Windows7への移行は、身軽にしないと、ものすごく大変です

2009(平成21)年10月にリリースした、Windows7への移行に関する記事なので、古い内容です。

Windows XPからWindows 7への移行

WindowsXPからWindows7へ移行するときに、一番厄介な問題は、過去の保存データの移行です。

文書や表、パワポデータなどは、マイドキュメントなどの一つのフォルダの中にファイルが保存されているの、そのフォルダ内をUSBメモリーや外付けハードディスクにコピーしてバックアップすれば大丈夫です。

メールデータのバックアップで6時間

大変なのが、メールデータのバックアップです。

特に、仕事で使っていたメールは、何千通も過去の重要なやりとりが記載されています。

この過去のメールデータをコピーするのが一苦労です。

私は、先日、職場のパソコンを自分でWindowsXPからWindows7へ移行したのですが、朝10時に開始してWindows7のインストールを終えたのが、夕方18時でした。

実質8時間かかったわけですが、そのうち、過去のメールデータのコピーで6時間かかりました。

Windows7のインストールに1時間、メールの復元と社内ネットワークのプリンター設定に30分ほどかかりました。

つまり、過去のデータを考えなければ、Windows7への移行は、1時間から2時間で完了します。一番大変なのは過去のデータのコピーです。

2014年の3月までには、Windows7への移行が必須です。

12月中にパソコンのデータを整理して、可能な限り過去のデータを少なくしてから、Windows7への移行を行うのが良いです。

バックアップに時間がかかると、なんか、人生を無駄にしてる気がします。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告