PR

新型コロナウイルスはいつから?日本での流行の変遷

スポンサーリンク
新型コロナウイルスはいつから?日本での流行の変遷 気になる情報
新型コロナウイルスはいつから?日本での流行の変遷
気になる情報
記事内に広告が含まれています。

2019年末に発見された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、世界的なパンデミックを引き起こし、これまでの生活や医療体制に大きな影響を与えました。日本でも感染者数が増加し、社会全体で対策に取り組んできましたが、2024年4月以降の対応はどう変わるのでしょうか?

この記事では、新型コロナウイルス感染症がいつから始まり、日本でどのように広がったか、現在の対応方針はどのように変わるのかを紹介します。ウイルスの出現から日本での初期流行、第1波と第2波、そして2024年以降の政府の対応について詳しく解説します。

この記事を読むことで、新型コロナウイルス感染症の歴史や日本での対応の変遷を把握し、今後の感染症対策や生活への影響について理解を深めることができます。どのように変わるかを知ることで、今後の予防や医療体制に関する情報を得ることができます。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの出現:パンデミックの始まり

ウイルスの誕生

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、2019年末に中国・武漢市で初めて発見されました。このウイルスはSARS-CoV-2と名付けられ、コウモリやセンザンコウなどの動物から人間に伝染した可能性が示唆されています。初期段階では主に武漢市の市場を中心に発生したため、当初は地元の問題と思われていましたが、間もなく感染者が急増し、全世界に急速に広がりました。

感染の広がり

ウイルスの拡散は主に人から人への接触を通じて行われるため、武漢からの旅行者を通じてすぐに世界中に広まりました。2020年1月末には多くの国で感染者が確認され、感染力の強さから人々は恐怖を感じ始めました。特に、症状が重症化しやすい高齢者や持病を抱える人々にとっては致命的なリスクがあるとされていました。

WHOによるパンデミック宣言

世界保健機関(WHO)は、感染が急速に拡大していた2020年3月にパンデミック(世界的な大流行)であると公式に宣言し、各国が厳重な対応策を取るよう呼びかけました。その後、多くの国でロックダウンや外出制限、マスク着用などの厳しい措置が導入され、医療機関も未曾有の状況に直面しました。

対策と研究の始まり

この未知のウイルスに対処するため、各国でワクチンや治療薬の研究が始まりました。また、PCR検査や抗原検査など、感染者を早期に発見するための検査技術も急速に進歩しました。これらの対策が一時的に感染の拡大を抑えましたが、ウイルスの変異による新たな感染拡大が繰り返され、世界はその度に新しい対応策を求められました。

スポンサーリンク

日本での新型コロナウイルス感染症の流行:初期から第2波まで

初期の流行

2020年1月、日本国内で新型コロナウイルスの初の感染者が確認されました。武漢から帰国した神奈川県在住者が感染したことで、日本でもウイルスが広がるリスクが認識されました。

その後、2月には「ダイヤモンド・プリンセス」号というクルーズ船で大規模な感染が発生。船内での感染対策に苦しみつつ、乗客と乗員を検疫し、全体の状況把握とウイルスの拡散防止を図る必要がありました。

この時期にはまだウイルスについての知見が乏しく、各国とも適切な対応策を模索していた状況でした。

第1波

2020年3月頃からは、武漢型と呼ばれる中国起源の変異株が国内で広がり始め、国内各地でクラスターが確認されるようになりました。クラスターとは、感染経路が明確であり、特定の場所や集団で感染が発生することを指します。

特に福祉施設や医療機関、ナイトクラブなどで感染が集中し、早期発見・隔離を徹底する必要が生じました。これにより、日本全体で緊急事態宣言の準備が進められ、ロックダウンや行動制限に相当する対策が取られました。

第2波

その後、欧州からの帰国者を介して欧州型の変異株が日本に持ち込まれました。2020年4月から5月にかけて国内各地でクラスターが発生し、欧州型のウイルスが急速に拡散。国立感染症研究所の調査で、この変異株が国内で広範に広がっていることが確認されました。

また、首都圏への出張や旅行が新たな感染の引き金となり、地域固有のクラスターが5月下旬から少しずつ収束するまで続きました。

国内では、感染の波が次々に押し寄せるなか、医療機関や政府機関が全力で対応策を講じてきましたが、新たな感染拡大にどう立ち向かうかが引き続き重要な課題となっています。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスへの現在の対応:令和6年4月以降

政府の基本方針

2024年4月以降の新型コロナウイルス対応について、厚生労働省は基本方針を策定しています。

感染者が減少し、ワクチン接種も進んでいる状況を踏まえ、政府は2024年3月をもって特例的な財政支援を終了し、通常の医療提供体制に移行する計画です。

これにより、従来の新型コロナ対策に関する財政措置の多くが終了しますが、変異株の監視を続け、感染症の再流行に備えた対策は続行されます。

医療提供体制の変化

現在、新型コロナウイルスの感染者数は以前と比べて減少傾向にあり、医療機関での対応も通常の感染症と同様の方法で進められるようになりました。

感染リスクの高い集団を対象としたワクチン接種は依然として重要ですが、それ以外の方へのワクチン接種は、特例臨時接種(無料)が2024年3月末で終了したため、今後は通常の医療制度で実施されることとなります。

財政支援の終了と今後の支援体制

医療費や治療薬の公費支援などの特例措置も3月で終了し、各自治体の財政的な支援や医療保険制度を通じて対応が進められます。

一方、変異株の監視や研究については継続され、感染拡大を防ぐための取り組みも進められています。監視データの収集やゲノム解析などを通じて、迅速に感染拡大を検出し、適切な対応策を講じるためのシステムが構築されています。


特例的な支援が終了する一方で、新たな感染症に備えるための医療体制整備や変異株の監視は重要です。各国の状況やワクチンの接種状況、変異株の感染力なども考慮しつつ、個々人が正しい感染予防策を取ることが求められています。

最後に、新型コロナウイルスの感染対策のために、東京都だけが「Go To トラベルキャンペーン」の対象外とされた当時の記事を参考に紹介します。2020年9月当時の内容です。

スポンサーリンク

ホントに自粛は必要なのだろうか?新型コロナとの共存は不要では?

新型コロナウイルスの感染対策に「自粛は不要」かもしれません。「Go To トラベルキャンペーン」に東京都が加えられ、9月の4連休は、多くの観光地が大混雑しました。しかし、感染者数は増えてません。自粛そのものが必要か検討が必要です。

東京都だけ除外された「Go To トラベルキャンペーン」

ついに東京都が「Go To トラベルキャンペーン」の対象に含まれました。「Go To トラベルキャンペーン」開始当初は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染者が最も多い東京都は、除外されました。東京都に住んでいる私も、やはりショックでした。なんとなく東京都民は、「ばい菌扱い」されているように感じました。「遊びに行くな!」と注意されているようで、「嫌な感じ」でした。

2020年9月16日(水)、ようやく東京都も「Go To トラベルキャンペーン」の対象になりました。これで、遊びに行けるようになりました。東京都の人が旅行することを、公式に認めたもので、自粛が解除されたのと同じことです。しかも9月の4連休(9月19日(土)~22日(火))前というナイスタイミングです。

ついに除外が解除され、東京都民も旅行可能に

当然ながら、私もドライブに出かけました。もともとドライブが趣味なのですが、新型コロナウィルス感染防止のため、東京都から他の県へ旅行することを自粛していました。ドライブに行けなくて、かなりストレスが溜まっていました。

4連休のうち3日目にマイカーでドライブしました。ところが、久しぶりの大渋滞でした。おそらく、20年ぶりの大渋滞でした。東京都内の環状八号線(環八)は、まったく動きません。高速道路に乗る前の一般道で、すでに大渋滞でした。八王子インターチェンジから高速道路(中央自動車道)に乗ったのですが、そこでもほとんど動かない状態でした。高速道路だと言うのに、歩いた方が速い状況でした。これほどの大渋滞は、かなり久しぶりです。あまり記憶にない(20年前のGWで大渋滞)ほどです。

東京都民が、ようやく旅行できることになり、おそらく日本全国の観光地が大混雑したはずです。一番感染者の多い東京都が解除になったので、「もう、自粛はしなくて良い」と思ったでしょう。一気に自粛から解放されました。

しかし、これは逆に、外出自粛の効果を検証する良い機会にもなるはずです。外出自粛によて新型コロナウイルスの感染が抑制できるのであれば、逆に4連休の大混雑は、新型コロナウイルスの感染を爆発的に急拡大させるはずです。

ところが、新型コロナウイルス感染の結果が判明する2週間後になっても、感染者数は変化がありませんでした。そうなると、4連休の大混雑の影響がないように思えます。

「Go To トラベルキャンペーン」の経緯

最初に「Go To トラベルキャンペーン」の経緯を確認します。

2020(令和2)年

7月22日(水) 「Go To トラベルキャンペーン」を開始、感染者の多い東京都のみ除外。海の日(23日)を含む4連休前に開始した。35%割引。

9月16日(水) 東京都の除外「解除」を決定

9月19日(土)〜9月22日(火) 4連休

「Go To トラベルキャンペーン」が開始された当時は、東京都の感染者が多く、東京都を発着する旅行は除外せざるを得ない状況でした。地方自治体によっては、東京都からの旅行客を拒絶するメッセージを発していました。また、東京からの旅行者が、地方で嫌がらせを受けているというニュースも時々聞こえてました。

私もそうですが、多くの東京都民は、「Go To トラベルキャンペーン」でも除外されているので、「東京都から出るような旅行は自粛」した方が良いと考えていたはずです。これは、かなりストレスが溜まる状態でした。

「4連休」前後の感染データ、自粛効果との関係

4連休前の感染者数と、4連休の2週間後のデータを比較しました。土日と月曜日は、検査データが大きく変わるので除外しました。

〇4連休前の、日本全体の一日あたり新規感染者数

9月15日(火) 531人
9月16日(水) 551人
9月17日(木) 489人
9月18日(金) 572人

〇4連休後の新規感染者数

10月1日(木) 634人
10月2日(金) 542人
10月6日(火) 501人
10月7日(水) 508人

どうでしょうか?

はっきり言って、4連休前と後で、新規感染者数が変わっていません。つまり、東京都を「Go To トラベルキャンペーン」の対象に加えて、4連休中、爆発的に旅行者(観光客)が増えたのに、新規感染者数は変化がないのです。

このデータを見る限り、「自粛は影響しない」と言えるのではないでしょうか?

(日本人は真面目に対策しているとも言えますが)データからは、新型コロナウィルスの感染は、「自粛に影響されない」と考えられます。

そうであるなら、日本経済を壊している「自粛」は、すぐに取り止めるべきです。もちろん最初の頃は、新型コロナウィルスの感染自体がよく分からず、自粛せざるを得ませんでした。しかし、自粛とは関係ないデータが見えてきたのです。

また、日本は、世界各国と比較しても、信じられないほど感染者数が少ないです。何かの要因「ファクターX」があるはずですが、まだ解明されていません。

日本の感染者数のグラフを見ていると、第1波も第2波も、人間の力が及ばない状態にあるようにも感じます。人間がコントロールできない「神の力」なのかもしれません。自粛しても感染者数が変わらないなら、1日も早く、自粛は止めるべきです。経済を元に戻すことが最優先です。

世界各国との「感染者数」の比較

以前から言われていることですが、新型コロナウイルスの感染者数が、日本は極端に少ないです。

最初の頃は、日本の政策として、医療崩壊を防ぐために「意図的に検査数を抑制」していました。ほんとうに重病な人、検査が必要な人だけに検査していました。そのため陽性反応のデータが少なく、感染者数も少ないと考えられていました。

ところが、検査数を増やしても、やはり感染者数が少ないことがわかってきました。新型コロナウイルスの感染者数が、日本に少ないのは、何か要因(ファクターX)があると言われてます。しかし、それが何なのか、まだわかりません。

参考に世界各国のデータを掲載します。(2020年10月11日現在)

日本 人口 1億2千6百万人  累計感染者数 9万人 死亡者数 1,629人

アメリカ 人口 3億2千9百万人  累計感染者数 730万人 死亡者数 20万人

ブラジル 人口 2億1千1百万人  累計感染者数 490万人 死亡者数 14万人

インド 人口 13億6千6百万人  累計感染者数 655万人 死亡者数 10万人

イギリス 人口 6千7百万人  累計感染者数 50万人 死亡者数 4万人

フランス 人口 6千5百万人  累計感染者数 63万人 死亡者数 3万人

メキシコ 人口 1億2千7百万人  累計感染者数 76万人 死亡者数 7万人

人口を基準にして見ると、いかに日本が少ないか理解できます。特に、一番下のメキシコは、日本と同じくらいの人口なので比較しやすいです。

アメリカと比較すれば、日本の人口は4割弱(38%)です。アメリカと同じ状況であれば、日本の感染者数は270万人の計算になります。実際は9万人なので、いかに少ないかわかります。

新型コロナを「無視」する社会へ

2020年10月現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については、未知な部分が多いです。有効な治療薬も開発されていません。いくつかの既存薬で効果があると言われてますが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)用に開発された特効薬はありません。

感染のメカニズムや治療薬が確立されてないので、手探り状態です。また、症状が一気に悪化し、命を失う怖い病気であることに変わりはありません。

しかし、「自粛の効果」については、もう一度考え直した方が良いかもしれません。

感染を防止するための自粛生活によって、飲食業界や観光地などは、致命的な打撃を受けています。倒産も多くなり、日本経済が失速しています。企業が倒産すれば、人生が狂ってしまうのです。

テレワークなどを推進してしまえば、労働者の待遇が悪化します。給与は下がり、やがて身分保障もなくなるでしょう。会社自体の存在さえ疑問になってしまいます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、たしかに怖い病気です。一気に症状が悪化するリスクがあります。しかし、いずれ有効な治療薬が開発されます。治療薬が開発されれば、「ただのインフルエンザ」です。その時になって、社会を元に戻そうと思っても、変えてしまった後では戻れなくなります。

テレワーク(在宅勤務)は、労働者の環境を悪化させるものです。給与が減らされ、身分保障もなくなるでしょう。人が動かなくなり、お金の流れが停滞します。社会全体の需要が小さくなり、経済が縮小してしまうのです。不安定な社会システムが、急拡大してしまいます。

日本経済を立て直すためにも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の自粛を取りやめ、以前の社会生活へ戻すべきです。やはり「神の力」には、誰も逆らえません。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました