テザリングでXperia SO-01Bをパソコンと接続、Barnacle Wifi

テザリングが可能なスマホ

Xperia SO-01Bは、Root化することによって、テザリングができるようになります。

テザリングは、スマホ自体にWifiルータ(有線ではモデム)のような機能を持たせ、パソコンやゲーム端末などを、Wifi接続でインターネットに常時接続できるようにすることです。

外出先で、ノートパソコンをインターネットに接続したいときに威力を発揮します。

このデザリング機能を利用できるようにすれば、Xperia SO-01Bさえあればインターネット環境が構築できてしまいます。

つまり、プロバイダとの契約は不要になります。

最初にRoot化

さて、その方法ですが(Root化は自己責任でお願いします。)

まず、z4rootでRoot化します。

Z4rootを起動すると、Superuserリクエストを要求する画面になりますので、記憶するにチェックして許可します。

screenshot_7.jpg

Root化を終えると、メニュー画面にSuperuserのアイコンが表示され、Z4rootは次のようになります。

Superuser.jpg

screenshot_8.jpg

Barnacle Wifi Tetherインストール

次にPlayストア(旧Androidマーケット)で「Barnacle Wifi Tether」を探してインストールします。

インストールしたら「Barnacle Wifi Tether」を起動します。

「SuperUser権限を許可するか?」みたいな確認が表示されたら「許可」をクリックします。

起動したら、メニューボタンを押して設定です。

WEPは、うまく動かないようなので、とりあえず「Access Control」だけはチェックしておきます。

screenshot_18.jpg

設定を閉じたら「Start」ボタンを押します。

screenshot_12.jpg

これで、テザリングが開始されました。

ノートパソコンやゲーム機などの接続したい端末側で、SSIDを選んで接続した後に、「Barnacle Wifi Tether」のClientsタブを開き、

接続したい端末の接続を許可すればOKです。

Xperia側の接続方法

1.z4rootを起動してルート化する。(通常メニューから選択)

Temporary Rootボタンを押すだけ
USBデバッグをONにしておく。

2.Barnacle Wifi Tether
最初に一度だけ設定

Skip wpa-supplicantにチェックを入れます。

その他は特に設定なし

screenshot_17.jpg

クライアントタブに、端末名が表示されれば接続開始です。

トラフィック画面で通信量がわかります。

もし、つながらない場合、パソコン右下のネットワークをクリックして、ネットワークと共有センターを開き、左メニューのアダプター設定の変更をクリック、ワイヤレスネットワークのプロパティで、プロトコルがIPアドレスを自動で取得(DHCP)になっているか確認します。

固定IPアドレスは、ネットワークが相違して接続できませんので注意してください。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告