新型コロナに日本が強いのは「水」のおかげ、意識しながら手洗い

スポンサーリンク
おすすめ情報
おすすめ情報

 

新型コロナウイルスの感染者が少なくなり、非常事態宣言も解除されようとしています。日本の新型コロナウイルス感染対策は、世界からも注目されています。他の国と比較して感染者数や死亡者数が抑えられています。その原因は「水」かもしれません。

 

スポンサーリンク

まもなく収束か

 

新型コロナウイルス感染症は、2020年5月20日現在、収束に向かっています。東京都の感染者数は、2020年4月17日が204人でピークでした。その後、徐々に改善され5月19日には5人まで減少しています。

 

政府の新型コロナウイルス感染対策については、野党が批判していますが、欧米各国に見られたような「爆発的な感染」は防ぐことができました。現在までのところ、政府の対策は失敗していないと言えます。日本全体の新型コロナウイルス感染者数は、5月19日現在、16,365人、死亡者数763人です。有効な治療薬がないまま、亡くなられた方たちのことを思うと言葉もありません。ご冥福を祈ることしかできません。しかし、世界各国と比較すると、日本の感染者数は、明らかに少なく、世界中からも日本の対策が注目されています。

 

ここ数日のテレビ報道では、日本人特有の習慣やBCGの予防接種が有効だったのではないかと言われています。玄関で靴を脱ぐ生活は、新型コロナウイルスを家の中に持ち込まないので効果が高いと言われてます。

 

スポンサーリンク

アメリカ、イギリスとの比較

 

ウィキペディアに、世界各国の新型コロナウイルス感染者数のデータがありますので、比較しました。(5月20日現在です。)

日本 感染者数 16,367人 死亡者数 768人  人口 126,860,300人

 

アメリカ 感染者数 1,556,006人 死亡者数 92,098人 人口 329,064,900人

 

イギリス 感染者数 248,818人 死亡者数 35,341人 人口 67,530,200人

 

人口の比率を見ると、日本を1とすると、アメリカは 2.6倍、イギリスは 0.5倍です。日本の感染者数と死亡者数は、圧倒的に少ないです。

 

スポンサーリンク

批判された感染対策

 

日本の感染者数が少ない理由は、PCR検査の実施を制約しているためとも言われてます。医療崩壊を防ぐために、重症者のみにPCR検査を実施したのです。

 

軽症者などは自宅療養で何もしないという対策でした。PCR検査を制限する対策は、批判が多かったです。医師が保健所に対してPCR検査の実施を要請しても実施してくれないという問題もありました。

 

しかし軽症者などに対してPCR検査を実施し、入院患者が病院へ殺到すれば、間違いなく医療崩壊します。この最悪の事態を避ける意味ではPCR検査を制限して成功でした。

 

スポンサーリンク

日本特有の原因

 

新型コロナウイルスの感染対策に有効だった原因として、あまりマスコミでは報道されていませんが、「水」があることは間違いありません。

 

日本は、海外と比べて、清潔な「水」が豊富にあります。日本特有の気候と地形のおかげです。自然の山と川が「水」をきれいにしてくれます。日本の「水」は世界一きれいです。

 

きれいで豊富な「水」による手洗いで、新型コロナウイルスを洗い落とすことができたのです。

 

外国の水は、日本とは比較できないほど、雑菌が多いです。水を飲めない国がほとんどです。日本の水は、海外と比較すると圧倒的にきれいです。

 

「世界一きれいな水」を意識しながら、ていねいに手を洗うことが感染予防に有効です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました