イギリスのロンドン観光におすすめ、マイバスツアーのガイドさん

イギリスのロンドン
イギリスのロンドン

イギリスのロンドン観光の体験記録です。海外旅行は貴重な体験なので最大限に楽しみたいものです。ロンドン観光のツアーを探している人への参考情報です。

ロンドンの主要スポットを観光

2011(平成23)年9月14日(水)

朝7時30分、ロンドンのイーリングコモンに住む娘がRAMADAホテルに迎えにきました。治安の良いロンドンなので娘がひとりで迎えにきて待ち合わせできます。アメリカのような銃社会では怖くてとても無理です。

二週間ほど前に、娘と私たち夫婦の3人でロンドン市内観光ツァー半日(午前中)コースに申し込みました。「マイバスロンドン」という日本語のガイドさんが市内をバスで案内してくれるツァーです。

朝8時45分にロンドン三越の正面玄関に集合です。寝坊しないように、朝、早く起きた方が相手に電話することになっていました。

私と妻はRAMADAホテルに宿泊していて、結婚している娘はイギリスの自宅にいます。ホテルと娘の家はバスで10分くらいの近い距離です。ちょうどバス停二つ目なので、歩いても30分くらいです。しかしイギリスでは歩いている人はいません。

7時に娘へ電話すると、洗濯を終えてからホテルに向うとのことで8時にホテルにきました。

私と妻は、昨夜、イーリングコモンの駅前スーパーで買っておいたパンで朝食を済ませ、すぐに娘と一緒にロンドン三越へ出かけました。

ロンドン三越は、ピカデリーサーカスという地下鉄駅の近くにあります。イーリングコモンからピカデリー線に乗れば30分ほどで到着です。

ロンドンの地下鉄

ロンドンの地下鉄は交通網が整備されていて、東京の地下鉄のように待ち時間を気にせず電車に乗ることができます。

東京の地下鉄との大きな違いは、電車がふたまわりほど小さいことでした。幅も狭いし天井の高さも低いのです。体格の大きな外人なら、座席に座って足を伸ばせば、反対側の座席に届いてしまうほどです。電車内にも「足を反対側の座席に乗せないよう」注意書きがありました。それほど狭い車内でした。

そして電車の天井が低いのです。信じられないかも知れませんが、電車の入口付近では、身長180センチの私も、頭が天井に着いてしまうのです。少しかがみながら電車に乗るのです。

東京の地下鉄は、座席の上に荷物を置くための網棚があります。立っていれば頭の上の位置です。しかし、ロンドンの地下鉄は棚がありません。天井が低いため荷物を置く網棚はないのです。実際のロンドン地下鉄車内の写真です。

幅も狭くて高さも低い地下鉄でした。

東京の地下鉄との乗り方の違いは、ライン名と行き先を把握しなくてはなりません。

ロンドンの地下鉄は、同じ駅、同じプラットホームに、いろいろな電車が入ってきます。

しかも、電車の色はみんな同じです。

東京の地下鉄のように、色でラインを区別していません。

ホテルの最寄駅のイーリングコモンには、ディストリクト線(Districtライン)のUpminster行きと、ピカデリー線(Picadillyライン)のCockfosters行きの電車が停まりますが、ピカデリーサーカス駅に行くには、ピカデリー線の方の電車に乗る必要があります。

間違ってディストリクト線に乗ってしまうと、途中で枝分かれした別の方向へ行ってしまいます。

ちょうど、丸の内線で、荻窪行きと方南町行きが中野坂上で別れるように、ラインが別になってしまうのです。

ロンドンの地下鉄は、ほとんどの駅でいろいろな線(ライン)が相互に乗り入れていて、とても複雑でした。

ロンドン三越が発着場所

ピカデリーサーカス駅に8時30分に到着しました。

最初に、集合場所のロンドン三越に行きました。

すると、見た目で日本人とわかる人たちが、15人ほどロンドン三越の玄関前でうろうろしていました。私たちと同じ50代を過ぎた年配の人たちが多いです。若い人は親子連れだけでした。まだ集合時間には早すぎるので、近くの店を見学しました。

8時45分に集合場所へ行くと、ツァー受付の人がいました。バスに乗り込む前にトイレに行きたいと思い、ツァーのガイドさんへ三越のトイレを貸してもらえないか聞くと、まだ営業時間の前なので、トイレは借りられないとの少しせつない回答でした。

少し歩き、ピカデリーサーカスの駅内に、無料のトイレがあるということなので、妻と子供と3人でダッシュして、トイレに行ってきました。

9時にバスに乗り込みました。

バスといっても大型バスではなくて15人乗りくらいのマイクロバスでした。ツァーの申込者が少なかったのでしょうか。

ツァーは、シティからセントポール寺院、タワーブリッジを回り、ロンドン塔で休憩しました。

バスの中では、ガイドさんが丁寧に観光案内してくれました。いろいろなエピソードや歴史を交えた解説は楽しくて、とても勉強になりました。

天気も快晴で空気もここち良くて、バスの中でもロンドン塔でも、デジカメのシャッターを押し続けました。

国会議事堂、ビッグベン、大観覧車のロンドンアイ、ウェストミンスター寺院を通り、バッキンガム宮殿では衛兵の交代式を見学することができました。

馬に乗った騎兵隊の人たちに先導されて、赤い服を着た衛兵たちがパレードをしていました。パレードの時間が決まっているらしく、時間が近付くに連れて見学客が増えてきました。

12時にツァーを終えて、ロンドン三越に戻ってきました。

ロンドン三越は営業を始めていて、免税品の買い方やおいしいお店のガイドを無料配布してくれました。

夕方、子供の家の電気式コンロを修理する業者が来るらしいので、早めに帰ることにしました。

子供の家に着くと、疲れたのか、急に眠気が襲い熟睡してしまいました。

目が覚めると修理業者は何もしないで帰ったらしいです。

コンロのスイッチを入れると、点灯するはずのランプがつかないので、修理をお願いしたらしいのですが、修理業者が言うには、イギリスではランプぐらい点灯しなくても、電気コンロが普通に使えれば修理は必要ない、と堂々と説明していたらしいです。

子供に言わせると、ほんとのところは、修理する技術がないので、負け惜しみ、言い訳じゃないかと言っていました。
イギリスらしい業者でした。

子供の家の近くに、中華料理屋があるというので、早速3人で出かけてみました。

チャーハンとラーメンを注文したつもりでしたが、チャーハンらしきものは出てきたのですが、ラーメンではなくて、あんかけ焼きそばが出てきました。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする