさせてくれます。信号待ちなどのときも、後方のマフラーから「ボッボッボッボッ」という、心地良いエキゾーストサウンドが聞こえます。

 

純正マフラーとの音質を比較した動画です。40秒くらいからSTI社のマフラーです。エキゾーストサウンドの違いがハッキリわかります。

レヴォーグ1.6GTの「マフラー交換」、STI社の「エキゾーストキット LEVORG(VM)」へ交換

 

STI社の「エキゾーストキット LEVORG(VM)」のサウンドです。暖気運転終了後のアイドリングです。ボクサーサウンドを彷彿とさせる魅力的なサウンドです。

STI社の「エキゾーストキット LEVORG(VM)」のサウンド

 

そして加速時は、力強い音に変わります。エンジンの吹け上がりが良くなりました。回転がスムーズに上がります。

 

全体的にエンジンレスポンスが鋭くなりました。STIのサイトで、「エキゾーストキット」の仕様を見ると、背圧を40%以上低減、重量を約3.5㎏軽量化(標準車比)してます。確かに、発進時や低速コーナーからの立ち上がりで違いがわかります。加速性能が向上してます。

 

また、見た目がカッコ良くなります。ノーマルマフラーより大口径なので迫力があります。

 

スポンサーリンク

マフラーの選び方

 

ノーマルのマフラーでは、良い音が消えているので、「もったいない」と思いました。ネットで調べると社外品は多数あります。最後は、次の3種類のマフラー(中間パイプ付)で迷いました。

 

STI エキゾーストキット
214,280円(税込み)

 

ガナドール Vertex sports
159,500円(税込み本体価格)

 

HKS Hi-Power SPEC-L
172,700円(税込み本体価格)

 

エキゾーストサウンドは、どれも魅力的でした。値段だけで選ぶよりも、取り付け後のアフターサービスまで含めて検討しました。

 

するとネットの情報で、稀に不具合が起きるケースがあることがわかりました。「ディーラー以外の自動車用品店でマフラーを取り付けてしまうと、不具合の原因がわからなくなる。」という情報です。

 

特に、交換前のノーマルマフラーを廃棄してしまうと、交換後にマフラーから異音等が発生したとき、修理不能になるのです。ノーマルマフラーとの比較ができず、ディーラー側も、自動車用品店側も修理できなくなるのです。2つの会社が入ることで、責任の所在が不明になるのです。

 

そこで、やはり結論として、スバルのディーラーが責任を持てる製品「STI エキゾーストキット」にしました。車検などでも安心です。

 

スポンサーリンク

定価と見積金額

 

スバルのディーラーからの、最初の見積書です。金額はすべて税込(10%)の定価です。

 

・エキゾーストキット本体 198,000円
・工賃 13,200円
・ガスケット 330円×2個
・ガスケット 1,254円×1個
・セルフロックナット 220円×4個
・セルフロックナット 143円×2個
以上 計 214,280円

 

見積書をお願いしたのが、2019年12月でした。スバルのでディーラーでは、ときどき「新春初売りフェア」などのキャンペーンを実施します。以前、STIパーツもキャンペーンで安いことがありました。そのため、今回も値引のキャンペーンがあるか確認してもらいました。

 

特にキャンペーンはなかったのですが、値引した見積書が届きました。

 

ディーラーの営業担当の人に検討して頂き、5%引きでお願いしました。

 

合計金額を204,226円に値引きしてもらいました。

 

スポンサーリンク

ノーマルマフラーとの比較

 

レヴォーグ1.6GT(VM4 D型)交換前の純正マフラーと、交換後のSTI「エキゾーストキット」の比較写真です。納車日が2017年9月9日に納車でしたので、交換前の純正マフラーは、現在(2019年12月)まで、2年3ヶ月使用しました。

 

交換前の純正マフラー

レヴォーグ1.6GT 純正マフラー

レヴォーグ1.6GT 純正マフラー

 

交換後のSTI マフラー、太さに注目してください。

交換後のSTI マフラー

交換後のSTI マフラー

 

交換前の純正マフラー

アップにすると太さの違いがわかります。

レヴォーグ1.6GT 純正マフラー

レヴォーグ1.6GT 純正マフラー

 

交換後のSTI マフラー

交換後のSTI マフラー

交換後のSTI マフラー

 

 

ディーラーで交換時に、リフトアップした写真です。
レヴォーグ1.6GT 純正品です。

レヴォーグ1.6GT 純正マフラー

レヴォーグ1.6GT 純正マフラー

 

交換後のSTI社の「エキゾーストキット LEVORG(VM)」です。交換作業は40分でした。マフラーの形状が変わり、中間パイプまで新しくなってます。

STI「エキゾーストキット」

STI「エキゾーストキット」

 

違う角度から、比較します。

交換前のレヴォーグ1.6GT(VM4 D型)純正品の「中間パイプとマフラー」です。

レヴォーグ1.6GT マフラー交換

レヴォーグ1.6GT マフラー交換

 

交換後のSTI社の「エキゾーストキット LEVORG(VM)」です。中間パイプの色が白い部分が交換した部分です。

レヴォーグ1.6GT マフラー交換

レヴォーグ1.6GT マフラー交換

 

取り外したレヴォーグ1.6GT(VM4 D型)純正品の中間パイプとマフラーです。

レヴォーグ1.6GT マフラー交換

レヴォーグ1.6GT マフラー交換

コメント

タイトルとURLをコピーしました