フレッツ光の回線速度が5Mbpsから80Mbpsになるルータの設定

複雑な家庭内ネットワーク

2013(平成25)年11月、ADSLからフレッツ光ネクスト、ファミリー・ハイスピードタイプに加入しました。

NTT東日本の光回線で、YahooBBをプロバイダーとして家庭内ネットワークを構築しています。

我が家のネットワーク接続方法は少々複雑です。有線と無線で接続するパソコン、スマホ、テレビ、ビデオなど様々あります。

ノートパソコン4台とブルーレイレコーダー1台が無線接続(Wifi)、デスクトップパソコン1台、テレビ3台が有線接続、そしてこの他に愛犬用の無線カメラが4台あります。

無線カメラを使うときは、家族全員が外出して、愛犬だけが家で留守番するときです。Wifi接続なので、コンセントに差し込むだけで動作します。外出先からスマホを使って、家の中の様子を動画で見ることができます。

愛犬を家に残すとき、外出先から、家の中にいる愛犬の様子が見えると安心しますから、無線カメラは、本当におすすめです。1台5千円くらいですからコストもかかりません。

太陽光パネルを屋根に置いて、テレビアンテナが立てられず

以前は、電話回線を用いたYahooBBの26MのADSLで、7Mbpsの回線速度でしたが、全くストレスなくインターネット接続ができました。回線速度が遅いという感覚もありませんでした。

フレッツ光に変更した理由は、家を新築し、屋根に太陽光発電パネルをぎっしり敷き詰めたので、テレビアンテナを立てることができなくなり、フレッツ光のフレッツテレビを利用することにしたのです。

回線速度の改善という理由よりも、単にフレッツテレビを利用するためでした。

それでも月額3,800円程度のADSLから、月額6,000円ほどの光回線に変えたのですから、当然ながら回線速度も期待します。せめてADSL時代の7Mbps以上は最低条件です。

フレッツ光なのに回線速度が遅い、5Mbps

昨年(2015年)、スピードテストのサイトで回線速度を計測したところ、なんと5Mbpsしか速度がないことがわかりました。

なんと、有線接続で5Mbpsです。

光回線ですし、フレッツ光ネクスト、ファミリー・ハイスピードタイプなら最大100Mbpsですから、せめて50Mbpsは欲しいところです。

5Mbpsでは、以前のADSLより遅いですし、光回線に切り替えた意味がありません。

回線の接続状況は次のとおりです。

NTT光回線  → ひかり電話ルーター (PR-S300NE)回線終端装置(ONU)  →  まとめてネット、Wifi無線ルーター(エレコムWRC-1167FEBK-A)

有線接続で速度計測して5Mbpsしかスピードがでない状況は、上記の まとめてネット からデスクトップパソコン(Corei7搭載、メモリ16Gb)への有線接続で、LANケーブルはカテゴリ6対応の最新です。

我が家の最速パソコンを使い、有線接続で、速度測定結果が5Mbpsです。

信じられない状況です。へこみました。

せめて、50Mbps以上は欲しいです。

そこで、いろいろと配線を変えて速度計測しました、すると、おもしろい状況が判明しました。

回線速度が遅いのは、家庭内配線が原因なのか

ひかり電話ルーター (PR-S300SE)回線終端装置(ONU)のLANポートに、直接、有線接続すると、回線速度は50Mbps程度に改善されます。

つまり、NTT側の光回線は、正常ということです。

家庭内のネットワーク配線に、速度低下の原因があるということです。

接続方法変更で回線速度が80Mbpsへと改善

2016(平成28)年11月

ダイナミックDNSの設定を行うため、今までアクセスポイントとして使用していた無線ルーター(エレコムWRC-1167FEBK-A)を、ルーターモードに変更し、さらに、二重ルーターを防ぐため、ひかり電話ルーターの方のルータ機能を停止し、配線を変えた後、回線速度の計測を行ったところ、びっくりしました。

回線速度が80Mbps以上になっているのです。

これは、いくつかの設定と配線を変えて、ひかり電話ルーターの電源を落としてから再起動したのが原因かもしれません。

それにしても、有線も無線も、いずれも80Mbps以上の速度です。不思議です、とても気分が良いです。

今まで5Mbpsで悩んでいたのが嘘のようです。

配線接続方法の変更

旧・・遅かった配線 5Mbps

光回線 → ひかり電話ルーター (PR-S300NE) → まとめてネット → デスクトップパソコン(Corei7搭載、メモリ16Gb)

新・・速くなった配線 80Mbps

光回線 → ひかり電話ルーター (PR-S300NE) → 無線ルータ → まとめてネット → デスクトップパソコン(Corei7搭載、メモリ16Gb)

変更した部分は、ひかり電話ルーター (PR-S300NE) のルーター機能を停止して、無線ルーター(エレコムWRC-1167FEBK-A)をアクセスポイントからルーターモードに変更し、WAN側のプロバイダとのPPPoe接続も無線ルーター(エレコムWRC-1167FEBK-A)側で設定したことです。

つまり、ひかり電話ルーター (PR-S300NE) はスルーして、無線ルーター(エレコムWRC-1167FEBK-A)側で設定したのです。

ひかり電話ルータ ー(PR-S300NE)のルーター機能停止

接続先設定画面の接続可チェックボックスを全て外し、未接続状態にする。

高度な設定画面で、ブリッジ設定、PPPoEブリッジを使用するにチェックを入れる。

そして、ひかり電話ルータ ー(PR-S300NE)と接続するのは、無線ルーター(エレコムWRC-1167FEBK-A)のみです。