老後について考え始める時期とは、老後の不安を解消する情報と方法

スポンサーリンク
京都と奈良老後の生活費
京都と奈良
この記事は約3分で読めます。

本サイトは、老後の不安を解消するための情報サイトです。若い頃は毎日が一生懸命で、1年先のことも考えられませんでした。まして、老後のことなど全く興味もなく関係ありませんでした。しかし、実際に年齢を重ねると、老後について考え始め、老後の情報が必要になってきます。

スポンサーリンク

若い頃の不安と老後の不安の違い

 

自分が年を取るなんて思っても見ませんでした。20代の頃は、老後のことを考える暇があるなら、何かして遊びたいと考えていました。老後のことは、その時になって考えることで、若いときに考えることではないと思っていました。若い頃は1年先の自分の将来さえ心配していたときですから、老後のことなど考えるだけ無駄でした。

 

実際に若い頃は老後の会話などを近くで聞いたこともありません。友人や同僚も、当時は老後に興味はなかったと思います。

若い頃の不安は、もちろん不安の大きさは本人にしかわかりませんが、次のような不安が多かったです。

 

異性とのつきあい、特に恋人がいないとき

結婚

会社内の地位と出世、特に同期との比較

 

さらに、結婚後は次の不安が加わります。

持ち家をどうするか。

子供の教育、就職、結婚。

親の介護

会社の上層部に入れるか

 

これらは、不安の一部です。たしかに老後のことを考える暇はないようです。

 

スポンサーリンク

老後とは

 

一言で「老後」と言いますが、何歳からでしょうか?

 

「老後」の捉え方は、人によっても時代によっても違います。2018年現在は65歳からと考えている人が多いです。これは年金の支給開始年齢が65歳からなので、それと同じ時期です。

 

多くの会社員は60歳が定年で、その後は65歳まで再雇用として働きます。65歳から完全に無職になり年金暮らしということを考えると、「老後」が65歳からと感じるのは妥当です。

 

1970年くらいまでは定年退職の年齢は55歳でした。1980年以降に60歳になっています。やはり医療の進歩と豊かな社会が影響して、平均寿命が伸びて変わりました。

 

スポンサーリンク

老後の不安

 

58歳になり、定年まで残り2年で老後のことを真剣に考え始めました。

 

定年を迎えたときの進路をどうするか。再雇用するか全く新しい会社を見つけるか、起業するかなど。

親の介護をどうするか

孫の育児をどうするか

 

でも、若い頃の不安に比べると、58歳の不安は大したことありません。不思議なことですが、若い頃と比較して不安感は3割程度の軽い感じです。

 

ただ、親の介護などは、実際に自分で体験しないと、本当の苦労は理解できないと思います。

 

スポンサーリンク

老後の不安を解消する方法

 

やはり、老後の不安や心配は「お金」に影響されます。「お金」か多くあれば不安も解消されます。

 

自営業などで定年がなく、何歳になっても仕事をする場所があり収入が望める人や、若い頃に大きな資産を築いた人は、お金を使うことで、自分の負担を誰かに代わってもらうことができます。

 

やはり、「お金」は大切です。

 

そして、次に必要なものは「情報」です。老後の生活に関係する多くの情報を持っている人と持ってない人では、その不安感や悩みの数や大きさが全く異なってきます。

 

本サイトは、老後に関係する、あらゆる情報を集めようと構築しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました