mynsworld

レヴォーグ

レヴォーグの値引き、最新の安全装置アイサイトが買い替えの決め手

新車の値引はいくらぐらいが妥当なのかわかりません。実際に新型レヴォーグD型の見積書による値引額と交渉の記録です。アイサイト3はバージョンアップして、アイサイト・ツーリングアシストになりました。ステアリング操作も自動になったので、ほぼ自動運転です。
2018.12.12
レヴォーグ

アイサイト・ツーリングアシストの安全性、ぶつからない車とは

アイサイト3からアイサイト・ツーリングアシストへ ついに、新しいアイサイトが公表されました。 2017年6月20日頃、スバルのホームページを見ると、新型LEVORGの写真を背景に、「アイサイト・ツーリングアシスト誕生」と発表され...
2018.12.12
レヴォーグ

レヴォーグのもたつきを解消するアクセルペコペコとボクサーサウンド

レヴォーグ(VM4D型)のインテリジェントモード発進時「もたつき感」を解消する「アクセルペコペコ」の詳しい解説です。「アクセルペコペコ」によってエンジン音まで変わりました。ボクサーサウンドが復活したような感じになる参考情報です。
2018.12.12
スポンサーリンク
レヴォーグ

アイサイトは新型レヴォーグが最新、排気量は1.6か2.0

レガシィB4からの買い替え 現在の車、レガシィB4は、2008年4月に新車で購入し、今年で9年経過しました。そろそろ買い替えを検討しようと思っていたところ、アイサイト3のバージョンアップの情報が入りました。 ディーラーからの情報では...
2018.12.12
レヴォーグ

レヴォーグのAVHでブレーキ操作が軽減、アイドリングストップで節約

レヴォーグに搭載されているAVH(オートビークルホールド)はブレーキを自動で保持してくれ、とても運転が楽になります。赤信号や一時停止のときにブレーキを踏み続ける必要がありません。その効果の大きさやアイドリングストップなどの感想です。
2018.12.12
レヴォーグ

レヴォーグ1.6GTと2.0GTを選ぶとき、実際の300PSと170PSの違いとは

レヴォーグを購入するときに、1.6GTと2.0GTのどちらを選ぶか迷ったときの参考情報です。実際に1年間1.6GTに乗ってみると、170PSでパワー不足を感じたことはありません。しかし、サーキット走行するなら2.0GTがおすすめです。
2018.12.12
レヴォーグ

アイサイト・ツーリングアシストのアクティブレーンキープ機能の感想

アイサイト・ツーリングアシストのアクティブレーンキープ機能の解説と実際の感想です。レヴォーグ 1.6GT EyeSightを2017年9月9日に購入し、1年間アクティブレーンキープ機能を使用しました。ほぼ自動運転の最新機能に驚きました。
2018.12.12
レヴォーグ

バンパーの傷を自分で修理する方法、3万円の修理費用を6千円に節約

新車レヴォーグのバンパーこすり傷を自分で修理した方法です。スバルのディーラーの見積もりでは、修理費用3万円でした。6千円で修理用品を購入しdiyで修理しました。
2018.12.12
レヴォーグ

ドライブレコーダーの安全性を正しく理解、前後カメラの効果と選び方

ドライブレコーダーの効果についての解説です。悪質なドライバーによる嫌がらせから見を守ることができます。自分や家族の安全のために必須のドライブレコーダーです。そして車の後部に「ドライブレコーダー録画中」のステッカーを必ず貼ることが大切です。
2018.12.12
レヴォーグ

5年間使えるはずのバッテリーが、わずか3週間でダメになった原因

新車のときに注意したいのがバッテリー上がりです。納車された直後は、ルームランプのスイッチに慣れてません。ついランプを消し忘れてしまうのです。納車後わずか3週間で、レヴォーグのバッテリーを交換しました。3万6千円の出費はかなり痛いです。
2018.12.12
レヴォーグ

アイサイトの安全性、レヴォーグを選んだ理由と下取りで注意すべき点

アイサイトについての解説です。レガシィB4からレヴォーグD型に乗り換えた理由は、アイサイト・ツーリングアシストの登場です。アクセル、ブレーキ、ステアリングが自動制御になりました。事故を起こす前に、安全性の高い車への乗り換えをおすすめします。
2018.12.12
スポンサーリンク