ウォーキングで脂肪燃焼に挫折した理由、運動が老化を早めるケース

35歳から、急に太り始めました。ウオーキングで脂肪を燃焼させようとしましたが、すぐに飽きてしまい、挫折しました。

根性が足りず、努力が足りず、今や体重が65キロから85キロになってしまいました。

激しい運動でダイエット

30代ぐらいまでは、激しい運動で筋力をつけて、脂肪を燃やしダイエットすることができます。

私は、35歳まで、いろいろなスポーツを楽しんでいました。会社のスポーツチームで、野球、バレーボール、サッカーを楽しんでいました。

その頃は、身長180cmで体重65kgと、ガリガリに痩せていたので、脂肪とは無縁の生活でした。

むしろ、脂肪や筋肉をつけて、もっと太りたいとさえ思っていました。

ガリガリに痩せていたので、男なのに、ひ弱に見られてしまい、むしろ、太って貫禄のある人の方法が羨ましかったです。

この頃は、いくら食べても太らないので、ビールも食事も、満腹になるまで、動けなくなるくらい食べてました。

ところが、仕事が多忙になり、スポーツを止めたとたんに脂肪が蓄積し始めました。

なんと1年間で、体重が10kg増え、その後も順調に増え続け、今は肥満の世界へ入ってしまいました。

体重の推移

大まかな体重の推移です。

身長 180cm
年令  体重kg

20歳   65kg
36歳   75kg
45歳   80kg
57歳   85kg

(身長180cmに対する標準体重は71kg)

体重の増え方を見ると、最初に、ほぼ一年という、短期間で標準体重を突き抜けて、肥満になってます。

標準体重の時期もあったのですが、瞬きする瞬間くらいしかありませんでした。

ハッキリ言って、標準体重の時期は、自分でも記憶にありません。

居酒屋でダイエットをリセット

肥満の原因は、カロリーの取りすぎなので、食事の量を減らそうとしましたが、三日坊主で長続きしませんでした。

仕事のつきあいで、居酒屋でビールを飲みながら、ツマミを食べてしまうとと、「まあ、カロリーを抑えるダイエットは、この次から始めよう」などと思ってしまい、月に二回はリセットしてしまうので、全くダイエットになりませんでした。

そんなある日、「脳内革命」という、昔流行した本を読みました。

すると、驚くことばかり書いてあって、目からうろこが落ちました。

運動が老化の原因

40代からは、激しい運動をすると、老化を早める物質が体内にできるらしいのです。

つまり、過度な運動は、老化を早めてしまいます。

脂肪を燃焼させるためには、激しい運動ではなくて、ゆっくりとした、ウォーキングを長時間(20分以上)行うことが効果的とのことです。

そして、そのウォーキングのときには、頭の中で楽しいことを考えて歩くこと、楽しみながら歩くと効果があるとのことです。

早速、ウォーキングを開始しました。

昼間は仕事をしていますが、それでも昼食時間帯に15分以上歩くように心がけます。

早く帰宅したときや、土日は家の近くを散歩します。

散歩は、ストレス解消にもなり、良いことばかりです。

ウォーキングは効果なし

人によって違うと思いますが、私の場合は、ウォーキングしても、ダイエットに効果ありませんでした。

ウォーキングを始めたのは、45歳の頃からで、すでに10年以上、週二回ほどウォーキングしてますが、ダイエットに効果はありません。体重は増え続けています。

ウォーキングでダイエット効果を得るには、回数と量によると思います。

一回30分のウオーキングを週二回では、ダイエット効果ありませんでした。

ただし、ウオーキングは、気分転換にはなるので、毎日続けると元気になります。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告