家族に秘密の大型自動二輪免許教習所

家族に秘密の教習所

2014(平成26)年9月23日

54歳という年齢で、大型自動二輪免許の教習所に通うことを決心し、既に家族に内緒で申し込んでしまいました。

なぜ家族に秘密にしなくてはいけないかと言うと、自業自得なのですが、もし、大型自動二輪の教習所に通いたいと家族に相談すれば、間違いなく猛反対されるからなのです。

スーパーマンの思い出

私は、23歳の頃に中型自動二輪免許を取得して、スズキのハスラー250というオフロードバイクに乗っていました。

朝の出勤の時に、交番の前で対向車線から来る右折車と衝突し、スーパーマンのように空中を飛び、左腕骨折と全身打撲という大ケガを負った過去があります。

交通事故は、結婚する前で、恋人同士の時でした。

病院のベッドで全身の痛みにうなされているときに、救急車を呼んでくれた交番のお巡りさんが事情聴取に訪れ「いゃぁ、良く無事だったね、あれだけ空を飛んだら、普通、死んでるよ。それにしても、受け身が見事だったね、猫のようにくるっとまわって、それで、助かったんだな!」ベッドの横にいた妻はシクシク泣いていました。

退院後、事故で前輪が歪んだオートバイを修理しようとすると、両親や妻から猛反対されました。

全員からの圧力に負け、以後、オートバイには乗らないことを約束させられ、オートバイは廃車にしました。

それから、ほぼ30年間オートバイには乗らず約束を守ってきました。

実際は、我慢してきたわけでもなく、オートバイも車も両方が趣味でしたので、車を買い換えつつ、ドライブを楽しんできたので、事故後は、オートバイはあまり興味がなかったというのが正確な表現です。

車は、ミニカ、セリカ、タウンエース、レビン、BMW、レガシィと乗り継いできたので、十分満足しているわけです。

家族の猛反対をかわす

交通事故という苦い過去があるわけですから、大型自動二輪の教習所に通いたいなどと家族に相談すれば、妻は、即、却下します。

娘も一緒に反対するのは目に見えています。

そこで、どうせ、反対されるなら、家族に内緒で、土曜日の朝一番に、家族が起きる前に教習所へ通おうと思ったわけです。

教習所に通うのを、土曜日の朝一番の教習だけにすれば、教習が終わるのは9時30分ですから、いつも、妻や娘たちが休日に起きる時間、朝10時頃なので、たぶんバレないと確信しました。

土日の妻と娘の起床時刻について、データを取ってみると、平均起床時刻は、妻が10時30分、娘はなんと11時40分です。

娘にいたっては、朝起きて直ぐに昼飯を食べるという恐ろしい生活データでした。

そうだ、この教習所通いを、名付けて「夢の秘密教習所」と呼ぼう。

広告