大型二輪で身体を鍛える、筋肉痛でわかったところは前腕と太もも

オートバイに疲れてしまう

これは、私個人の感想です。普段、身体を鍛えようとせず、ビールばかり飲んで、怠惰な生活を送る56歳が感じたことです。

30年ぶりにオートバイに乗って感じたことは、一言でいうと、筋力、体力の衰えを再確認したことでした。乗っていて30分くらいすると、すぐに疲れてしまうのです。

特に、街中の信号待ちで、クラッチを握り続けるのは、体力的に無理がありました。一時停止の多い市街地を、20分くらい走行すると、少しづつ左手の握力が低下し、握るたびに前腕が筋肉痛になってしまいました。

そして、一時停止のときに、頭の中で、不吉なことを考えてしまうのです。

もし、左手のクラッチを離してしまい、前の車にぶつかったらどうしよう、エンストしたり、転倒したらどうしよう、などと考えてしまいました。

国産車に比べて、ハーレーダビッドソンのクラッチが、特に重いわけではないので、私自身の身体の鍛え方が足りないことは間違いありません。

そういえば、大型二輪免許の教習所でも、私には1日1時間の教習が体力的に限界でした。毎回、教習後に疲れてしまい、クラッチを握る左の前腕と両足の太ももが筋肉痛でした。

ハーレーダビッドソンのレンタルを終えた2日後も、左の前腕と両足の太ももの内側が筋肉痛でした。鍛え方が足りない証拠てす。

コントロールできないハーレーダビッドソン

56歳なので、身体を鍛えることも兼ねて、あえて、ハーレーを購入するという選択肢もありだと思います。

しかし、ハーレーに乗っていて、コーナーや交差点を曲がる時に、意図せずに膨らんでしまうことを考えると、やはり、危険は常に存在します。

なにしろ、自分でハーレーの車体をコントロールできないのです。

ハーレーの独特なエンジン音や鼓動感は魅力ですが、コントロールできない体力では、やはり無理があります。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告