ドライブレコーダーを取り付ける理由、おすすめの価格帯

ドライブレコーダーのメリット、購入時に迷ったこと

ドライブレコーダーの必要性について、ほんとに役に立つのか、最初の頃は迷っていました。

ドライブレコーダーって、必要なの?便利なの?

という素朴な疑問でした。

ドライブレコーダーが役立つのは、事故を起こした時だけ、という思い込みもあって、ドライブレコーダー購入を躊躇していたのです。

街並みを写真に残したい

一方、東京オリンピックが2020年に決定したので、これから、いろいろな工事が始まり、東京の街並みが大きく変わります。

その前に、東京の風景を、街並みの記録を、写真で残したいと思いました。

オリンピック会場周辺は、間違いなく変わりますし、それ以外にも、時代と共に街並みが変わるはずですから、現在の東京の風景を映像として残しておきたいと思ったのです。

街並みの映像を残すために、ドライブレコーダーが利用できるかどうか、カタログの情報だけでは、わからず不安でした。

動画の解像度もわからないし、どのくらい綺麗に撮影できるのか、わかりませんでした。

ところが、実際に購入して、愛車に設置したところ、この不安は一掃されました。

ドライブレコーダーの映像はテレビと同じくらい綺麗

Yupiteru DRY-FH95WGの映像は、テレビと同じくらい鮮明で、とても綺麗てすし、肉眼で見える範囲よりも広く撮影できます。

しかも、音も同時に録音できます。

車で走った場所を、GPS情報の位置データ付で、全て映像で残すことができました。

ドライブレコーダーYupiteru DRY-FH95WGの動画は、静止画の連続なのですが、個々の静止画が鮮やかに撮影されているので、動画としても静止画としても、大切な思い出になるので、とても満足でした。

ドライブレコーダーの選び方

風景や街並みを、写真として記録するなら、記録装置をチェックしましょう。

容量32GB以上の、マイクロSDカードが使えて、4時間以上の記録ができることを、条件とします。

日帰り旅行の長距離運転は、片道2時間程度が多いようです。

そして、おすすめの価格帯は、1万5千円前後です。この価格帯なら、ほとんどの機能が網羅されています。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告