東京から鈴鹿サーキットまでの走行距離と所要時間、約400キロ

出発前の準備 2011年10月6日(木)

2011年F1観戦のため、東京から三重県の鈴鹿サーキットまで、自家用車で往復したメモです。

仕事を終え、会社の同僚たちに鈴鹿へ行くことを伝えて、定時に家に帰りました。

18時30分に家に到着しました。

会社で考えていた、鈴鹿サーキットへ持っていくもの一覧を手元に置きながら、バッグに着替えなどを詰めました。

19:00に、夕食を家で食べてから、風呂に入るかどうか迷いましたが、風呂上りに車の運転をして、風邪をひくとまずいので、風呂には入らず出発することにしました。

鈴鹿サーキット内に温泉もあるし、途中でスーパー銭湯入っても良いし、出かける前の風呂による湯冷めを避けました。

マイカーで出発

19:50 自宅を出発

愛車レガシーのメーターは、26,970Km
環八から東名高速へ向かいました。渋滞は、全くなく、ほぼ30分で東名高速に乗れました。

22:00 日本平PAで休憩
メーター表示27,138Km (自宅からの走行距離 168.2Km)

22:38 日本平PA 出発

0:06 美合PAで休憩
27,274Km (304.1Km)

1:07 美合PA 出発

1:28 刈谷PAで給油

1:51 みえ川越IC 通過

2:30 鈴鹿サーキット P7駐車場到着

すでに数台の車が到着していました。

東京から鈴鹿サーキットまでの距離と所要時間

東京の自宅から、鈴鹿サーキットまでの走行距離 392.3Km

所要時間 6時間40分(休憩含む)

10月7日(金) フリー走行

8:00 鈴鹿サーキット内の天然温泉が8時から営業開始なので、早速、1,500円と少し料金は高いですが、温泉で休憩しました。

温泉は、2人しか入っておらず貸切状態でした。普通、こんな朝早く温泉に入らないのかもしれません。

空いていたので、広い温泉にゆっくり入れました。早朝は、狙い目の時間帯でした。

ちなみに、F1期間中、観戦後16:00過ぎに温泉に入る場合は、キャンプ場駐車場に臨時設置してある前売券が必要らしく、朝八時に50人くらいが並んでいました。

9:30 鈴鹿サーキットに入り、ビール500円とフランクフルト500円で朝食。

10:00 フリー走行
焼きそば500円とビール500円で昼飯

14:00 フリー走行
たこ焼き600円とビール500円でおやつ

15:50 フリー走行 終了

16:15 駐車場到着
鈴鹿サーキットB1席から駐車場まで歩いて30分でした。

16:18 志摩のホテルへ出発

17:45 多気PAで休憩 27.426Km(456.4Km)

ナビを見ると、ホテルまであと36.4Km 19:03到着予定と表示されているので、あまり遅くなって、予約がキャンセルされてしまうと困るので、念のためホテルへ電話しました。到着予想時間を伝え、高いと感じましたが、1,800円の夕飯の予約を入れました。

鹿に襲われる志摩スカイライン

志摩のホテルへ向かうとき、かなり困ったのが、ナビの表示が正しいのか、わからない状態でした。ナビの地図に田舎の細かい道が表示されず、国道や県道以外の細い道に入ってしまうと、ナビが変な場所を指してしまうことです。

また、山奥に入ると、衛星電波が弱くなるのかわかりませんが、地図上の表示がずれているようでした。

少しずつ、山の中に入る感じで、街灯も全くなくなりました。

高度も高くなり、道も細くなり、曲がりくねった、完全に山奥の道です。舗装されているのが唯一の救いです。

対向車も全くなくて、後続車もいません。つまり、たった一人で山奥にいる状態です。車のヘッドランプが点いているから恐怖感は少ないですが、正面以外の横や後ろは真っ暗闇です。

走っていて、少しずつ、恐怖感が沸いてきました。

しばらくして、途中で、なんと、鹿に襲われました。

志摩スカイラインに入ってから、暗闇の中で、たくさんの鹿が出没しました。

曲がりくねった道で、いきなり10頭くらいの群れに出くわしました。ヘッドライトの光を眩しそうに見ていましたが、車に慣れているようで、道の真ん中をゆっくり歩いていました。

仕方なく、クラクションを鳴らし、鹿たちに警告しながら走りました。

ナビの到着予想時間が19:30になり、走行距離数も伸びてしまいました、道に迷ったようで焦りました。

19:05 志摩セントラルホテルソシアに到着
27,481Km(511.3Km)

19:30に予約してあった夕飯を地下の和食レストランで食べました。客は誰もいない感じで空いていました。

1,800円の懐石料理とビールを飲みました。その後、部屋でマッサージ4,000円を頼みました。

10月8日(土) フリー走行と予選

5:00 自然と目が覚めました。
徹夜でドライブしていた影響なのか、慣れないホテルの枕のせいなのか、早くに起きてしまいました。

6:00 志摩セントラルホテルソシアの2階にある大浴場に入りました。客は誰もいないので泳いでみました。シンクロにも挑戦し気持ち良かったです。

6:51 ホテルを出発

7:48 嬉野(うれしの)PAで休憩

9:05 鈴鹿サーキット 到着
27,598Km(628.1Km)

フリー走行と予選を観戦しました。

予選の走りはすごかったです。特に、ベッテルとバトンの速さが見ていて圧巻でした。

15:35 鈴鹿サーキット出発
ホームセンター F1Mart でFMラジオと日よけシェードを購入。

18:30 志摩セントラルホテルソシア 到着

ホテル近くの居酒屋に入ろうとしましたが、そもそも居酒屋らしきものが見当たりません。ホテルの隣にあるイタリアンレストランは、満員で家族連れも並んでいました。仕方なく別の場所を探すと、5分ほど歩いたところで、すき屋の牛丼を見つけました。手ごねハンバーグ定食とビールを飲みました。

22:30 ホテルの風呂に入り、そのまま寝ました。

今回選んだホテル、志摩セントラルホテルソシア は、鈴鹿サーキットからおよそ3時間かかる。ちょっと遠すぎて失敗でした。

10月9日(日) 決勝

F1グランプリの決勝レースは、午後3時からなので、朝はゆっくり起きました。せっかくなので、近場の観光スポットに寄ってから鈴鹿サーキットへ行きました。

9:30 志摩セントラルホテルソシア 出発 チェックアウト

9:48 天の岩戸 天然水を飲んだ。

10:04 天の岩戸 出発

12:45 鈴鹿サーキット到着

渋滞はほとんどありませんでした。P7の駐車場は満車状態でしたがスムースに入れました。

決勝レース観戦  バトンが優勝

16:40 レース終了

17:15 駐車場到着 人混みはすごかったですが、順調に歩けました。

駐車場から出る車で、行列ができているので、時間をずらそうと車の中で休憩しようとしていたところ、親切な係員の人がやって来て、裏のゲートを臨時に空けてくれたので、スムースに駐車場から出られました。

17:24 P7駐車場の裏ゲートから出発

17:48 サーキット前の道路が大渋滞。まだ歩いている人が、たくさんいました。

18:51 稲生駅付近で大渋滞、稲生3丁目交差点も渋滞。

19:00 近鉄白子駅前付近で、ようやく渋滞が和らぎました。

21:40 美合PAで休憩と仮眠
27,912Km(942.2Km)

23:12 美合PA出発

23:45 浜名湖SAで休憩

0:15 浜名湖SA出発

1:30 日本平PAで休憩、仮眠
ナビには自宅到着が3:56、距離は165Kmと表示されてる。

4:45 鮎沢PAで休憩

5:45 自宅到着

心地よい疲れでした。

長距離ドライブのコツ

前日17:30に三重県の鈴鹿サーキットを出発し、ゆっくりと仮眠を取りながら、ほぼ12時間で、東京の自宅に到着しました。

東京と鈴鹿サーキット間の距離は、約400キロ、行きの走行時間は6時間でした。

しかし、帰りはレース観戦の疲れもあって、休憩も頻繁で、つい仮眠をとってしまう感じでしたので、行きの倍、ほぼ12時間かかりました。12時間のうち6時間は仮眠です。

長距離ドライブのときには、連続運転2時間未満、あるいは眠気をもよおしたとき、どちらかで休憩を入れるように走ります。眠気を我慢しようとか、無理して運転することは危険です。

安全運転第一なので、運転していて、少しでも眠いと思ったらサービスエリアに入って仮眠しました。

車の中で寝る時に、ライトの光が当たると起こされてしまうので、黒いカーテンなどで外のライトを遮断できると良いです。カーテンと吸盤が必須です。

広告