レヴォーグ新型の価格と値引き額、アイサイトの新機能

体力の限界からアイサイトへ

2017年5月28日

スバルのアイサイト3がバージョンアップして、ほぼ自動運転になったので、正式発売前ですが、レヴォーグの新型(D型)を正式に注文しました。

57歳になり、若い頃に比べて、体力の衰えを日々感じるようになりました。

視界が狭くなり、運転中に話しかけられただけで、歩行者や自転車に気付くのが遅れたり、目的地を通り過ぎてしまうなど、注意力が落ちてきました。

現在の車、2008(平成20)年式のレガシィB4も、すでに9年が経過し、サスペンションなどのヘタリから、ゴツゴツした乗り心地も気になりますし、安全面も考えて、買い換えを決意しました。

アイサイト・ツーリングアシストは、ほぼ自動運転

今の車レガシィB4は、アイサイト発売前の、ミリ波レーダー搭載車です。

複眼カメラのアイサイトよりは、性能は落ちると思いますが、それでも、アクセルとブレーキ操作は自動ですので、高速道路や渋滞時は、ほんとに楽です。

何しろ、ハンドルだけ動かせば良いので、急なカーブでもない限り、時々、前方を見て、車線からはみ出さないように、ハンドルを少し修正するだけです。

高速道路では、ハンドル操作だけの運転なので、ものすごく楽です。

しかし、今度の新しいアイサイトは、車線を認識して、ハンドル操作も自動で操作してくれます。

現行のアイサイト3は、時速60km以上から、ハンドル操作が自動になりますが、新しいアイサイトは、すべての速度で、ハンドル操作を自動で行うことが可能になりました。

速度60km以下のときは、前の車に追従しながらハンドルを自動操作し車線の中央を維持、60km以上なら車線を認識して、ハンドルを自動操作し、車線の中央を維持するとのことです。

つまり、一般道の渋滞時や高速道路では、アクセル、ブレーキ、ハンドルが全て自動操作になるということです。

これは、もう、ほぼ自動運転です。

早く乗ってみたいです。

このアイサイトは、安全性が飛躍的に向上していますので、もう、買い替えるしかありません。

レヴォーグ新型(D型)の値段、当初見積書の値引き額

最初に、スバルのディーラーさんから提示された見積金額です。

LEVORG 1.6GT EyeSight
(運転席パワーシート付)
1.6Lターボ/AWD/CVT

型式 VM4D565

メーカーOP DXC

車両本体価格 3,056,400円

値引 ▲46,452円

車両店頭引渡価格
3,009,948円

付属品 422,858円 ナビ、ETC、ドライブレコーダー
付属品 定価493,614円ー値引▲70,756円

諸費用 320,344円(点検パック3年含む)

合計 3,753,150円(値引▲117,208円)

新車購入時の、付属品と諸経費にいくら必要か、参考になると思うので、実際の見積書の写真です。

下取り価格が43万円なので、支払額は332万円です。

計画していた予算は、250万円でしたので、大幅に予算を超えているので悩みます、あきらめたくないし。

そこで、再度、値引の検討をお願いしました。店長さんと1時間ほど相談してもらい、思い切った金額が出てきました。

レヴォーグ新型(D型)の2回目の見積書と値引き額

レヴォーグ 1.6GT EyeSight 1.6L/AWD

型式 VM4D565

メーカーOP DXC

アイサイトセイフティプラス(運転支援)、アイサイトセイフティプラス(視界拡張)、運転席パワーシート、コールドウェザーパック、スーパーUVカット&撥水ドアガラス/リヤフォグ、ウェルカムライティング

色仕様 3X20
外装色 ラピスブルー・パール
内装色 オフブラック

車両本体価格 3,056,400円
値引 ▲ 106,717円
車両店頭引渡価格 2,949,683円

付属品 373,178円
付属品 定価510,894円ー値引▲137,716円

諸費用 340,289円(点検パック5年含む)

合計 3,663,150円(値引▲244,433円)

キャンペーン割引で、付属品が5万円値引も含めてもらいました。

結局、当初からの値引額が、117,208円 → 244,433円と、127,225円値引が多くなりました。

まだ、公式発表前の発売されてない新車ですから、通常、値引は、ほとんどないはずです、かなり安くしてくれました。

そして、下取り価格も大きくしてくれました。

2回目の下取り価格は、46万円です。3万円アップです。

営業の人も店長さんも、とても親切です。さすがスバルです。