ラジコンヘリの本格的シミュレーター 、ドローンの操縦も可能

リアルフライト7とは

少し高価な趣味ですが、ラジコンヘリや飛行機を飛ばしたいと思ったことはありませんか。

本格的な電動ヘリコプターは、六万円くらいします。そして、最初はホバリングさえ困難で、間違いなく墜落させてしまい、部品交換で数万円必要になります。

そこで、おすすめの方法として、シミュレーターから始めるのが、最良の選択になります。

このリアルフライト7は、パソコン用ソフトで、実際のラジコンヘリやラジコン飛行機、ドローンを飛ばすのと同じ感覚で操作できます。

操縦技術を学ぶためにも必須のシミュレーターです。

私は、以前、キーエンスの電動ヘリを6万円で購入したのですが、操作が十分にできず墜落の連続で、結局、ホバリングもできないまま、壊れてしまいました。

そこで、シミュレータで訓練が必要と感じました。

実物とシミュレータの違い

以前所有していたキーエンスの電動ヘリとリアルフライト7の比較です。

プロポの操作感は、両方とも全く同じです。

初心者は、ヘリコプターが離陸すると、それだけで極度に緊張して、パニクってしまいます。この感覚も両方とも全く同じです。

最初の頃は、緊張の余り2分くらいの飛行時間でクタクタに疲れます、この疲労感も同じです。

操作ミスによる墜落も、リアルフライト7は、衝突音、破損部品の飛び散り方など実機と同じです。墜落するとヘコミます。

明らかな違いは、リアルフライト7のメリットとも重なりますが、飛行スペースを考える必要がないこと、破損部品の購入が不要なこと、充電が不要なこと、夜間でもヘッドフォンで飛ばせることです。

リアルフライト7のメリット

一番のメリットは、パソコン上でのシミュレーターなので、リセットできることです。

墜落した際の修理も部品購入も不要です。ただ、墜落時の破損映像もリアルなので、気持ちがヘコミますが。

そして、充電不要なので、飛行時間を気にせずに、何度も繰り返し飛行できることです。

リアルフライト7のデメリット

ほんとに実機と同じなので、デメリットはありません。

強いて言えば、パソコンの性能が求められることくらいです。

動作環境

リアルフライト7は、高性能なノートパソコンあるいは、性能の良いグラフィックボードのあるデスクトップパソコンが必要です。ゲーミングマシンと言われるパソコンであれば問題ありません。

私の使用している、デスクトップパソコンです。これなら実機と同じに動きます。

Haswell Refresh Core i7 ゲーミング キット

CPUは、 CORE i7-4790(3.6GHZ 8M HASWELLREF)

メモリは、8GB

グラフィックは、 ZOTAC GEFORCEGTX760 2GB FF

ハードディスクは、2TB

OSは、Windows 10

価格は、129,500円、税込は139,860円です。

リアルフライト7 購入データ

怪しげな手数料が入ってますが、一番安かったです。
購入日時   : 2014/03/20
==============================
商品名    : リアルフライト7 ヘリ&飛行機 RCフライトシミュレーター(モード2仕様USBコントローラー付)
商品番号   : GPMZ4500
販売価格   : 19,800円
数量     : 1

商品合計   : 19,800円 (うち消費税:943円)
送料     : 630円
手数料    : 1,022円
合計     : 21,452円




関連コンテンツ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする