教習1時限、初めての大型二輪の感想

オートバイ乗る前のプロテクター

9月27日(土)

適性検査を無事にクリアーし(実際は半分くらいしか回答できませんでした)、ついに大型二輪の技能教習開始です。

最初に、配車手続き受付のため、ICリーダーにスマホをかざして、事前にネットで予約した配車受付票をプリントアウトしました。

教習原簿というファイルに受付票を挟み込み、二輪専用の待ち合い室へ行きました。

待合室は、プレハブ作りの20畳ほどのスペースで、パイプ椅子が並べられ、テレビがあります。すぐに教官らしい人が来て、乗車前の準備を教えてくれました。

まず、膝あてと肘あてのプロテクターを着けます。まるで、ローラースケートのようです。

次に、胸当てとゼッケンを着けます。そしてヘルメットとグローブを着けて準備完了です。

かなりの重装備ですが、これなら、転んでも怪我しないでしょう、安全です。

でも、はっきり言って、かなり動きにくいです。

ついに、教習1時限開始

教習時間になりました。

初めて、大型二輪、ナナハン(750cc)のオートバイに乗るのです。かなり緊張してきました。

背の低い、若い教官から、「前に乗っていましたか?」と聞かれ、ほんとは30年ぶりなのですが、見栄を張り、「20年ぶりにバイク乗ります」と言ってしまいました。

なんで、こんなところで10年のサバをよんだのか不思議です。

最初は、教習所で使用するオートバイの説明でした。

アクセル、クラッチ、ブレーキ、スイッチ、方向指示器などを実際にオートバイに触れながら丁寧に説明してくれました。

緊張していたのと、ヘルメットのせいで、よく聞き取れませんでしたが、素直に「はい」「はい」とカラ返事をしました。

押し歩きで重さを感じる

次に、エンジンはかけずに、オートバイを押して歩きます。少し曲がったりして、重さを感じてください、とのことでした。

ハンドルを持ってから、スタンドをはずし、ゆっくりと歩きますが、ほんとに重いです。少し傾くだけでかなりの荷重がかかります。倒れたら悲惨だなと思いました。

10メートルほど歩き終えたところで、今度は教官がオートバイを横に倒します。

倒れているオートバイを起こす練習です。教官が、ゆっくりと説明しながら実演してくれました。

低く屈んで、シートを前に押すような感じで、なんとか起こすことが出来ましたが、かなり重かったです。やっと起こせたという感じでした。

重すぎてスタンドできない

次に、スタンドの練習です。オートバイを後ろに引きながら持ち上げて、スタンドを立てるのですが、なんと、全くできずに焦りました。

オートバイが重くて持ち上がらず、スタンドが立てられないのです。

やはり、54歳ともなると筋力が劣っているのでしょう。

冷や汗を吹き出しつつ、あたふたして、教官に少し手伝ってもらいながら、ようやく、スタンドを立てることができましたが、同時に、自分の筋力の衰えに、かなりショックを受けました。

後で気付いたのですが、スタンドを立てるときは、オートバイを上に持ち上げようとするのではなく、後ろに引くように力を入れれば、上手くいったのかもしれません。

もう、ここら辺で、疲れと緊張はピークでした。

そして、次に、いよいよ、オートバイに初乗車です。

オートバイに跨がる前に、後方確認します。

足を上げる前に、後方を見て(オーバーアクション気味に、おおげさに、ヘルメットを後方へ向ける)から跨がります。

オートバイに跨ってから、左右のバックミラーを調整します。もし調整が必要ないとしても、教習の手順として、必ず、バックミラーに手をあてます。

右足のブレーキを踏み、左手のクラッチを切り、右手でスイッチを入れます。

スイッチを入れて、ニュートラルのランプを確認してから、セルスイッチでエンジンスタートします。

エンジンスタート

低い静かなエンジン音でした。人生初の大型二輪です。ワクワクしてきました。

最初は、教官が走り出すので、しばらく後を追います。

走りだしの半クラッチも、30年ぶりでしたが、身体は感覚を覚えていました。

教習所のコース外回りを、ゆっくりと走ります。

短い直線は2速、長い直線は3速まで入れて30Km走行です。アクセルを時々煽り、オートバイの加速を楽しみながら走ることができました。

後半になると、坂道発進したり、八の字のように、大きくゆっくりと曲がる練習に入りました。

流石にオートバイは重くて、思い通りの走行ラインは取れず、曲がるときは、いつも大回りになってしまいました。

アクセルの反応も、慣れていないので、ガクガクした運転になってしまいました。

まあ、それでも、何とか乗れました。

高校生時代の夢が、54歳で初めて叶い感無量です。

一時限の教習は、緊張もあってか、直ぐに終わった感覚でした。

最後に、教官から、「まあ、これだけ乗れれば大丈夫でしょう。」とお褒めの言葉を頂き大満足でした。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告