Seesaaブログで確実にAdsense収入を得る設定、広告配置の解説

イギリスのロンドン
イギリスのロンドン

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

複数ブログでAdsense可能な無料Seesaa

無料で開設できるブログの中で、自由にアフィリエイトが可能なSeesaaブログは、コツさえ掴めばGoogle Adsense で実際に稼ぐことができます。

良質なコンテンツ、つまり、読みたいと思う、役に立つ記事を書けば、半年ほどで月額一万円の収入が可能です。

一般的に、ブログで訪問者を増やすためのSEOとして、記事数を180以上にすることが大切と言われています。

しかし、読みやすく役に立つサイトであれば、記事数は50くらいでも、十分に収入を得ることは可能です。

文章(記事)の表現方法は、明るく楽しい内容としデザインも明るくします。文字の大きさや色も見やすくします。

サイトのテーマによりますが、デザインが暗いサイトより、明るい方が良いです。

Seesaaブログの文字の大きさと色を変更

Seesaaブログで、文字の大きさと色を変更する方法は次のとおりです。

デザイン → デザイン設定

適用しているテンプレートのタイトルをクリック

スタイルシート内でCtrl+Fで「.text」を検索し、次のように追加あるいはカラーコードを修正します。

黒に変える場合、黒色は#000000です。

文字の大きさを変えるときは、この中に、font-size:○○px;を入れます。

.text{

color:#000000;

font-size:14px;

}

デザインを修正するときは、失敗したときに元に戻せるよう、メモ帳などを使い、修正前のコードをコピーして保存することをおすすめします。

コードを修正したときに、イメージしたの違うデザインになってしまう場合がありますので、コードのバックアップが重要です。

バックアップがあれば、もし、意図しない色になってしまったり、レイアウトが崩れてしまったら、メモ帳に保存しておいた修正前のコードに戻すことができます。

Seesaaブログの記事下にAdsenseを入れる方法

デザイン→コンテンツ→記事の設定(歯車マーク)

右上の「コンテンツHTML編集」を選択すると、コード編集画面になります。

Adsense広告を入れる場所は、スクロールして、真ん中より少し上くらいの位置です。

記事下へ入れるときは、トップページと個別記事の2か所です。

Ctrl+Fキーで、次のコードの位置を探します。キーワードで検索すると楽です。

<% /if %>
<% article.body_more | bodyfilter(article_info,blog) %>

<!– 個別の記事下へ広告を入れる位置 –>

<% if:list_tag %><div class=”tag-word”>タグ:<% loop:list_tag %><a href=”<% blog.tag_url(tag) %>”><% tag.word %></a> <% /loop %></div><% /if %>
<% else -%>
<div class=”text”><% if:diet_log %><% include:article_diet_file %><% /if %><% article.first_body | bodyfilter(article_info,blog) %>

<!– トップページのリスト下へ広告を入れる位置 –>

<% if:list_tag %><div class=”tag-word”>タグ:<% loop:list_tag %><a href=”<% blog.tag_url(tag) %>”><% tag.word %></a> <% /loop %></div><% /if %>

Seesaaブログの記事中へAdsenseを入れる方法

記事の前半の「続ける」という部分に表示されます。編集画面では、本文と追記の間になります。

<% article.body | bodyfilter(article_info,blog) %>
<% if:article.body_more %>

<!– 記事中広告 –>

<% /if %>
<% article.body_more | bodyfilter(article_info,blog) %>

Seesaaブログの最新記事リストの文字を大きくする方法

Seesaaブログの記事下にある、「○○の最新記事」の文字が小さいので、大きくする方法です。

デザイン → デザイン設定

適用しているテンプレートのタイトルをクリック

スタイルシートの中をクリックしてから、Ctrl+fで文字検索

「listCategoryArticle」を探す。

3つか4つ該当するので、その中の

.listCategoryArticle ul li{

この中(下)にある

font-size:10px;

font-size:14px;

など好みの大きさに変更してから保存します。

Seesaaブログの最近の記事の行間を広げる方法

デザイン → デザイン設定

適用しているテンプレートのタイトルをクリック

スタイルシートの中をクリックしてから、Ctrl+fで文字検索

line-height:2.5;

行間を1.5から2.5にしました。

設定場所は Ctrl+F で #links-left で検索しましょう。

#links-left{
width:200px;
float:left;
margin-right:20px;
padding:0px 0px 0px 0px;
line-height:2.5;

Seesaaブログの記事下にある最新記事の文字数を変更する方法

デザイン→コンテンツ→記事の設定(歯車マーク)

右上の「コンテンツHTML編集」を選択すると、コード編集画面になります。

Ctrl+Fで検索 キーワード 最新記事

【<% article_category.name %>の最新記事】<br />
<ul>
<% loop:list_category_article %>
<li><a href=”<% article.page_url %>”><% article.subject | text_summary(60) %></a></li>
<% /loop %>

上記のtext_summary(60) %で60文字までです。

この数字を変えると、文字数を変えられます。

Seesaaブログのタグページの文字数を変更して記事の概要を表示する方法

タグページはデフォルトでは文字数が少なすぎて、Adsenseの規約違反になります。

Adsenseでは必須の設定です。

デザイン→HTML

<% if:page_name eq ‘tag’ -%>を探します。

すると、次のコードがあります。

<div class=”tag-article”>
<div class=”tag-article-title”><a href=”<% article.page_url %>”><% article.subject %></a>&nbsp;<span class=”tag-article-posted”>[<% article.createstamp | date_format(“%Y/%m/%d %H:%M”) %>]</span></div>
<div class=”tag-article-summary”><% article.entire_body | text_summary(640) | tag_strip %></div>
</div>

text_summary(640) この数字が文字数です。このくらいの文字数にしておきます。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする