公務員と競争社会

公務員を目指す人たちに共通するもの

1991年にバブルが崩壊した日本経済は、、それまでの安定的な経済成長から、一流企業までもが一瞬にして倒産する不安定な社会に突入しました。

公務員になろうとする人たちの動機や性格が、社会状況により変化するのは自然で、それでこそ実態社会に近い感覚による、地に足の着いた効率的な行政サービスが可能となります。

右肩上がりの経済成長が持続していた1980年代は、公務員を目指すということは、自分の潜在能力を捨て、将来的な可能性を放棄することを意味していました。

公務員になり、安定を求めて小さな幸せに満足するか、民間企業に入り、数々の競争の中で成功を勝ち取り、人生の勝者になるか、という人生の選択でした。

公務員のイメージ

公務員のイメージは、市役所に代表されるように、きれいな七三分けで、白いワイシャツに紺色のネクタイを締め、分厚いレンズの黒縁メガネを机の上の書類に向けながら、猫背で印鑑を押しているような姿です。

朝9時から夕方5時まで机に座る毎日で、将来の夢など全く考えず言葉にする者もいません。仕事を頑張るとか努力するとかいった積極性は皆無です。

生きている意味があるのかと疑うほど、無気力で退屈な日々を送ります。

学生時代のスポーツ

女性は、もともと本質的に競争を好まず、安定を求める性格の人が多く、緻密で丁寧で、豊かな感性を持っています。

古い考えの人から見ると、競争を好まない男性は、精神力の弱い人、努力をしない人、消極的な人、がその典型で、中学生や高校生時代にスポーツ系の部活動を経験していない人が多いです。

学生時代にスボーツの経験が必要な理由は、集中力の鍛練、反射的に自然と身体が動く訓練、場面展開に応じて次の行動を予測する思考の訓練、チームプレーなど相手を信頼したり助け合う協調性の大切さを深く認識する訓練、そして本能的に競争することによって自分自身の能力をレベルアップしようとする、積極的に努力する姿勢が育まれることにあります。

高校や大学を卒業し、会社に就職するための面接で、学生時代の部活動経験を聞かれるのは、会社という組織の中で、協調性を持って仕事に集中し取り組む基本姿勢が、学生時代に培われているかを見極めるためのものです。

野球部やサッカー部、柔道や剣道などを経験している人が、就職試験に合格しやすいのは、このような理由によるものです。

経済成長が続いていた1980年代は、就職率が80%前後で推移していましたが、1991年頃から就職率は60%にまで落ち込みました。経済が停滞し不況になるにつれ、就職率が悪化したのです。
景気による就職率の変化に伴い、公務員を志望する人たちも多くなりました。

1991年以前は、就職率も80%前後と高く、民間企業への就職が容易でした、この頃は公務員を志望する人は、いわゆる安定志向で競争を好まない人たちが多かったのです。

1991年以降は、民間企業への就職試験に合格しなかった人たちが公務員試験に合格するケースが多く、競争を好む人が多くなってきました。

公務の世界では、偏った人員配置、例えば、東京大学卒業の人たちばかり、野球部の人たちばかり、男性ばかり、女性ばかりなどの職場は致命的になります。

公務員に求められるものは、現在の社会で多くの人たちが何を求めているかを感じ取り、その要望に応えていくことです。国民の多くの考えが普通を意味します。

普通の考えを持つ人が、公務員であるべきなのです。

いろいろな考え方を持つ公務員存在することによって、様々な考え方に触れ、相互に影響し、バランスを保持します。そしてより良い行政サービスに繋がります。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告