グーグル検索結果の掲載順位が上がる正しいSEO対策、役に立つ記事

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

SEO対策の正しい方法です。アクセス数を増やすためには、グーグルの検索結果で上位に掲載されることが必要です。以前は、サテライトサイトを利用した大量の被リンクが効果を発揮しました。しかし現在は、検索結果の掲載順位が下がってしまいます。

スポンサーリンク

アクセス数とPage Rankの関係

 

2014(平成26)年8月、無料のSeesaaブログで1日当たりのアクセス数が500を超えるようになりました。グーグルのアドセンス収入も比例して増加し、月収1万円を超えるようになりました。ブログで多く使われているキーワードをグーグルで検索すると、検索結果1ページに表示されることもあります。かなり掲載順位は良いと自画自賛しているところです。

 

ところが、Page Rank を見ると対象外と表示されます。なんとかしてPage Rankも上げたいものです。

 

以前はサテライトサイトの被リンクがSEO

 

SEO対策として、Page Rankを上げる方法を調べると、やはり被リンク数が影響するようです。そのためにはサテライトサイトを作るのが効率的です。でも、なんか、正当でない気もします。しかし、とりあえずSEOの研究として実験することにしました。

 

最初に検討が必要なことは、サテライトサイトを作るためのブログです。当然のことながら、サテライトサイト自体もPage Rankは高い方が有利なはずです。そして、記事の作成を自動で行うことも考えます。

 

そこで、サテライトサイトに適した無料ブログを調べました。人気のあるPageRankの高いブログは次のとおりです。

 

アメーバブログ
ココログ
はてなダイアリー
ウェブリブログ
ライブドアブログ
JUGEMブログ
FC2ブログ
Seesaaブログ

 

リンク用のサテライトブログなので、自動記事作成ツールで、ほったらかしで記事を作成できるものが欲しいです。私が持っている自動で記事を作成するツールは、使用できるブログが限られています。上記の無料ブログから、自動記事作成ツールが対応しているものを抽出しました。

 

自動記事作成ツールの利用が可能なブログ

ココログ
はてなダイアリー
ライブドアブログ
JUGEMブログ
FC2ブログ
Seesaaブログ

 

早速、サテライトブログを作って、SEOの実験をします。自動記事作成ツールの検証結果は別記事に掲載してます。

 

スポンサーリンク

正しいSEO対策

 

2016年4月からPage Rankが停止になりました。現在(2017(平成29)年)は、Page Rankのデータを確認できません。しかしながら、被リンク数がSEOに有利な事実は変わっていません。良質なコンテンツと被リンク数がSEOのコツです。

 

グーグルは、2012年に検索結果の掲載順位を決定するアルゴリズムを変更しました。パンダアップデートが2012年7月に導入されました。コンテンツの質に対する評価です。オリジナル性とユーザーに役立つ内容かどうかで判定されます。ペンギンアップデートは、2012年4月に導入されました。価値の高いサイトからのリンク数で評価されます。質の高い被リンク数が影響します。

 

ペンギンアップデート前は、質の低いペラサイトからのリンクでも、数が多ければ評価されました。サテライトサイトを量産することがSEOに効果的でした。ペンギンアップデート後は、SEOを目的にしたペラサイトやサテライトサイトは、評価が下がるようになっています。

 

訪問者にとって必要な内容で役に立つ記事であることが、価値の高いサイトの必須条件です。サイトの中身を充実させることが正しいSEO対策です。

コメント