車とオートバイ

スポンサーリンク
F1日本グランプリ

ひとりドライブを満喫!東京から鈴鹿サーキットまでの「F1観戦」

長距離ドライブを楽しむための情報です。F1グランプリを観戦するため、東京から三重県の鈴鹿サーキットまで、マイカーで旅行しました。片道400キロのドライブです。仮眠や休憩をたっぷり入れて、片道13時間でした。安全優先のゆったりドライブでした。
F1日本グランプリ

あなたは仲間を裏切れますか?ベッテルの「マルチ21」問題とは

2013年F1マレーシアGPでの「マルチ21」事件です。ベッテルは、レッドブルチームからの命令「マルチ21」を無視して、ウェーバーを追い越して優勝しました。ベッテルの仲間を裏切る行為は、後味の悪いものでした。
F1日本グランプリ

これで簡単に宿が探せる、「F1日本グランプリ」では離れた場所が穴場

鈴鹿サーキットでF1開催期間の宿を探す 2012年6月3日(日) そろそろ、鈴鹿サーキットで行われる、F1の宿を探す時期になってきました。 三重県か愛知県あたりから探します。 ナビで調べると、東京から鈴鹿サーキットま...
F1日本グランプリ

これこそが正しい戦い方、世界最高峰F1ドライバーの走り方を比較

F1ドライバーの、気持ち良い綺麗な走りの解説です。2012年のF1バーレーングランプリでは、セバスチャン・ベッテルが優勝し、キミ・ライコネンは2位でした。しかし2人の速さを比較すると、ライコネンの方が速かったです。走りで性格が見えます。
F1日本グランプリ

まさか、ノーブレーキで、コーナーに突っ込むなんて、ベッテルの走り

F1レーサーのベッテルが速い理由です。2011年、鈴鹿サーキットでF1を観戦しました。目の前を走るベッテルとバトンのドライビングの違いを感じました。ベッテルは、ためらいなくコーナーへ突っ込みます。その走りは圧巻でした。天性のものを感じました。
F1日本グランプリ

なぜ人は「旅」が好きなのか? ひとり長距離ドライブで「2011 F1観戦」

2011年「F1日本グランプリ」の観戦記録です。東京から三重県の鈴鹿サーキットまで、愛車「レガシィB4」で往復しました。片道400キロのドライブです。休憩しながらの走行時間は6時間でした。帰りは、仮眠を多く取り12時間でした。
スポンサーリンク