自動ログインで起動時のパスワード入力を省略、自動ログオン方法

サクサクと起動する方法

Windows10、Windows7、WindowsXPなどのWindowsパソコンを、電源スイッチを押して、すぐに使えるようにする方法です。

起動時のパスワード入力を省略し、サクサクと起動します。

ただし、セキュリティが弱くなるので、自宅だけで使うパソコンの設定としておすすめです。

また、自動でログオンできるようにしたり、その都度パスワードの入力を求める方法もまとめました。

海外旅行や国内旅行などで、ノートパソコンを持ち出す場合は、起動時のパスワード入力は必須です。盗難に遭ったときにパソコンのデータや個人情報が盗まれてしまいます。

セキュリティに厳しい会社では、情報漏えいは、すぐに懲戒解雇ですから、十分にパスワード設定しましょう。

私は、パスワードを忘れないように携帯電話にメモしてます。もちろん自分だけの暗号でメモしています。

パスワードを求める方法

パスワードを入力するように設定(セキュリティをかける設定)

Windows 10、Windows 7、Windows XP 共通の方法です。

スタート ⇒ ファイル名を指定して実行 ⇒ 「cmd」と入力して、黒いDOS画面

「control userpasswords2」をコピーする。(クリップボードに入れておく)

黒いDOS画面で右クリックして、「control userpasswords2」を貼り付ける。(入力しても良い。)

実行キーを押す

すると、オプションダイアログが表示されます。

[ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要] チェック ボックスをチェックする。

パスワード省略、自動ログオン

自動でログオンできるようにする方法は、上記と同じ設定画面です。

「control userpasswords2」を実行したときのオプションダイアログで、

[ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要] チェックボックスのチェックを外します。

Windows7とWindows XP の違い

スタート画面の入力欄がXPでは「ファイル名を指定して実行」だったのが、7では「検索画面」に変更されています。

Windows7の場合には、cmdを先に入力します。

cmd

(cmd.exeを起動してコマンド入力画面にする。)

control userpasswords2 を入力(コピーしてからコマンド入力画面、黒い画面で右クリックして貼り付け)、Enterキーを押す。

すると、上記の設定画面になります。

USBメモリーなどのセキュリティも注意しましょう。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告