ゲームと勉強を両立させる、集中力を鍛錬、友達を増やし経済成長へ

日本経済の発展とゲーム

日本経済は、デフレ不況が長く続き、長いトンネルに入ってしまいましたが、ようやく、明るい兆しが見えてきました。

しかし、経済の成長を牽引しているのは一部の大手企業で、成長している企業と、成長できずに倒産する中小企業が存在し、経済格差が広がりつつあります。

1991年にバブルが崩壊するまでは、土地神話に代表されるように、右肩上がりの安定した成長を誰もが信じていました。

ところが、リーマンショックによる株価下落と経済の沈み込みからデフレが起こり、その後は安定した成長が厳しくなりました。

経済は、大雑把に考えると、市場原理に基づいて動きます。

市場原理とは、簡単に言えば、人の気持ち、感情です。つまり、経済は人間の感情によって動きます。

ファミコンのドラクエが人気を集めた1986年頃は、経済は順調に成長していました。そして、その後、ITブーム、コンピュータブームが到来しました。

ゲームで集中と忍耐力を

勉強の邪魔になると、ゲームをマイナスに捉える人もいます。

しかし、日常生活のストレスを発散させるため、息抜きとして遊ぶのは、精神的にもプラスなことですし、ゲームメーカーのみならず、攻略本などの関係業界にとっても良いことです。

昔のように、みんながドラクエなどのゲームに夢中になれれば、個人消費が伸び、経済も発展します。

ひとつのことに集中する、ゲームに集中する、これは会社で懸命に仕事をすることにも繋がります。

思い切り働いて、家に帰ってから、思い切り楽しいゲームの時間を持つ、ゲームが家で待っていると思って、一生懸命働くのです。

息抜きでゲームをしたいために、勉強をする、ゲームに集中するのと同じように、我慢して勉強に集中するのです。

この、我慢するということが、忍耐力をつける意味でも大切です。

会社や学校での話題もドラクエなどのゲームで良いのです、これで友達を増やし、協調性を養い、日本経済も徐々に発展するのです。

ゲームに集中することは、何某かのメリットがあるのです。







フォローする