良質なコンテンツを作成する方法

人気ブログの共通点

訪問者の多い、人気のあるブログやホームページを見ていると、デザインがきれいで見やすいのはもちろんですが、記事の内容が詳しく、わかりやすく、読んでいて勉強になるものばかりです。

なるべく、テーマを狭く絞り込んで、専門的な内容のサイトにした方が集客に効果があると言われていますが、サイトのテーマ設定が難しいですし、どのような内容を書いたら良いのか、その方法がわからないで悩んでいる人も多いと思います。

私自身、2010年くらいから無料ブログを20くらいと無料ホームページを5つくらい運営していましたが、最初の頃は、ほとんど稼げず、月収1000円くらいが続いていました。

Adsenseの月収がアップしたきっかけ

ところが2013年になって、ふとしたことから集客のコツを理解し、その後は次第にアクセス数が上昇し、Google Adsenseの月収も増加し、今(2013年10月)は、ようやく月収1万円くらいになったところです。

Google Adsenseの月収

2011年5月 月   690円
2013年1月 月 1,000円
2013年8月 月 1,950円
2013年9月 月10,050円

最初の頃は、とにかくブログで記事を更新するのが、訪問者を増やす一番の近道であり、アクセスアップに繋がるということで、思いついたことを同じような内容で、いろいろなブログにアップしていました。

当然のことながらブログ毎にテーマがあるわけではなく、思いついて適当に書いた同じ記事(面倒な時は5行くらいの簡単な記事)を掲載していたので、ほとんど雑多なブログばかりでした。

ブログの更新頻度でアクセスアップ

人気ブログは1日に7回くらい更新すると聞いていたので、何しろ更新頻度のみが、ブログの集客の全てと信じていました。

ところが、いくら頻繁にブログを更新しても、一向にアクセス数、集客数が上昇しませんでした。

テーマがあいまい、記事の内容があいまいですと、どうやらGoogleなどの検索サイトで上位に表示されることはないようです。いくらブログで記事を更新しても検索上位表示にはなりませんでした。

そこで、テーマを絞り、そのテーマの内容に関係した記事だけを詳細に書こうと思いました。いわゆるマニアックで濃い内容の記事です。

良質なコンテンツを作成するコツ

記事(コンテンツ、ブログやホームページの内容)を、誰よりも詳しく丁寧に書く方向に切り替えました。以前の、思いつきだけの、簡単な雑多な記事は全て削除しました。

この時、心がけたことは、自分が日常的に頭の中で考えること、行動していること、悩んで調べること、などを意識しながら分析しました。

毎日、頭の中で考えることと実際の行動、例えば、そうだ、こうしよう、あれはどうなっているんだっけ、これを調べなくちゃ、ゲームは楽しい、ドライブしたい、などの思考パターン、行動パターンを類型化して紙に書き出し、自分が、毎日、何を考え、何をしているのか、何をしたいのか、まとめてみました。

そして、その内容を細かくテーマごとに分類しました。

例えば、仕事に関しては、毎日、わからないことを調べたりします。わからなくて調べたこと、迷って調べたこと、調べて気づいたこと、などを、わかりやすくまとめて記事にすることを考えました。

何かを調べて答えを得るということは、そこに必ず貴重な情報が含まれているわけですし、自分の財産になるはずです。そして、その内容をブログとして公開すれば、同じような内容で悩んでいる人たちの解決策になり便利になります。

テーマを細分化(狭く濃い内容、専門化)して、その内容に合った記事を詳細にかつ丁寧に書くことにしたのです。

好きな趣味のサイトを2~3
(パソコンの操作、ゲーム、F1など)

仕事上でも役立つサイトを2~3
(契約実務、予定価格、随意契約など)

家庭、プライベートで役立つサイト2~3
(家庭菜園、家を建てる)

そして、いずれも、テーマを絞った(専門的)なサイトにするので、毎日書くことを義務付けるよりも、良い記事、内容の濃い記事が書けたときだけブログを更新することとしました。

更新頻度を義務付けてしまうと、記事の内容の質が落ちると考えました。ブログの更新頻度を優先するのではなく、記事の内容、コンテンツの質を優先しました。

記事は二日ほど連続して更新できることもありますが、3ヶ月に1度くらいしか更新できないこともあります。それでも記事の内容の質を重要視しました。

コンテンツの質を維持

読んだ人がイメージしやすいように、わかりやすい言葉で、細かく書く。

誰よりも、わかりやすく、詳しい内容にする。

一般的に、アクセス数がアップする、訪問者が増えるブログは、およそ180くらいの記事が必要と言われています。

1日1記事なら1年かかりませんが、それよりも他のサイトに負けない圧倒的に細かい(専門的な)、わかりやすい、自分にしか書けない記事を書くことを目指すことにしました。

趣味でも仕事でも家庭でも、自分に役立つ内容が、結果的に貴重な記事になります。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告