DVDやCDの寿命とは、大切な写真や映像を紛失する前に

ディスクが読み込めない

昔のビデオや写真を、CDやDVDで保存している人は、そろそろ寿命です。

先日、7年前にCDへ保存した写真やビデオが消失し見えなくなりました。

2015年12月5日の土曜日に、昔のビデオや写真を見たくなり、ビデオカメラのデータを保存したCD-Rをパソコンに入れたところ、読み込みできませんでした。

パソコンのDVDドライブへ、書き込み済みのCD-Rを挿入すると、アクセスランプが点灯して、ブーンと回転音を鳴らしながら、読み込みを始めるのですが、その後、繰り返し、ランプが点灯したり消えたりしています。

ドライブが回転する音は聞こえます。

同じような間隔で、ブーンという回転を繰り返しているだけで、ファイルを読み込めず、フォルダが開かないのです。

何かの拍子で、一瞬だけフォルダ内のファイルが見えることがあるのですが、ファイルを選択しようとすると、すぐに画面から消えてしまいます。

(うぁー、もしかして、これがCDの寿命?)

たしかに、このCD-ROMは、7年ほど前にデータを焼いたもので、その後、パソコンも新しい機種に変えてしまったので、ハードディスクにも残っておらず、CD-ROM以外にバックアップは保存していません。

DVDドライブは、ブーンという音とアクセスランプが、同じような間隔で、繰り返し点灯しています。

(うーん、これはまずい、かなりやばいかも・・)

盤面の汚れと劣化

CDを取り出して、裏の盤面にキズがないか、光の反射を利用して、じっくりチェックしました。

よく見ると、表面に指紋がいくつかあって、CDの表層の奥に、さらに直径5mmくらいの泡やシミのような跡が外周近くにありました。

いやーな予感がしました。

カメラのレンズを拭く柔らかいマジッククロスで、息を吹きながら、やさしく指紋を落とし、CDの裏側をきれいに拭いてから再びパソコンにセットしました。

すると、一瞬だけファイルが見える時間が増えたような感じがして、最初の頃よりは、読み込みができそうでした。

DVDドライブは、相変わらず、ブーンという音を繰り返しているだけで、読み込み不能です。

(おおお、これが噂に聞く、CDの寿命かぁ、たしかに7年経過している・・・)

大切なデータが消失しそうなので、かなり動揺し焦りました。ブーンという回転音を繰り返すDVDドライブを見つめつつ、途方に暮れ呆然としました。

私は、7~8年ほど前に、半年ほどかけて、過去のVHSビデオや写真を、ハードディスクからCD-RやDVD-Rに焼いたので、たぶん100枚以上のディスクがあります。

同じ時期に焼いた他のCDを5枚ほど選んでパソコンで読むと、そちらは問題なく読めました。

(うーん、今のところ寿命なのは1枚だけ。データは諦めようか。)

それでも、なんとか修復しないと、過去の貴重なビデオ(子供たちの幼稚園時代のビデオですから、私にとって大切な宝物です。)が消えてしまうのです。

データ修復ツール、神ツール

焦りながら、ネットでCDなどのディスクを修復するツールがないか調べていると、なんと、読めないディスクからデータを修復する無料ツールがありました。

CD Recovery Toolbox Free

という無料ソフトです。

このソフトは、読めなくなったCDを、粘り強く読み込んで、パソコンにデータを保存してくれます。

傷んだCDから、データを少しづつ読むらしく、読み込むのに時間がかかりますが(1時間以上)、なんと、ほとんどのファイルが復活しました。

ビデオの一部分が見えませんが、影響ないほど短い部分でした。

すごい神ツールでした。

全てのCDが修復できるかどうかは不明ですが、もし、読めないCDがあったときは、あきらめて捨てる前にチャレンジしてみる価値のある神ツールです。作者さまに感謝です。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告