Google Adsenseの規約をわかりやすくメモ

Adsenseの新しい関連コンテンツとは

2017年3月20日

ブログを更新するため、Adsenseの広告スタイルを変えようと思い、久しぶりにAdsenseの広告設定画面を見たら、新しい広告ユニットの画面になると、左側に「テキスト広告とディスプレイ広告」、右側に「関連コンテンツ」という見慣れないデザインの選択画面でした。

関連コンテンツとは何だろうと思いAdsenseヘルプなどで調べました。名前のとおり、いわゆる関連記事を表示するようです。

配置場所

コンテンツ量の多い長めのページ(関連画像などを使って詳しい情報を記載した記事ページなど)に最適です。成果を高めるには、関連コンテンツ ユニットを記事のすぐ下(スクロールしなければ見えない位置)またはサイドバーに配置することをおすすめします。関連コンテンツ ユニットの近くに広告を配置すると、広告の掲載効果を高められます。

関連コンテンツには見出し(「広告」や「スポンサーリンク」)は必要ない。

関連コンテンツの配置数に制限があるか

Adsenseの関連コンテンツは、サブドメインのサイトに掲載可能か、

スマホにAdsenseの関連コンテンツを表示 画面一杯 規約違反か

関連コンテンツは広告の数に含まれない、広告でないという事らしいです。たしかに関連記事が表示されます。

これは問題ないようです。

広告配置数の制限撤廃

2016年8月中旬からアドセンスの広告設置数の上限が撤廃されたようです。

コンテンツが多ければ収入アップが期待できます。

それまでは、次の制限がありました。

コンテンツ向け AdSense ユニットは 3 つまで

リンクユニットは 3 つまで

検索ボックスは 2 つまで

広告配置数に制限があった過去のルール

サイトにAdsenseを掲載する場合、1ページに配置できる数の上限は

広告ユニット 3
(ただし300×600 のサイズは1つのみ)

リンクユニット 3

検索ボックス 2

合計 8つ

以下、AdSenseポリシーから抜粋

コンテンツ向け AdSense の広告ユニットは 1 ページに 3 つまで配置できます。ただし、これら 3 つの広告ユニットのうち、300×600 のサイズを使用できるのは 1 つのみです。300×600 以外であれば各ページに同じサイズの広告を複数掲載できます。また、3 つのコンテンツ向け AdSense の広告ユニットに加え、リンク ユニットを 3 つまで、検索ボックスを 2 つまで各ページに配置することも可能です。これらのポリシーは、PC 向けとハイエンド携帯端末向けのどちらのサイトでも同じです。

広告