回線速度の比較、有線と無線LANの速度差をフレッツ光で計測

ADSL(26M)から光フレッツ回線に変更したので、有線LANと無線LANで、実際に、どれぐらいの速度差があるのか調べました。

光回線や無線LANの導入を検討している人、ネットワーク回線の速度が遅いのでは、と気になっている人にも参考になると思います。

比較した環境

光回線
光フレッツ+PR-S300NE

フレッツは、光ネクストファミリー・ハイスピードです。最大速度は、データ受信下り200Mbps、データ送信上り100Mbpsです。

無線ルータ
NEC Aterm WR8700N

ノートパソコン 2機種で比較

lenovo G570 802.11/b/g/n

NEC Lavie LC900/s PC-LC900SG 802.11a/b/g/n

測定は、2つのサイトで測定

USEN スピードテスト
BNR スピードテスト

測定結果

lenovo g570

有線接続

USEN 82.77Mbps

BNR  82.93Mbps

有線接続 平均値 82.85Mbps

無線接続

USEN 15.81Mbps

BNR 15.56Mbps

無線接続 平均値 15.68Mbps

無線接続を1としたときの有線接続の速度差 5.28倍

Lavie LC900/s

有線接続

USEN 91.95Mbps

BNR 96.70Mbps

有線接続 平均値 94.32Mbps

無線接続

USEN 21.90Mbps

BNR 32.28Mbps

無線接続 平均値 27.09Mbps

無線接続を1としたときの有線接続の速度差 3.48倍

比較結果まとめ

光回線に切り替える前のADSL(26M)との速度差は、ADSLは7~8Mbpsでしたから雲泥の差です。有線接続より遅い無線接続でも、以前のADSLと比較してスピードは2~3倍あります。

少なくともADSLのときと比較して倍以上のスピードは出ています。

比較した結果、有線LANの方が3~5倍程度スピードが速いことがわかります。

参考 無線Lanの規格

無線LAN規格   最大通信速度   周波数帯

IEEE802.11ac   6.9Gbps   5GHz帯

IEEE802.11n   300Mbps   2.4G帯/5GHz帯

IEEE802.11a   54Mbps   5GHz帯

IEEE802.11g   54Mbps   2.4GHz帯

IEEE802.11b   11Mbps   2.4GHz帯

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告