楽天モバイル honor6 plus をroot化する方法

ROOT化の前に

最初に注意した方が良いのですが、スマホのROOT化は、とてもリスクがあることです。

メーカー保証がなくなり、さらに、ROOT化の途中でインストールを失敗すると、場合によっては、起動しなくなったり、電源さえ入らなくなる可能性があります。

何も動かなくなると「文鎮」の完成です。手を合わせて、涙を流しながら拝むしかありません。

ROOT化のメリットは、スマホのシステム領域に自由にアクセスできるので、通常は禁止されている、ファイルの書き換えなどが自由にできるようになります。

削除できないプリインストールアプリを削除したり、自動起動してしまうアプリをコントロールしたり、ゲームの改造さえも簡単にできてしまいます。

ROOT化で起動しないアプリに注意

しかし、注意しなくてはいけないのは、ROOT化によって、起動しないアプリが多数あるということです。

ROOT化は、セキュリティの弱い端末にしてしまうことなので、使えないアプリが増えつつある状況です。

銀行系やクレジットカード系、オンラインゲームなどは、起動せず、遊べなくなるということを覚悟しましょう。

パズドラやポケモンGOも、ROOT化してしまうと遊べなくなりますので、要注意です。

honor6 plusの性能は十分

楽天モバイルが販売している、高性能スマホhonor6plusの性能と使用感をレポートします。

最近のスマホの傾向でもあるので、楽天モバイルだけの問題ではありませんが、何しろプリインストールアプリが多すぎて、起動すると、ほとんど使わないアプリだらけです。

もう、この余計なプリインストールアプリを見ただけで、(やはり、ROOT化必須だな)などと思ってしまうくらいです。

アプリがたくさんプリインストールされていますが、honor6 plusの動作は軽快でした。CPUも速いしメモリも3Mと大容量で高性能です。

サクサクと動きますから、全く問題はありません。

ROOT化の流れ

ブートローダのアンロック

Huaweiのサイトからアンロックコードを手に入れて、Honor 6 & 6Plus Multi-ToolでブートローダをアンロックしてからROOT化します。

ROOT化の操作自体は簡単です。

Honor 6 & 6Plus Multi-Toolのメニューは英語ですが、それほど悩まずに選択してROOT化できます。

ただし、注意しなければならない点として、Honor 6 & 6Plus Multi-Toolの最新バージョンは、HONOR_MultiTool.zipですが、6plusはサポートしていません。最新バージョンでなく古い方を使います。

ROOT化の原文が記載されているxdaのサイトでもHonor6Plus support dropped. と書いてあって、honor6plusはサポート外であることが明記されています。

私は、このサポート外という記載に気付かず、丸二日ほどroot化できずに悩みました。

次のツールなら問題ありません。

Honor 6 & 6Plus Multi-Tool

tp://ux.getuploader.com/IS04/download/16/HONOR_6_and_6Plus_Multi-Tool.zip

パスワードは、6の前まで半角5文字

ROOT化手順

準備するもの

  • アンロックコード
    ブートローダをアンロックするため
  • HiSuite
    スマホとPCを接続するためのドライバーインストール

スマホの電源を切ります。

スマホの音量ボタン下側を押しながらUSBケーブルでPCと接続します。

10秒ほど少し待つと、スマホの画面に緑のAndroid君が現れFASTBOOT モードになります。

PC上で、Honor 6 & 6Plus Multi-Toolのバッチファイル、Honor6MultiTool.batをクリックして起動します。

コマンドラインのメニューが表示されます。

最初にブートローダを選びアンロックを終えたなら、次にROOT化です。

メニューが何度か止まるので、その都度、スマホの電源を切ってから、スマホの音量ボタン下側を押しながらUSBケーブルでPCと接続すると、メニューが進みます。

ROOT化は、30分ほどで完了します。