節電になる、おすすめのLED照明

節電と定年後のためにLED照明

家の新築を計画したのは、2013(ら平成25)年6月でした。2011(平成23)年3月に発生した、福島第一原子力発電所事故の後でした。

原子力を頼らないよう、また、定年後の生活も考えて、節電をかなり意識していましたので、新築するなら絶対LED照明と考えていました。

LED照明に健康被害はあるか

当時は、LED照明が安くなりつつあり、広く普及している途中で、LED照明に対する心配の声は、それほど聞きませんでした。

しかし、アスベストの例もあります。夢の建材が、一転して、発がん性物質に変わりました。

LED照明は、本当に健康被害の心配はないのか、ブルーライトによる影響はないのか等の情報は、インターネットに少し記載されているだけでした。

まだ、事例が少なくて、噂レベルの信頼性でした。

また、ブルーライトは、調光によって調節可能ですし、もし、健康被害が心配されるなら、これほど爆発的に普及しないはずと考えて、我が家は、LED照明化しました。

調光可能なライトは、全て調光可能なライトを選択しました。

我が家は、新築によって、広さが二倍になりましたが、電気代は安くなりました。

LED照明は電気代が安くて、明るさや色あいも自由に設定できるので良いです。

また、リビングなどに設置するLED照明は、リモコンに防犯モードが付いているタイプをおすすめします。

家族旅行で、家を留守にするときに、朝起きる時間帯や夜寝る時間帯に、自動的に電気がついたり消えたりするので、泥棒も入れません。防犯上もばっちりです。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告