Windows8がフリーズ、Windows7とのデュアルブートがおすすめ

Windows8がフリーズした原因

ついに、Windows8がフリーズしてしまい、再インストールすることになりました。

原因は不明ですが、PCの電源を入れると、BIOSが起動した後、Windows8が起動する最初の場面で、黒い画面(電源の入ってない真っ黒の画面ではなくて、少し明るい灰色の画面)で止まってしまい起動しません。

フリーズ状態というか、固まったままで、どのキーも反応しません。

原因については、少し心あたりがあります。

昨日、電源をシャットダウンするときに、スタンバイモード(電源を切るのでなく低電力状態)にして、その後テレビを見てしまい、そのまま忘れて電源コンセントから抜いてしまったのです。

これが原因かは不明ですが、正常に終了していない可能性があります。

いずれにしても、今のPCは、電源入れても固まるだけです。

フリーズPCでは使い物になりません。

再インストールはデュアルブート

そこで、Windows8を再インストールしようと決心し、どうせならWindows7とのデュアルブートにしようと考えました。

電源を入れた後にWindows7とWindows8のどちらかを選べるようにします。

これなら、Windows8で不具合があればWindows7で作業できます。

ナイスアイデアです。

新しいOSにするには、以前の古いOSが使える方が良いです。

今回は、全て真っ白な状態にしてから、最初にWindows7をCドライブにインストールして、その後、Windows8をEドライブにインストールすることにしました。

PCは、lenovoのG570、Windows7プリインストールマシンです。

最初に、Windows7を普通にCドライブにインストールします。

アクティベーションを電話で行い、Lenovoのサイトで最新のWindows7用のドライバも入れます。

Windows7のインストールを終えたなら、Windows7上からWindows8のインストールを開始します。

途中でインストールするドライブを選択する画面が現れるので、Windows7と別のドライブを選択すればOKです。簡単にインストールできます。

無事インストールを終えると、PCの電源を入れた時にOSを選ぶ画面、ブートローダーが起動します。

ブートローダーの設定は専用ソフトでもできるし、Windows8上からも可能です。

121111-210056.jpg

ブートローダーが立ち上がらないとき

もし、デュアルブートのはずなのに、ブートローダーが立ち上がらずに、そのままWindows8が立ち上がってしまう場合は、簡単にブートローダを立ち上げるように設定できます。

Windows8の画面右上をポイントして、設定を選択。

10.jpg

PC設定の変更を選択

20.jpg

PCの起動をカスタマイズするを選択。

30.jpg

オプションの選択画面で、別のオペレーティングシステムの使用を選択

121122-225526.jpg

Windows7を選択すれば、次回起動時にはブートローダーが立ち上がります。

121122-225546.jpg

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告