格安スマホをおすすめする理由、乗り換えランキングとデメリット

格安スマホのデメリットを試すため乗り換え

我がスマホ生活も、2010年に初めてXperiaを購入してから6年経過しました。

その後は、ほぼ1年くらいで新機種の魅力に負けて買い換えてきましたので、かなりの出費でした。2010年4月から2016年9月までの6年6か月の間に5台のスマホを使用しました。

そして最近では、「格安スマホ」という言葉を耳にすることが多くなりました。テレビCMやニュースの特集などでも、少しだけデメリットもあって、品質に目をつぶれば、何しろ、かなり安くスマホが利用できるとのことでした。

どのくらい安くなるのか気になり、実際にネットでいくつか調べてみました。すると、ほんとに安そうです。

現在は、Docomoのスマホで、毎月8000円程度の電話料金ですが、格安スマホに移行すれば半分以下になりそうです。

ひとり4千円以上節約でき、家族3人で毎月12,000円ほど安くなれば年間14万円節約できます。これはかなり大きい金額です。毎年ノートパソコンを買えます。ハワイ旅行できる金額です。

ところが、格安スマホのデメリットとして、混んでいるとインターネットの通信速度が遅くなる問題やスマホの端末機種が限られてしまい最新機種が使えなかったり、中国製の端末しか選択できず、性能が劣るような機種しか使えない、という情報がありました。

これらの評価は、ネット上の噂に過ぎないのかどうかは、実際に体験してみないとわかりませんが。

そこで思い切って、docomoスマホから格安スマホに切り替えることを決断しました。

格安スマホのランキング

格安スマホは、かなりの数があります。当然ながら、どれを選ぶのか迷います。

スマホは、毎日、長く使うものですから、信頼性は必須です。すぐに倒産するような会社では困ります。

私は、あまり知識もなく、格安スマホの情報を持ってないので、まず、ネットでランキングを調べて、売れ筋の楽天モバイルを選ぶことにしました。

参考に格安スマホのランキング
サイトにより順位は異なっています。

(2017年8月現在、価格.comさんの情報から抜粋)
1位、2位 楽天モバイル
3位 BIGLOBE
4位~6位は、楽天モバイルとBIGLOBE
7位 UQ mobile

(2017年8月現在、すまっぴーさんの情報から抜粋)
1位 楽天モバイル
2位 mineo
3位 UQ mobile
4位 LINEモバイル
5位 DMMモバイル

月額料金の予想

通信オプションについては、今と同じくらいに外でインターネットを使うことを考えてデータ通信量は5GBを選びました。

月額料金はなんと、5GB 月額2,322円です。

現在は8,797円ですから、なんと月額料金が6,400円も安くなりそうです。

参考に、2016年9月現在の料金 docomo

合計 8,797円

内訳
基本使用料   743
通話料     340
パケット定額料 5,700
spモード/メール 300
留守番電話   300
ケータイ補償サービス 380
dマガジン利用料 400
ドコモWi-Fi利用料(spモード) 0
ユニバーサル 3
eビリング割引料 -20
小計 8146
消費税 651

合計 8,797円

乗り換え手続きより解約手続きが困難

格安スマホへの乗り換えを楽天モバイルに決めたので、早速手続きに入ります。

まず最初の手続きは、docomo(ドコモ)から格安スマホに乗り換えても同じ電話番号を使いたいので、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約番号を取得することです。

6年ほど前にソフトバンクからドコモへ乗り換えたときは、端末上(携帯電話上)から簡単に取得できたので、ドコモも簡単にWEB上で取得できるはずと考えていたのですが、思わぬ落とし穴がありました。

WEB上のMy docomoで簡単にMNP予約番号が取得できると考えていたのですが甘かったです。

ホーム → My docomo → ドコモオンライン手続き

ほとんどの携帯会社が、解約に関する手続きは、メニューの最後の方に書いてあります。ドコモもサービス一覧の最後の方に 携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)というメニューがあります。

そこを選ぶと、なんと次のエラーが表示されてしまいます。

現在のご契約内容では、お手続きをすることができません。

お問い合わせ先までお問合せください。

なお、その際に画面に表示されているエラーコードをお伝えください。(30118)

このエラーは、とてもわかりづらいのですが、思い当たるふしがあります。

私は子供のスマホの支払いも合算しています。

一括支払いをしているので、それが原因かもしれません。
そこで、仕方なくドコモインフォメーションセンター(端末から電話番号151)へ電話しました。

スマホからドコモインフォメーションセンターへ電話したのは、木曜日の朝10過ぎだったのですが、予想どおり混雑していました。

ドコモさんは人気の携帯会社ですからいつも混んでいるのですが、かなり待ちました。

電話をかけると自動応答メニューで案内どおりに進むと、混んでいるのでそのまま待つか電話をかけなおして欲しいとの案内が流れますが、ここまで進むのにこれだけ待ったのだから、ここで諦められません。

スマホのスピーカーをオンにしてスマホを机の上に置いて待ち続けます。5分くらい経過したところで、ようやくオペレーターに繋がりました。

女性オペレーターの誘惑、なかなかMNP番号教えてくれない

オペレーターは若い感じの女性でした。

料金が高いため格安スマホに変えたいので、MNP予約番号が欲しいことを伝えると、オペレーターも鍛えられています、はい、そうですかと、簡単に携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約番号を教えてくれません。

最初に、オペレータの若い(かわいい)女性は、格安スマホの会社をどこに決めたか聞いてきます。

(ほほう、これはつぶしに来るな)と思ったので、すでに楽天モバイルに決めていることを隠して、まだ検討中ですと答えました。

すると、オペレーターは、予約番号には有効期限があり、格安スマホ会社によっては有効期限が10日以上ないと手続きできないところがあるので、格安スマホの会社が決まってから再度電話して頂きたいと言います。

いや、いや、そこまで心配してもらわなくても大丈夫です、すぐ格安スマホ会社を決めますから、と答えました。

格安スマホのデメリット

次にオペレーターは、格安スマホのデメリットを知っているか、情報を正確に持っているかと聞いてきます。

通信の品質について、格安スマホは、混んでいる時間帯や特定の場所で繋がりにくいという情報があること、スマホの機種が限定されてしまい自由に選べないこと、格安スマホは店舗がないので、アフターサービスは期待できず、スマホだけでなくパソコンの知識も持っていないと困ってしまう事態になること、などなどを丁寧に、不安を煽るように説明してくれます。

ドコモインフォメーションセンターのオペレーターは、最初に手続きに10分ほどかかると言ってましたが、かなり長い時間かけて丁寧に説明してくれて、直接の表現は避けていますが、他社へ乗り換えると、結果的に損するので辞めた方がいいですよ、ということを暗に仄めかします。

説明を聞いていて感じたことは、よほど強い意志がない限り、オペレーターの話術に負けてしまうな、ということです。

私は、アプリ開発を経験していましたし、パソコンやスマホについて少しは詳しいので、アフターサービスがなくても全く問題ないのですが、あまり自信のない人は、ここで挫折するなと思いました。

かれこれ20分ほど、オペレーターさんと禅問答した後に、ようやく予約番号を教えてもらいました。

広告