Windows7からWindows8へアップグレードするメリットは軽快さ

タッチ画面でないとWindows8の意味がない

2012年10月26日(金)

ついにWindows8が発売になりました。

25日深夜には、秋葉原でも盛大なイベントが開催され、大勢のWindowsファンが集まったようです。

Windows8の評判を調べると、まず、画面タッチによる操作が可能なパソコンは、iPadやスマートフォンなどのように、指で操作する機能が追加されたので、かなり使いやすくりなりますが、従来のマウスを使用するパソコンでは、期待するほどの操作性は向上しないらしいです。

ネット上では、ディスプレイがタッチ画面に対応していないとWindows8を導入する恩恵はないという評価が大多数です。

私も、自宅のパソコンがWindows7なので、Windows8を導入しようかどうか迷っていたところ、発売日当日に、近所の店でマクロソフトのスタッフがデモを行っていたので詳しく話を聞きました。

Windows8のメリット

店頭デモをしていたマイクロソフトのスタッフ(実際はアルバイトのような人たちで、今回のWindows8の店頭デモ用に訓練を受けたらしい。)の話です。

ディスプレイにタッチ機能がなくても、マウスで全く同様な操作ができるので問題はないこと。それよりもWindow8のすごいところは、動作が軽く、一昔前のパソコンでも快適に動くことだそうです。

スタッフの人が言うには、WindowsXPよりもWindow8の方が動作が軽いので、軽快に動作するし、Window8の独特のデスクトップ画面(大きなボタンが並んでいるデスクトップ画面)は、従来のデスクトップ画面とワンタッチで切り替えられるので、違和感なく使えるそうです。

指でのタッチ画面操作だけでなく、従来のマウス操作で全く問題ないこと。

そして動作が軽いこと。

簡単に言うと、Window8は、今までのOS(Windows7、Windows Vista 、Window XP)よりも軽快に動作することです。

さらに、今はキャンペーン期間中で、最上位のOSである、Windows 8 Pro を信じられないくらい安く購入できるのです。

Windows8はキャンペーン期間中が得

確かに、現在はキャンペーン期間中で、最上位のWindows 8 Pro が店頭のパッケージで6,090円(税込み)、税抜きで5,800円、ダウンロード版が3,300円という驚きの価格です。

このキャンペーンの対象期間は、2012 年 10 月 26 日から 2013 年 1 月 31 日までなので、その後は高くなるのかも知れません。

我が家のパソコンにはタッチ画面の機能はついてない。
どうしようか・・・

でも3,300円でバージョンアップできるなら安い。

海外ではWindows 8 Pro アップグレード版(DVDパッケージ版)の通常価格が199ドルとの情報もありますから、1万円くらいになりそうですし、来年1月末までしか安くならないなら買うしかないです。

(2017年9月のWindows 8 Proは、18,018円(税込み)ですので、相当安かったです。)

かなり悩んだ末に結局Windows8を購入する決心をしました。(早っ!)

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告