honor6 Plusを初期化する方法、楽天モバイルの初期ROMを探す

honor6 PlusをRoot化して動かないアプリ

2017年5月4日

ゴールデンウィークに入り、たっぷりと時間があるので、久しぶりにスマホ本体の中身をチェックすることにしました。システム部分にゴミが残ってしまっているので、アップグレードか初期化しようと思いました。

私のスマホは、楽天モバイルの格安スマホhonor6 Plusです。安くて高機能な、とても使いやすいスマホなのですが、ひとつだけ問題点を抱えています。

それは、過去に一度だけRoot化してしまったので、Root化を取り消した今も、特定のアプリが動作しないのです。Root化のデメリットの典型です。

銀行系のアプリやポケモンGOなどは、インストール自体は問題ないのですが、起動しようとすると、セキュリティなどの警告表示後に強制終了し、起動しないのです。

例えば、PokemonGOは、次のエラーメッセージで起動しません。

お使いの端末のOSのバージョンが非対応、または、特定の操作(Root化など)が検出されたためPokémon GOを起動できません。

そこで、システムを全面的に書き換えて、過去に行ったRoot化の痕跡を消すため、OSを新しいバージョンにアップグレードするか、あるいは、楽天モバイルの初期ROMを見つけて、スマホを初期化しようと考えたわけです。

Android6.0へのバージョンアップでエラー

最初に試したのは、OSのアップグレード、バージョンアップです。

スマホを見ると、設定メニューのところに赤い気になるマークがありました。

設定を開くとシステム更新でした。

システム更新メニューを開いてみると、新しいバージョン、PE-TL10C635B543が表示され、EMUI4.0(Android6.0)へのバージョンアップができるとの表示です。

早速、クイック更新をタッチして、更新パーケージをダウンロードしました。859MBあるのでダウンロードは時間がかかります。

ダウンロードが終わると、個人データをバックアップするかどうか聞いてきますので、必ず、外部ストレージ(マイクロSDカード)へバックアップしましょう。

バックアップが完了したら、インストールをタッチします。

インストールは、最初に再起動から始まります。

ところが、ここでトラブル発生です。

再起動時に、カスタムファームウェアが起動して、rootデバイスかどうか選択するメニューになり、どちらを選んでも通常の再起動になってしまい、更新パーケージのインストールがストップしてしまうのです。

バージョンアップ用の再起動が、通常の再起動になってしまい、更新パーケージのインストールが始まりません。

何度か繰り返しチャレンジしましたが、一度Root化してしまうと、カスタムファームウェアが残ってしまい、インストールエラーになるだけでした。

このような予期しないエラーがRoot化のデメリットです。

honor6 Plusの初期化成功

購入当初、honor6 Plusは、使わない初期アプリが多すぎるので、アンインストールするためにRoot化したのですが、Root化によって制約を受けるアプリがあり不便なので、結果として、アンルートして元に戻してあります。

ROOTチェッカーアプリでも、Root化されていないと判断されています。

ところが、アンルートした後も、Root化した痕跡がシステム内に残っているようで、特定のアプリが起動しないのです。

systemフォルダ内のxbinの中に  .tmpsu という隠しファイルが作成されていて、アンルートしてしまうと、システムファイルなので削除できません。

おそらく、  .tmpsu ファイルが原因だと思われますが、削除できないので、どうしようもないのです。

そこで、honor6 Plusのシステムを、丸ごと書き換えてしまう方法を探していました。

ネットで、楽天モバイルの初期ROMを探しましたが、どこにもありませんでした。

スマホメーカーのHUAWEIのサポートページを見ていると、いろいろなアップグレードやダウングレードのファイルが掲載されています。

http://consumer.huawei.com/jp/support/mobile-phones/honor6plus-jp-sup.htm

その中に、中継パッケージというものがありました。

ダウングレードする際に使用するらしいですが、アップグレードが失敗だったので、本来の使い方と違うかもしれませんが、試しに、これを使ってみました。

中継パッケージ PE-TL10_C635B500 | 2016-08-27 | 228.74 MB

このパッケージではhonor6 Plus ANDROID 6.0 (EMUI 4.0)からANDROID 5.1 (EMUI 3.1)へのダウングレードする際に使う中継パッケージです。具体的な操作手順は「honor6 Plus EMUI4 0からEMUI3 1へのダウングレード操作手順」をご参考してください。

パソコンでダウンロードして解凍し、dloadフォルダにUPDATE.APPがあることを確認してから、スマホのルートフォルダへコピーします。

スマホの電源を切り、電源ボタン、ボリューム下ボタン、ボリューム上ボタンの3つを同時に押し続けます。かなり無理な指の形で押すしかありませんが、我慢します。

すると、強制的にシステムのダウングレードが行われ、ANDROID 5.1 (EMUI 3.1)になりました。

その後、同様に、次のアップグレードを行います。

honor6 Plusソフトウェアアップグレード(ANDROID 5.1.1、新カメラ機能有り) | 2015-11-17 | 1.10 GB

パソコンで解凍してから、スマホのルートフォルダのdloadフォルダへコピーします。

このとき、ファイル名が中継パッケージと同じなので、上書きするよりも、先に中継パッケージを削除してから、コピーした方が安全です。

そして、スマホの電源を切り、電源ボタン、ボリューム下ボタン、ボリューム上ボタンの3つを同時に押し続け、強制的に、ソフトウェアアップグレードを行います。

すると、なんと、初期状態になりました。honor6 Plusを購入したときの状態になり、初期化成功!

システムフォルダもまっさらな状態で、Root化した痕跡のファイル、.tmpsuも消えていました。

そして、最後にHUAWEI標準のバックアップでアプリやデータを復元しました。

Root化の痕跡は完全に消え、今まで起動しなかったポケモンGOや銀行系アプリが起動しました。

感動です。

honor6 Plus 初期化方法のまとめ

中継パッケージ → ANDROID 5.1 (EMUI 3.1)へのダウングレード