F1観戦バスツアーのメリットとデメリット、東京から鈴鹿サーキットへ

東京から新幹線で名古屋へ 10月8日(金)

2010年  三重県鈴鹿サーキットで開催されたF1レースの観戦スケジュールです。

6:30 自宅を出発

6:39 東京駅着7:20(丸の内線)

7:33 東京駅発 ひかり503号 13号車指定席

9:21 名古屋着

駅前の集合場所からツアーバスにて鈴鹿サーキットへ

12:30 鈴鹿サーキット着
(東京駅から鈴鹿サーキットまでの所要時間5時間)

17:00 鈴鹿サーキット発
ツアーバスにて名古屋の宿泊ホテルへ

19:30 名古屋サミットホテル着

雨で予選が順延 10月9日(土)

6:30 名古屋サミットホテル発
ツアーバスにて鈴鹿サーキットへ

9:00 鈴鹿サーキット着

雨のために全員がアタックラップできず、予選が翌日の決勝と同日になった。

17:00 鈴鹿サーキット発
ツアーバスにてホテルへ

19:30 名古屋サミットホテル着

予選と決勝が同日 10月10日(日)

7:00 名古屋サミットホテル発
ツアーバスにて鈴鹿サーキットへ

9:30 鈴鹿サーキット着

10時から11時 F1公式予選

ポールポジションはベッテル

12時55分 デモンストレーション走行

13時30分 ドライバーズパレード

15時 決勝

優勝はベッテル

17:30 鈴鹿サーキット発
ツアーバスにて近鉄白子駅へ

19:00 近鉄白子駅着

20:30 名古屋駅着

21:19 名古屋発 のぞみ406号

23:03 東京駅着

23:22 東京駅発 丸の内線

バスツアーでの宿泊場所

宿泊先ホテル(10月8日、9日)

名古屋サミットホテル

ツァー会社
株式会社モビリティランドトラベルセンター

もし、決勝日に、大渋滞で名古屋駅で新幹線に乗れなかったことを考えて、名古屋近辺で泊まれそうな施設を調べておくと安心です。

実際には、ほぼ時間どおりにツアーバスで移動できましたので、余裕で帰ることができました。

F1バスツアーのメリットとデメリット

三重県の鈴鹿サーキットで開催されるF1は、全国から集まるファンが多すぎて、レースが終わった後の帰りの大混雑は、想像を超えるものがあります。

今回、バスツアーに申し込んで感じたことは、意外と時間どおり移動できて、順調だったことです。

バスツアーのメリット

安心で疲れない

自分で運転する必要もなく、鈴鹿サーキット側も、渋滞のときは、バスを優先しているようでした。

バスツアーのデメリット

トイレに気をつけないといけない

隣に座る人に気をつかう

バスの中にトイレがないことが多いので、乗る前に、必ず、トイレをすませる必要があります。

名古屋駅から鈴鹿サーキットまで、片道2時間30分あるので、その間、トイレはありません。かなり心配になります。

一人のときは、隣に座る人に注意

隣の人が、かわいい人なら、楽しいバスツアーになりますが、そんな夢のようなことは、まず、ありません。

F1のバスツアーにひとりで参加する人は、ほとんどが、40代か50代の太った独身です。

席が窮屈な太った汗臭い人が隣に座ります。そして、片道2時間30分我慢しなくてはなりません。

ここは覚悟しなくてはいけません。マスクは必須です。

関連コンテンツ
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告