大型二輪教習所の不安とは

乗れるか不安でたまらない

いよいよ、大型自動二輪の教習を始めます。教習所に申込してから1週間後に技能教習を予約しました。予約はパソコンやスマホから簡単にできました。

この1週間は、ようやく大型オートバイ、750ccに乗れるという楽しみと、54歳にもなって、ほんとに乗れるだろうかという不安との葛藤がありましたが、あまり真剣に考えず、遊びのつもりでチャレンジすることにしました。

そもそも、大型自動二輪を使って仕事するわけでもなく、なくても生活は困りません。大型自動二輪の免許が取れたとしても、おそらく家族に反対されオートバイも買えないでしょうから、完全に教習所は遊び感覚です。

事故の思い出

ようやく、初めての技能教習が始まります。

思い返せば、今から30年ほど前に、ハスラー250というオフロードのオートバイで出勤途中に事故を起こし、当時は恋人同士だった現在の妻に、それ以降はオートバイに乗るのを大反対され、オートバイは断念していました。

私の趣味は、オートバイだけでなく、車の運転も好きでした。もともとドライビングが大好きでしたので、オートバイがなくても車があればで十分楽しめたのです。

湧き出る不安

初めて、大型自動二輪の教習1時限という現実を前にして、1週間前から緊張し不安が湧いていました。

30年間、一度もオートバイに乗っていませんから、もう初心者と同じで、アクセルもブレーキもクラッチも身体が反応しないかもしれない?

昔の中型自動二輪免許は持ってますが、54歳ですから、もはや初老の身体で、750という重いオートバイを起こせるだけの体力があるだろうか?

教習所の周りの生徒は、若くて運転の上手い学生たちで、年寄りと笑われないだろうか?

教官が若くて生意気な奴だったらどうしよう?

それよりも、ほんとに卒業できるだろうか?

一週間の間、あれこれと悩んでしまいました。

しかし、大型自動二輪免許に挑戦しようと思ったきっかけは、F1が面白くなくて、自分の楽しみがなくなったことでした。

ストレス解消できる良い趣味を見つけようとオートバイを考え、レンタルで借りるよりも教習所に通ったほうが安全で得だし、日常の刺激にもなるし、自分にプレッシャーかけて鍛えることもでき、楽しめそうと思ったのでした。

楽しむための教習所

そこでポジティブに考えました。

昔、トライアルやモトクロスなどのまねごとしていたし、ハスラー250では、林道をカウンター当てながら走ったり、ウィリーなどのヤンチャなことをしていたのですから、ほんとに初めての人よりは、運転が上手いはずです。

もしかしたら、教官より上手いかもしれません。

F1のシューマッハも二輪でレースに出ていたし、自分は現役の(マイカーですが)30年運転経験あるドライバーなのだから、学生などの若い人たちに負けるはずない、そう前向きに考えるようにしました。

そして、不安を感じたときは、すぐに楽しみと考えるよう意識しました。

何しろ、生まれて初めて750(ナナハン)に乗れるのです。

ポジティブに考えるよう意識しているにもかかわらず、気を抜くと、不安感と緊張に襲われてしまう、自分の気の小ささに改めて驚いてしまいました。

広告