実機と同じリアルフライト7に感動

リアルフライト7着陸

ついにリアルフライト7(モード2仕様、US版)が到着しました。

並行輸入品なのか良く分かりませんが、値段は19,800円、送料が630円の合計20,430円でした。

双葉のサイトでは、最新型FUTABA正規品、国内限定最新モデル6.5が27,405円で販売されていて、そちらにしようか迷ったのですが、英語の勉強にもなるし、最新型のバージョン7にしました。

また、コントローラーをモード1(日本仕様)にしようか、モード2(アメリカ版)にしようかも迷いましたが、世界標準のモード2にしました。

ラジコンヘリが墜落した思い出

10年ほど前に、室内用のラジコンヘリ、キーエンス(当時6万円くらい)を無謀にも衝動買いし、妻に怒られながらも、深夜に自宅の狭いリビングでホバリングさせようとしましたが、すぐにクラッシュし、あっと言う間に粗大ゴミになってからは、電動ヘリを諦めていました。

ところが、先月あたりから急に、昔の懐かしい思い出が甦り、またヘリを飛ばしたいと思い、懲りずに衝動買いしてしまいました。

今度はシミュレータで十分に腕を磨いてから実機にします。

リアルフライト7をノートパソコンにインストール

自宅に届いたリアルフライト7を早速ノートパソコンにインストールし、動かしました。

リアルフライト7をインストールしたノートパソコンの性能は次のとおりです。

NEC Lavie LC900/S

型番PC-LC900SG、

Windows7

CPU  Core 2 Duo 2.4GHz

ビデオ GeForce 9600M GS

ビデオメモリ16MBです。

一昔前のノートパソコンですが、動作は軽く、リアルフライト7は実機のように動きました。

ほんと、そのリアルさ、動きにびっくりしました。

リアルフライト7の映像と操作感覚は実機そのものです。

昔使っていたヘリのシミュレーターは、やはり、実機とは違い、かなり簡単に飛ばせましたが、このリアルフライト7は簡単に飛ばせません。すぐにクラッシュし部品が飛び散ります。

クラッシュ映像もリアルです。

これは、真剣に訓練すればRCヘリの操作技術が身に着くと思います。

今日から、リアルフライト7の特訓に入ります。

でも、いつも夕飯にビール飲んで眠くなってしまうので、週に1回から2回くらいしか練習出来ないのですが。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告