犬が自分の尻尾を噛むときの原因、かゆみやストレスの見分け方

スポンサーリンク
清里丘の上公園ドッグラン
清里丘の上公園ドッグラン
この記事は約4分で読めます。

犬が、自分の尻尾を噛んでしまうときの対処方法です。自分の尻尾を追いかけてクルクル回り、その後に尻尾を噛んでしまいます。円形脱毛症のようになりました。原因は「かゆみ」や「ストレス」です。「かゆみ」が原因のときは、足で耳を搔くことが多いです。

スポンサーリンク

クルクル回る「ジャックラッセルテリア」

 

我が家のジャックラッセルテリアは、興奮すると、自分の尻尾を追い回してクルクル回ります。

 

最初は、自分の尻尾を追い回すなんて、「ちょっと恥ずかしい」と思っていました。しかし、他の犬にも見られる行動でした。犬にとっては習性のようなものかもしれません。

 

2日ほど前、尻尾の一部分が三センチほどハゲていて、皮膚が真赤になっているのを発見しました。尻尾とはいえ、ハゲている部分が円形脱毛症のように毛が抜けています。どこかに抜けた毛が落ちているかと思い、家中をさがしたけど見つかりません。尻尾の皮膚は、真っ赤になっていて、血が滲んでます。おそらく自分で尻尾を咬んだのです。

 

いつものように唸りながら、自分の尻尾を追いかけて、クルクル回り出しました。そして、しばらく回った後に、尻尾を咬んでいます。尻尾の毛が抜けた原因は明らかでした。いつもの尻尾を追う癖が、エスカレートしたに違いありません。

 

スポンサーリンク

尻尾を噛む原因

 

インターネットの検索サイトで「犬 尻尾を噛む」と調べました。たくさんの情報がありました。

 

身体や尻尾を噛む原因として、最も多いのが「かゆみ」でした。そして「かゆみ」を引き起こすのは、ノミかダニが多いとのことです。また「運動不足によるストレス」から噛むこともあるらしいです。

 

我が家のジャックラッセルテリアは、毎日、散歩に行ってます。今は暑いので夜9時くらいが多く、散歩の後は必ずシャワーを浴びてます。ノミもダニもいないはずです。運動もしてるので、ちょっと様子を見ることにしました。

 

スポンサーリンク

症状が悪化

 

翌日、会社で仕事をしていると、たまたま自宅にいた娘から、写真付きのメールが送られてきました。写真には、毛の抜けている部分が広がった尻尾が写っていました。メール本文には、「昨日より症状が悪くなっている」と書いてあります。こうなると心配で堪りません。

 

尻尾の傷が深くなって、化膿したり病気になってしまう可能性もあります。なにせ犬は話せませんから、身体の具合が悪いところを表現できません。そうは言っても、急に会社を休むこともできません。

 

仕事の終わる17時半に会社を出れば、18時半に家に到着します。いつもの動物病院へ行くには、車で30分必要です。つまり動物病院へ到着するのが19時過ぎです。動物病院の受付時間を確認する必要があります。

 

スポンサーリンク

初めての動物病院

 

早速、動物病院の受付時間を調べると、夜間は18:45分まででした。そうなると、会社を定時で終えてから行くのは間に合いません。

 

尻尾の写真を見ると、症状が悪化しています。週末まで待てそうにありません。やはり、今日のうちに病院へ連れて行こうと思いました。再度、夜も受付している別の動物病院をインターネットで調べました。

 

インターネットで検索すると、家の近くの動物病院を探すことができました。初めての動物病院ですが、19時まで診療受付していました。

 

会社を定時に終え、18:40に動物病院へ到着しました。初めての動物病院なので少し緊張します。

 

親切な先生に診てもらうと、おそらく「ストレスが原因ではないか」ということでした。もし、かゆみが原因だとすれば、足で耳を掻いたりする行動が多くなるらしいです。今回は耳を搔くような仕草はありませんでした。

 

ジャックラッセルテリアは、そもそも運動量が多いので、散歩に時間をかけるようにしてください、とのことでした。

 

尻尾を噛まないよう、エリマキトカゲのようなカラー(透明な襟巻)と、塗り薬をもらいました。

 

4千円かかりましたが、これで治れば安いものです。家族と同じです。

コメント